プロペシア

服用をやめると抜け毛が増える? プロペシアにリバウンドはあるの?

最終更新日:

「リバウンド」という言葉は、ダイエットに関連して広く浸透しています。ダイエットにおけるリバウンドは「ダイエットをやめた後、始める前以上に太ること」を指していますが、本来の意味は「治療をやめた後、治療前よりも症状が悪化すること」です。

この本来の意味でのリバウンドは、プロペシアによるAGA治療においても発生するといううわさがあります。プロペシアの服用をやめるとリバウンドで抜け毛が増えると考えられることもありますが、本当に抜け毛は増えるのでしょうか。
そこで今回は、プロペシアのリバウンドで抜け毛は増えるのか、その真偽についてご紹介します。

プロペシアの服用をやめると、抜け毛は増える

プロペシアのリバウンドで抜け毛が増える。これは、正しいといえます。なお、厳密にいえば服用を中断したことで治療前以上に薄毛が進行するのではなく、服用をやめたことによって、進行の度合いが以前と同じ水準に戻ったという表現が正確であるといえます。

プロペシアの服用をやめることでこうした症状が現れるのには、プロペシアの持続時間やAGAの特徴が大きく関係しています。

プロペシアの持続時間

clock-650753_960_720プロペシアには、AGAの症状を悪化させる5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。ただし、この効果は一度服用すれば永続的に続くわけではなく、比較的短期間であることが特徴です。

薬は、体内に取り込まれてから少しずつ有効成分の効き目が薄らいでいき、やがてはその効き目が半分にまで減少します。薬を服用してから効き目が半分になるまでのこの期間は半減期と呼ばれており、服用する薬によってその期間が異なります。半減期が短ければ、それだけ早く薬の効果が切れます。

プロペシアの半減期は4時間程度であり、服用して3日後には効果が完全になくなります。プロペシアと同じ5αリダクターゼ阻害薬であるザガーロの半減期が3週間~5週間であることを考えると、プロペシアの半減期は非常に短いといえます。そのため、毎日の継続した服用が大切です。

進行性の脱毛症であるAGA

cure-1006824_960_720プロペシアの半減期の短さに加えてもうひとつ、AGAが進行性の脱毛症であることも、服用中止後の抜け毛に大きな影響を与えます。

進行性という名が示すように、AGAは放っておくと薄毛が進行・悪化していき、最終的には側頭部と後頭部の一部を残して毛髪が抜け落ちます。この進行を抑えるのがプロペシアの役割で、臨床試験では98%の人が進行が止まったと感じています。しかし、薄毛の進行が止まるのはプロペシアの効果が発揮されているときのみです。上述したようにプロペシアの効果は3日程でなくなり、その後はまた薄毛の進行が始まるのです。こうしたことから、抜け毛の数が治療前よりも増加することがあるとされています。

服用を中断したことで抜け毛の増加を体験した人は、この状態をプロペシアのリバウンドだと思い込む傾向があります。しかし、上述したように、抜け毛の増加はAGAの進行性によって起こるものであり、リバウンドによって起こるものではないということを理解することが重要です。

まとめ

プロペシアの服用を中止すると治療前よりも薄毛の症状は進行し、AGA治療中に生えた髪も再び抜け落ちてしまいます。しかし、プロペシアの服用をやめることで起こる抜け毛は薄毛を進行させるAGAの性質によるもので、リバウンドによって発生するものではありません。AGA治療のためには、医師と相談し、継続してプロペシアを服用することが大切です。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■プロペシアを飲んで抜け毛が増えた? プロペシアの初期脱毛とは
■育毛剤の初期脱毛。ミノキシジルでも発生する?

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、薄毛治療に用いる「発毛剤」として使用される薬剤です。様々な研究や調査を重ね、ミノキシジルが血管を拡げることで髪の毛のもととなる毛母細胞への血流をアップされることが分かりました。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.