ザガーロ

ザガーロは個人輸入できる?ジェネリックや通販の注意点を紹介

最終更新日:

サガーロは新たなAGA治療薬として高い発毛効果が期待されています。国内では医師からの処方が必要な薬剤ですが、近年では安価な海外製のジェネリックを個人輸入することができるため、中には利用している方もいるでしょう。そこで今回は、ザガーロのジェネリックの安全性や注意点について詳しく解説します。

目次※知りたい情報をクリック

ザガーロは個人輸入できるか

ザガーロは2016年に販売開始されたAGA治療薬です。劇薬・処方箋医薬品に規制区分されているため、入手するには医師の処方箋が必要です。当然、薬局やドラッグストアなどでも一般に販売されていません。

しかし、近年では海外製のザガーロやザガーロのジェネリックが個人輸入というルートで出回っています。国内で販売されていないザガーロのジェネリックとはどのようなものなのか、詳しく見てみましょう。

ザガーロとは

ザガーロとは、イギリスの製薬会社グラクソ・スミスクラインが開発した新たなタイプのAGA治療薬です。正式名称は「ザガーロカプセル」で、有効成分のデュタステリドを0.1mg含むタイプと0.5mg含むタイプの2種類が販売されています。日本国内では2015年に厚生労働省の認可を受け、2016年から販売が開始されました。

ザガーロは従来のAGA治療薬とは異なる作用機序を持ちます。このため、これまでの治療薬が効かなかった人にも効果を発揮する可能性があると期待されているのです。 (※1)

個人輸入とは

個人輸入とは、外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入することです。インターネットなどを通じて、国内にいながらも気軽に海外のお店にアクセスできるようになった昨今、個人輸入の利用者は年々増加していると考えられています。それに伴い、日本語で取引可能な「個人輸入代行サービス」などの業者も増えている現状です。

個人輸入することができる製品は多岐に渡り、医薬品も例外ではありません。本来、医薬品の輸入には薬機法の規定に基づいて厚生労働大臣の承認・許可が必要です。しかし、個人が自分で使用するための薬剤であれば、数量を限定し、許可なく輸入することができるのです。しかし、ザガーロに限らず、医薬品の個人輸入には次に述べるような危険もはらむため注意が必要です。 (※2、3)

ザガーロのジェネリックを個人輸入、通販で手に入れる際の危険性

ジェネリックは正規品に比べて安価です。個人輸入することができるため、手軽さ・安さなどから消費者にとっては非常に魅力的に映るでしょう。しかし、海外製のジェネリックは危険も多く、安易な使用はおすすめできません。では、どのような危険性があるのか詳しく見てみましょう。

・確かな効果が期待できない
・安全性に問題がある
・医薬品副作用被害救済制度が適用されない

確かな効果が期待できない

個人輸入で購入する治療薬は、国内で認可が下りていないように、効果が十分に保証されているものではありません。そして、ザガーロなどのAGA治療薬は、基本的に数カ月から半年ほど使用を続け、長期的に見て効果を実感していくものです。

個人輸入で購入したものを長期的に使用し続け、万が一効果がなかった場合、結局費用も時間も無駄になることも考えられます。

安全性に問題がある

ザガーロだけでなく、海外製医薬品全般に言えることですが、安価で出回っているジェネリックなどは安全性が確認できないものも多くあります。有効成分がほとんど含まれていないものもあれば、身体に有害な成分が含まれているものまで様々。最悪の場合、有害成分が含まれていて、思わぬ健康被害を及ぼすこともあります。

せっかく治療を開始するのであれば、有効性や安全性が分からないものよりは、多少高額でも正規品を使用するべきです。 (※3、4)

医薬品副作用被害救済制度が適用されない

いかなる医薬品にも何らかの副作用を生じる可能性があります。しかし、思わぬ副作用が生じて健康被害を受けた際には、医薬品医療機器総合機構による「医薬品副作用被害救済制度」を利用できます。これは、正しく医薬品を使用したにも関わらず、副作用による健康被害を受けた際に、治療のための医療費や、働けなくなった場合の年金支給を保証する制度です。

ただし制度の利用は、国内の正規品を正しい方法で使用した時に限ります。個人輸入で購入した医薬品の副作用に関しては、もちろん対象外です。 (※5、6)

ザガーロの正規品はどこで買える?唯一の購入方法

ザガーロは、病院やクリニックなどの専門機関を受診して医師の診察を受け、安全に使用できると判断された場合のみ処方を受けることができます。

前述の通り、ザガーロは薬機法で「劇薬」・「処方箋医薬品」に指定されています。「劇薬」とは副作用が起こりやすい医薬品のことであり、使用を継続するには慎重な経過観察が望ましいものです。実際、ザガーロは勃起不全や性欲減退、射精障害などの副作用が17%前後で生じることが分かっています。

一方、「処方箋医薬品」とは、医師の処方がなければ購入することができない医薬品です。これらからも分かるように、ザガーロは市販で入手することはできないのです。

ザガーロを病院やクリニックで処方するメリット

日本国内でザガーロを入手するには病院やクリニックで医師から処方を受けることが望ましいとされています。しかし、安価な海外製ジェネリックの個人輸入が普及しているのも事実。ついつい手軽で経済的な個人輸入を選びたくなってしまうでしょう。

では、逆にザガーロを病院やクリニックなどの専門機関で処方してもらうことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

・ザガーロの正規品を確実に購入できる
・専門医師のアドバイスのもと適切な投薬治療を行える

ザガーロの正規品を確実に購入できる

先にも述べたように、個人輸入で出回っている医薬品は偽物が多く紛れ込んでいます。中には健康に害を及ぼす有毒なものも。このような製品を使用してしまわないためにも、やはり国内で医師の処方を受けた上で正規品を購入するのが安心です。

専門医師のアドバイスのもと適切な投薬治療を行える

ザガーロをはじめとしたAGA治療薬は効果が出るまでに長い時間を要します。治療は長期間に渡るため、専門知識を持つ医師のアドバイスを受けながら継続していくことが望ましいです。

特に、AGAは他の作用を持つ治療薬を併用することも多く、生活習慣改善も重要なポイントです。自分に適した治療を行ってより効果を高めるには、自己流での治療ではなく、専門家の手を借りることも大切なのです。

ザガーロの個人輸入は危険!病院や専門機関での処方を徹底しましょう

医薬品も安価に手軽な個人輸入ができるようになった現在。個人輸入を活用する人が増えています。しかし、医薬品の個人輸入は様々な危険をはらみ、思わぬ健康被害を生むことも少なくありません。せっかく治療をしたのに効果がなかったり、健康を害してしまったりしては意味がありませんよね。

ザガーロは新たなAGA治療薬として高い効果が期待されています。専門機関で医師の処方を受け、余計な不安を抱えることなく治療に専念しましょう。

参考URL

※1)グラクソ・スミスクライン株式会社、ザガーロ インタビューフォーム https://gskpro.com/content/dam/global/hcpportal/ja_JP/products-info/zagallo/zagallo-if.pdf
※2)財務省関税局、個人輸入とは
http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/kojin/3001_jr.html
※3)厚生労働省、医薬品等の個人輸入について
https://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html
※4)ファイザー製薬会社 インターネットで入手したED治療薬の約4割が偽造品
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_11_24_02.html
※5)グラクソ・スミスクライン株式会社、ザガーロを服用される方へ
https://gskpro.com/content/dam/global/hcpportal/ja_JP/resources/basket/zagallo/ZAGL00063.pdf
※6)医薬品医療機器総合機構 医薬品副作用被害救済制度について
http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/index.html

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、薄毛治療に用いる「発毛剤」として使用される薬剤です。様々な研究や調査を重ね、ミノキシジルが血管を拡げることで髪の毛のもととなる毛母細胞への血流をアップされることが分かりました。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:篁 隆雄 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.