プロペシア

プロペシアは個人輸入や通販で購入できる!?安全性は大丈夫?

最終更新日:

効果が認められた治療薬の登場により、今日ではAGA(男性型脱毛症)も治療できるようになっています。たとえば、プロペシアもAGAに効果が認められている治療薬の一つです。(※2)日本国内でプロペシアを使用するためには、医師の処方箋が必要となっています。その一方で、安さなどの観点から個人輸入や海外ネット通販といった非正規ルートで購入している人も少なくありません。今回、はプロペシアの個人輸入や海外通販の安全性についてお話しましょう。

プロペシアの購入方法って?

プロペシアは日本国内でも承認されたAGA治療薬ですが、ドラッグストアなどで気軽に購入できる医薬品ではありません。医師の処方を受けなければ、基本的には購入できないものとなっています。

ただ、個人輸入などは実質的に医師の処方を受けなくても薬を受け取れる状況となっており、海外から医師の処方箋なく輸入し服用したからと言って法に問われることはありません。その影響もあって、インターネットで検索するといくつかの個人輸入代行のサイトなどが存在していたりします。

(しかしながら運営元があやふやなサイトが多く偽造品などのリスクが高いというのが現実です。)

個人輸入のプロペシアの特徴は?

個人輸入や海外通販などで購入するプロペシアの特徴として、まず挙げられるのが比較的安価という点です。購入する国や利用する個人輸入代行業者によっても異なりますが、国内で処方してもらうよりも安価となるケースが大半でしょう。一方でマイナスの特徴として偽物が多い、医師の処方や国内承認薬ではないため、副作用が起きたときの保障がないなど多くの危険が伴うでしょう。

個人輸入や通販購入のリスクは?

一見すると、医師の処方を受ける必要もなく、さらに価格も安いのであれば、個人輸入や海外通販がお得な気がします。しかし、前述のとおり購入には大きな危険が伴うことを自覚し、個人輸入を行うことはやめましょう。日本国内で正規に流通している医薬品は、「医薬品医療機器等法」に基づいて有効性及び安全性が確認されています。一方、海外で製造された輸入薬については、有効性や安全性についての保証がありません。同じ成分を含有した治療薬であっても、不衛生な場所や方法で製造されている可能性は否定できません。

また、海外では多くの偽造薬が流通しています。正規品と偽造薬の真贋を判別するのは困難です。実際に、パッケージに記載されている有効成分が配合されているとは限りません。プロペシアの有効成分はフィナステリドですが、これが含まれていなかったり、極端に少なかったりすれば、効果を望めないどころか健康被害を受ける可能性もあるかもしれません。

仮に、品質的に問題ないものを購入できたとしても、自己判断で使用すれば副作用のリスクを高めてしまいます。安全な使用を図るためには、医師による診察・処方・経過観察が必要とされている医薬品であるため、自己判断での使用は避けるべきです。万が一、個人輸入をした薬剤で重篤な副作用や健康被害が引き起こされたとしても、個人輸入で購入した医薬品については「医薬品副作用被害救済制度」の対象にはなりません。つまり、何の保証もない状態で副作用リスクを抱えることになります。

医師の処方を受けずに、プロペシアなどの医薬品を購入できる個人輸入や海外ネット通販はとても便利でしょう。しかし、効果的かつ安全に使用するためには、専門クリニックで処方された治療薬を服用するのが確かです。個人輸入や海外通販の利用を検討している人は、今一度リスク面について再確認しておく必要があります。(※1)

参考URL

※1医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html

※2 PMDA プロペシア錠

http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_08/