プロペシア

プロペシアの購入方法とは?注意点や気になる保険・価格帯について

最終更新日:

AGA治療薬・プロペシアを購入して試してみたい、と興味のある人は多いでしょう。病院で処方してもらう場合と、通販で入手する場合、どちらが良いのか?と悩んでいませんか?ここでは、プロペシアの購入方法や価格、病院で処方してもらうことのメリットについてご紹介します。

目次※知りたい情報をクリック

プロペシアの購入方法

プロペシアの購入経路は、3通りあります。

・一般病院を受診する
・AGA治療専門クリニックを受診する
・通販で購入する

一般病院を受診する

AGA治療を行っている病院であれば、一般病院でプロペシアを処方してもらえます。主に、皮膚科や内科を受診することとなりますが、病院によってはAGA治療を行っていないところもあるため、事前の確認が必要です。

AGA治療専門クリニックを受診する

AGA治療専門のクリニックであれば、一般病院のように事前に確認する必要がありません。薄毛など毛髪に関する相談や治療を専門としており、気軽に相談しやすいと感じる人が多いです。

AGA治療を専門医にしてもらいたい、と考える人におすすめの方法です。もし、プロペシア以外の薬を試したい時や、他のAGA治療と併せて行いたい時にも、選択肢が豊富です。

通販(海外からの個人輸入)で購入する

プロペシアを通販で購入することも可能ですが、市販薬ではないため個人輸入という形で海外から取り寄せます。個人輸入代行業者を利用すると、比較的簡単に入手できますが、医師の処方ではないためすべて自己責任となります。

プロペシアの保険や価格帯

プロペシアは健康保険の保険適用外

医療機関で治療を受ける際、内容によって医療保険の適用となる治療とならない治療があります。医療保険の適用とならない、自由診療の治療に関しては、医療保険適用の治療に比べると経済的な負担が増します。

AGA治療は、自由診療です。そのため、プロペシアを医療機関で処方してもらう時も保険適用外のため一般的な薬代よりも高額と感じる人が多いでしょう。

先発薬・MSD株式会社「プロペシア」の価格

先発薬であるMSD株式会社「プロペシア」は、医療機関により価格が異なります。プロペシア1㎎1箱28錠入りでおよそ6,500円~7,000円で購入できるとの情報をよく見聞きするかもしれません。しかし、実際には8,000円以上で販売している医療機関や、初回に限り3,000円代で購入できる医療機関もあります。

これは、メーカーの価格設定が変更したり、病院が提携している薬の卸業者からの納入価格が影響したりするためで、保険適用外治療にかかる薬代は医療機関が独自に決めることができることから、価格の差が生じています。

ジェネリック薬の価格

ジェネリック医薬品は、先発薬と同じ成分や効能がある、厚生労働省から製造販売承認を得た薬です。先発薬は開発までに多額の費用が必要なため、薬価が高く設定されていますが、ジェネリック医薬品はそれらのコストが抑えられるぶん安価となっています。

ジェネリック薬の価格もメーカーにより異なりますが、およそ4,300円~5,000円程度で販売しているところが多いです。

プロペシアのジェネリック薬は、ファイザーや沢井製薬、東和薬品、クラシエなどが販売しています。メーカーにより名称は異なりますが、一般的には「フィナステリド錠」などの名称が用いられています。

プロペシアは通販で買える?個人輸入品の注意点

プロペシアはAGA治療を行う一般病院や専門クリニックで医師に処方してもらう方法が一般的です。その他では、個人輸入という形で通販にて購入することも可能ですが、あまりおすすめできません。厚生労働省のサイトにおいても、「個人輸入において注意するべき医薬品等について」として、プロペシアの名前があがっており、不安が拭えないのです。

(※1)

プロペシアを病院で処方してもらうメリット

医療機関でプロペシアを処方してもらうメリットは、主に3つあります。

・日本で承認された正規品を取り扱っている
・副作用が出た時に対応してもらいやすい
・他の病気治療と合わせて相談できる

 

正規品しか扱っていない

個人輸入でプロペシアを通販で購入する場合、偽物も多く出回っているため注意が必要です。例えば、有効成分が含まれていない、含まれていたとしても少なかったり過剰だったりと、正規品とは違う配合となっている可能性があります。また、不純物が入っているなど、偽物は健康被害が起こるリスクがあるため、注意が必要です。

医療機関で扱うプロペシアやジェネリック薬は、日本国内で承認されているメーカーの正規品が基本となりますので、これまでに証明された検証データや報告が参考になります。AGA治療に効能が認められる正規品であれば、安心感を得られます。

プロペシア通販で入手しようとした際に、購入時のトラブル等が起こっても自己責任となる点も考慮すると、様々な面で安全性が高いと言えるでしょう。

副作用が出た時に対処してもらいやすい

医師の処方で服用する薬であれば、万が一副作用が出た時にすぐに受診して何らかの対処をしてもらいやすくなります。副作用を止める薬を新たに処方してもらったり、他のAGA治療薬に切り替えたりと、医師の判断はそれぞれ異なりますが、すぐに適切な対処をしてもらうことでスムーズに治療がすすみます。

他の病気と併せて相談できる

プロペシアは他の薬との併用禁忌はありませんが、既に何らかの病気の治療中の場合は念のため相談すると安心です。AGA治療を行う一般病院の皮膚科や内科にかかっている人で、AGAの治療もはじめたい人は定期受診の際に相談できる可能性もあります。

 

プロペシアにはジェネリック医薬品もある!病院で処方してもらうと安心

プロペシアは一般病院や専門クリニックで医師に処方してもらう方法が一般的ですが、通販で入手することも可能です。しかし、購入時のトラブルの発生リスクや偽物など、通販で入手する際は注意が必要です。

確かに、病院を受診して処方してもらうよりも、通販で入手した方が安価となる場合もありますが、病院を受診して処方してもらうメリットを考慮すると、医師の判断のもと処方してもらった方が安心です。

プロペシアは、様々なメーカーがジェネリック薬を製造販売しています。ジェネリック薬を希望すると、先発薬であるプロペシアよりも安く入手することが可能ですので、医師に相談してみてはいかがでしょうか。


※1)厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1.html