AGAコラム

AGAとは?薄毛の原因や治療方法や効果など改善に向けた基礎知識

最終更新日:

AGAは思春期以降の男性に発症する脱毛症のことです。日本人男性の3人に1人は発症するとされており、決して珍しい病気ではありません。ですが、「見た目」に大きな影響を与えるため、精神的なダメージを受けやすい病気でもあります。そこで今回は、AGAの原因や治療法など基本的な情報について詳しく解説します。

【関連リンク】

【医師監修】AGAは遺伝する?その確率や関係性、遺伝型の薄毛に対する治療法を解説
【医師監修】AGAは進行性の脱毛症! 早期発見・早期治療が大切!
【医師監修】AGAの症状とは?判断基準やサインを知ってセルフチェック!

目次※知りたい情報をクリック

AGAとは

AGAとは、思春期以降の男性に発症する脱毛症のことを指します。正式にはAndrogenetic Alopeciaとし、略してAGAと言います。AGAは男性ホルモンの一種「DHT」が主な原因であるとされていますが、頭皮環境生活習慣なども大きく関係しています。多くの男性を悩ませてきた病気ですが、近年では様々な角度から薄毛を改善する治療が進められているのが現状です。

なお、女性の脱毛症についてはこちらをご覧ください。

AGAの症状と薄毛のタイプ

AGAは前頭部頭頂部を中心に、髪の毛の成長期が短くなりコシやハリのない細く短い髪の毛のまま抜けてしまい徐々に薄毛が進行してしまう病気です。髪の毛のボリュームが少なくなるため、前頭部や頭頂部などが「薄毛」の状態となります。症状の程度には個人差がありますが、時間をかけて徐々に薄毛が進行。最終的には、髪の毛が抜け落ちて生えてこなくなるのが特徴です。

AGAは頭皮にかゆみや痛みなどの症状を引き起こすことはありません。そのため、症状は「薄毛」と「脱毛」のみです。しかし前頭部や頭頂部など人目に付きやすい部位に発症するため、美容的な観点から深刻な精神的ダメージを受けることも少なくありません。自分に自信が持てなくなることで、社会生活に支障をきたすケースもあります。

AGAの分類

AGAは、薄毛や脱毛の現れ方によって図のように大きく7つのタイプに分類することができます。脱毛が始まっていないⅠ型から、生え際が薄くなり始めた状態であるⅡ型。さらに生え際が後ろに後退するⅢ型…と前頭部や頭頂部から薄毛や脱毛が進行していくのがAGAの特徴です。また、頭頂部が「Oの字」に脱毛するタイプ、前頭部の生え際が「Mの字」に脱毛するタイプなど、様々なパターンがあります。

なお、AGAの症状についてのさらに詳しい情報は次のページをご参照ください。

AGAの症状についてもっと詳しく見る

(※1)

AGAの診断・検査方法について

AGAは年齢や薄毛・脱毛の現れ方などから、診断をくだすことができます。ですが、薄毛や脱毛を引き起こす原因はAGAのみとは限りません。好ましくない生活習慣他の病気が関係していることも。より効果的な治療を行うには、医師の診察を受けて薄毛や脱毛の原因を特定することが大切です。

まずは、自身がAGAを発症しているのか否か、セルフチェックをしてみましょう。セルフチェックのやり方については次のページをご参照ください。

簡単!AGAのセルフチェックを行う

当てはまる項目が多い方はAGAを発症している可能性が高いです。「薄毛や脱毛の悩みを医師に相談するのは抵抗がある」という方も多いでしょう。ですが、AGAはれっきとした病気の一つ。適切な治療を行うことで改善する見込みは十分にあります。

近年では、AGAの治療を積極的に行う方も増えています。専門的な治療を行うAGAクリニックもありますので、一人で悩みを抱えずにまずは相談してみましょう。

医師の診断方法について

AGAの診察は医師による問診が主です。要因になるような生活習慣がないか、親族に薄毛や脱毛が生じた方がいるかどうかなどが手がかりになります。AGAは生活習慣や遺伝との関わりが強いとされているため、問診では正しく答えるようにしましょう。

また、クリニックによっては拡大鏡やダーモスコピーと呼ばれる医療機器を用いて頭皮の状態や薄毛・脱毛が進行している部位の毛の状態を調べます。また、AGA以外の原因が考えられる場合は、男性ホルモンの分泌量や全身の栄養状態、脂質異常症などの生活習慣病の有無を調べるために血液検査が行われるところもあります。AGAの診断方法についての詳しい情報は次のページをご参照ください。

(※1)

AGAの診断についてもっと詳しく見る

AGAが発生する仕組みと原因

AGAは、男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン(DHT)」の働きによって引き起こされる病気です。通常、男性ホルモンは男性の筋肉や骨の発達を促し、体毛を濃くする働きがあります。そのため、男性ホルモンが多い方はひげや胸毛、腋毛などは多くなる傾向に。

一方、前頭部と頭頂部に存在する毛母細胞(髪の毛のもととなる細胞)は、DHTの作用を強く受けると新たな髪の毛が生えにくくなったり育ちにくくなったりすることが分かっています。その結果、ヘアサイクル」の成長期が短くなるため、コシやハリのない細く短い髪の毛が生えくるようになるのです。

前頭部や頭頂部の毛母細胞がどの程度DHTの影響を受けるかは、遺伝に左右されると考えられています。AGAの発症に関わるとされる遺伝子変異も解明されており、DHTの分泌が多い人すべてがAGAを発症するわけではないのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)以外の原因はある?

AGAの主な原因はDHTの作用によって毛母細胞の活性が損なわれることです。ですが、原因はそれだけではありません。毛母細胞が活性化して新しく健康的な発毛・育毛が続くには、頭皮の環境や生活習慣も非常に重要な要素です。

特に、頭皮の血行が悪くなると毛母細胞に十分な栄養が送られなくなるため、薄毛や脱毛を引き起こしやすくなります。その原因として挙げられるのは、ストレス喫煙習慣。また、食生活の乱れなどによって生じる生活習慣病動脈硬化を引き起こして頭皮の血行を悪化させることがあります。

そして、頭皮は皮脂の分泌が多い部位。毛穴が皮脂で詰まったり、頭皮に炎症を起こしたりするとコシとハリのある髪の毛が生えにくくなることも。頭皮の衛生環境も重要な発症要因の一つです。AGAのメカニズムについてのさらに詳しい情報は次のページをご参照ください。 (※2)

AGAのメカニズムについてもっと詳しく見る

ONE POINT知識:そもそもヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは、毛母細胞から髪の毛が生み出されてから抜け落ち、次の新しい髪の毛が生えてくるまでの周期のこと。「成長期」・「退行期」・「休止期」に分けられます。

毛母細胞が活性化して髪の毛が伸びていく「成長期」の期間は、通常2~7年。その後、毛母細胞の活性は低下して「退行期」へ。2~3週間ほどで髪の毛が抜け落ち、新しい髪の毛を生やすための準備を行う「休止期」に突入します。そして、2~3か月ほど経つと、再び成長期に移行して新たな髪の毛が生まれるのです。

AGAは、DHTの作用により、成長期が極端に短くなる病気です。そのため、休止期にとどまる毛母細胞が多くなり、薄毛や脱毛が引き起こされます。また、生えた髪の毛も十分に成長しないため、細く短い産毛のような髪質になるのです。

AGAの治療方法とは?

AGAの主体的な治療方法は薬物療法です。主に使用されるのは、AGAの根本的な原因となるDHTの合成を抑える効果を持つ「プロペシア」や「ザガーロ」などの飲み薬。頭皮の血行を改善して発毛を促す「ミノキシジル」などの塗り薬です。これらの薬物療法を組み合わせて行うことで、薄毛や脱毛に悩む多くの男性を救ってきました。

また、日本皮膚科学会による「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」によれば、薬物療法の他に、薄毛や脱毛が目立つ部位への植毛、毛母細胞を活性化させるレーザー照射なども一定の効果があるとしています。AGA治療薬の効果についてのさらに詳しい情報は次のページをご参照ください。 (※3)

AGA治療薬の効果についてもっと詳しく見る

AGA治療薬の主な種類

成分 作用
プロペシア フィナステリド DHTの合成をブロック
ザガーロ デュタステリド DHTの合成をブロック
ミノキシジル ミノキシジル 血管を拡げ、頭皮の血行を改善

現在、厚生労働省から正式な認可を受けているAGA治療薬は主に上記の通り。内服薬か外用薬かにより、作用が異なります。

内服薬~プロペシアとザガーロ~

プロペシアとザガーロは、AGAの原因となるDHTの合成に必要な酵素の働きを阻害することで、DHTが新たに作り出されるのをブロックする働きがあります。双方とも基本的な作用メカニズムは同じですが、働きかける酵素の種類が異なります。

先に製造販売が開始されたプロペシアは「Ⅱ型5-α還元酵素」のみを阻害するのに対し、ザガーロは「Ⅰ型5-α還元酵素」の働きも阻害する作用を持ちます。Ⅱ型は主に頭皮に多く存在するのに対し、Ⅰ型は全身に存在する酵素。プロペシアが効かないAGAもザガーロなら効果が得られる可能性があるのです。

外用薬~ミノキシジル~

ミノキシジルは、プロペシアやザガーロとは全く作用メカニズムが異なる治療薬です。ミノキシジルは頭皮に直接塗るローションタイプの薬であり、頭皮の血管を拡げる働きがあります。その結果、頭皮の血行が改善し、毛母細胞が活性化して健康的な発毛と育毛を促すのです。また、ミノキシジルは女性の脱毛症に使用することもできます。

AGA治療薬の比較についてのさらに詳しい情報は次のページをご参照ください。

AGA治療薬の比較についてもっと詳しく見る

AGA治療費の目安

値段
治療薬 4,400~24000円/1ヶ月
診察料 0~6000円

AGA治療にかかる費用は、残念ながら健康保険が適応となりません。そのため、費用は一般的な風邪などで病院にかかるよりも高くります。

AGA治療薬は種類にもよりますが、一か月の相場は4,400~24000円程度。そのほか、医師の診察料がかかる場合はプラス6000円ほど必要になることも。価格の設定は医療機関によって異なりますので、事前に必要な費用を調べておくと安心です。治療薬代のみで診察料がかからない医療機関もありますので、経済的に治療を受けたい方は、そのような医療機関を選ぶとよいでしょう。AGAの治療費についてのさらに詳しい情報は次のページをご参照ください。

AGAの治療費についてもっと詳しく見る

イースト駅前クリニックでは医師の診察やカウンセリングを無料で受けることができます。長年にわたって携わってきたAGA治療のノウハウを活かし、専門の医師が丁寧にカウンセリングや診察を行います。また、単に治療薬のみを処方するのではなく、AGAを悪化させていると考えられる要因があるときは、生活指導などもいたします。お近くのイースト駅前クリニックは次のページからお探しください。

お近くのイースト駅前クリニックを探す

AGA治療薬の副作用について

主な副作用
プロペシア 性欲減退、勃起不全、射精障害、精液量減少、肝障害など
ザガーロ 性欲減退、勃起不全、射精障害、精液量減少、肝障害など
ミノキシジル 頭皮のかぶれ、頭痛、めまい、動悸、むくみなど

どんな薬にも副作用はつきもの。AGA治療薬もその一つです。少なからず表のような副作用が出ることもありますが、発生頻度はそれほど高くはありません。また、治療が必要になるような重篤な副作用が現れることはほとんどないと言えます。

AGAのよくある疑問Q&A

AGAにおける、多くの方が抱きやすい疑問点をご紹介します。

Q. AGAは完治する?治療薬をやめるとどうなる?

AGAは残念ながら完治は難しい病気です。治療薬を使用して薄毛や脱毛が改善した場合、「もう治った」と思う方も少なくありません。ですが、それは薬がしっかり効いているに過ぎないのです。

途中で治療薬の使用をやめてしまうと、AGA特有のヘアサイクルの乱れが生じ、薄毛や脱毛を再発することに。なかには、治療前によりも症状がひどくなってしまうこともあります。
自己判断で治療を中断するのは絶対に控えましょう。

AGA治療の継続とやめる場合の判断についてもっと詳しく見る

Q. AGA治療薬と育毛剤は違う?育毛剤はAGAでも効く?

育毛剤 AGA治療薬ミノキシジル(発毛剤)
分類 医薬部外品 医薬品
効果 頭皮に栄養を与える ヘアサイクルを整える
対象者 頭皮状態を向上したい人 髪の毛を増やしたい人

市販の育毛剤とAGA治療薬は似ているようで作用は全く別物。当然、効果も異なると考えてよいでしょう。育毛剤の成分は頭皮に栄養を与え、頭皮の血行を良くする効果があります。ですが、発毛を促す効果はなく、脱毛を予防する効果があるにすぎません。

一方、ミノキシジルをはじめとしたAGA治療薬は毛母細胞に直接働きかけてヘアサイクルを整える作用も持ちます。そのため、育毛剤にはない発毛効果を発揮することができるのです。

ですが、上述したようにAGAを改善するには頭皮の状態を良くするのは必須。そういった面では、育毛剤は頭皮の状態を改善しますのでAGA治療薬と共に使用することで、薬の効果を高めてくれる可能性があると言えます。

育毛剤とAGA治療の関係についてもっと詳しく見る

Q. AGAは女性でもなる?

AGAは男性ホルモンの働きによって男性に引き起こされる脱毛症のこと。一方、女性の体内にも男性ホルモンは存在しているため、それが原因となって女性にも脱毛症を引き起こすことがあります。このような女性に生じる脱毛症が「FAGA」です。

ですが、女性には男性ホルモンの働き以外にも女性ホルモンバランスの乱れなど薄毛や脱毛を引き起こす原因は様々あります。

女性のAGAについてもっと詳しく見る

AGAは治療可能!悩んだらまずは医療機関へ

AGAは男性によく見られる病気の一つです。症状が薄毛や脱毛のみであるため、治療の対象とはならないと考えられがちですが、放っておくと「見た目」に深刻な影響があります。

近年ではAGAの発症メカニズムなども解明が進んでおり、有効な治療方法が確立されています。AGAに悩んだらまずは専門的な治療を行う医療機関に相談しましょう。

イースト駅前クリニックは、高額な費用が必要となりがちなAGA治療の診察料を無料にしています。必要なのは治療費代のみなので経済的に治療を受けることが可能です。医療機関選びに迷ったら、ぜひイースト駅前クリニックにおこしください。

参考URL

※1)日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※2)日本皮膚科学会「男性型脱毛症の軟毛化の原因は何ですか?」
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa11/q04.html

※3)日本皮膚科学会「男性型脱毛症の治療はどうしますか?」
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa11/q05.html

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
スマホ診察

スマホ診察

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師、仙台院院長:大久保 直樹 医師、新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師、新宿東口院院長:伊藤 知英 医師、新橋院院長:加藤 淳 医師、横浜院院長:非公開: 長坂 良 医師、名古屋院院長:平田 勝俊 医師、名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師、金沢院院長:栗林 正人 医師、京都四条烏丸院院長:西澤 康平 医師、大阪院院長:新田 匡章 医師、なんば院院長:薗 雅宏 医師、神戸三宮院院長:三田 浩一 医師、岡山院院長:松沼 寛 医師、広島院院長:西川 徹 医師、博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.