AGA 治療外来

AGA治療

メインビジュアル

AGA

ザガーロ

ザガーロジェネリック

ミノキシジル

プロペシア

プロペシアジェネリック

クリニック一覧

AGA治療

AGA治療について徹底解説!原因や治療薬の効果、副作用について

最終更新日:

AGA薬の効果が出る理由や副作用が出る危険性についてお話していきます。AGA薬は薄毛に対して本当に効果があるのでしょうか。またAGA薬を飲むことで副作用が出てしまうのでしょうか。今回はAGA薬を飲むことでどんな効果があるのか、どんな副作用が出てしまうのか、患者様やお問い合わせで多かったご疑問をわかりやすくお伝えしていきます。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

AGA治療について徹底解説!原因や治療薬の効果、副作用について

AGAについて

AGAとは、成人男性によく見られる髪が薄くなる進行性の脱毛症のことで男性型脱毛症のことをいいます。20歳から69歳成人男性の約3人に1人がAGAであり、加齢に伴い発症率は高くなっていきます。20代で10%、30代20%、40代30%、50代以降で40%ほどの発症率となっており、AGAはゆっくりと進行していきます。一気に毛が抜け落ちるのではなく、ゆっくりと進行するので薄毛の進行に気がついたら早めの対策、適切な治療を行うことが重要です。

AGAになる原因

AGA進行の流れ
1. テストステロンと5αリダクターゼが結合する
2. ジヒドロテストステロンが生成される
3. 毛乳頭にある男性ホルモン受容体がジヒドロテストステロンと結合する
4. 脱毛因子が増加して毛乳頭に早期脱毛指令を出す

AGAを発症してヘアサイクルが乱れて薄毛が進行する場合、上記のような流れで進行します。この流れによってヘアサイクルの成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまうのです。そうすると髪が十分に育っていない細く短い髪の毛が多くなり、全体として薄毛が目立つようになってしまいます。抜け毛がかなり増えてきて髪の薄さが目立つようであれば、AGAの改善治療が必要になります。進行性のAGAを改善したい場合、AGAクリニックで髪の症状を診察してもらうことで適切な治療を行うことができます。AGAクリニックで処方される治療薬はミノキシジル・プロペシア・ザガーロの3種類です。この3つの治療薬は薄毛対策に効果が期待できます。

AGA薬はどうして効果が出るのか?

ミノキシジルは新たに髪の毛を生やす成長促進のための薬になります。プロペシア・ザガーロの役割は同じであり、髪の毛が成長しきる前の脱毛を防ぎ、ヘアサイクルを改善するための薬となります。髪の毛に対してミノキシジルは攻めの薬であり、プロペシア・ザガーロは守りの薬なのです。そのため、髪の毛を効率的に生やしていくためには、ミノキシジルと併用してプロペシアかザガーロも一緒に服用することが効果的。ではAGA薬はAGAの症状にどのように効果的なのかお話しします。

プロペシア・ザガーロ

プロペシアには有効成分フィナステリドが含まれており、5αリダクターゼの働きを抑制する働きを持ちます。5αリダクターゼを抑制することでテストステロンが5αリダクターゼと結合するのを抑制することができるので、AGAが発症するきっかけとなるジヒドロテストステロンの発生を抑制できます。AGAだと髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまうのですが、プロペシアを服用しジヒドロテストステロンの発生を抑制することで早期に脱毛してしまうのを抑え、髪の毛が長く太くなるまで成長を促し、発毛や髪の毛全体のボリューム増加が期待できるのです。

ザガーロはデュタステリドを有効成分としており、プロペシアと同様に5αリダクターゼの働きを抑制する効果になり、ジヒドロテストステロンの発生を抑制できます。プロペシアは前頭部から頭頂部に存在するII型の5αリダクターゼのみ働きかけるのに対して、ザガーロはII型の5αリダクターゼだけでなく、ほぼ全身の毛乳頭細胞に存在する1型の5αリダクターゼにも抑制する働きを持ちます。研究結果ではザガーロの方が5αリダクターゼの抑制力が高いことがわかっているので、AGAの進行度や患者様のご希望によりプロペシアとザガーロの処方を使い分ける場合があります。ただ個人差があり、その人の体質や健康状態により使うべき薬が違ってきますので、医師の判断のもと正しい薬を服用する必要があります。

ミノキシジル

ミノキシジルの効果は血管拡張作用や発毛因子の産生を促したり、毛母細胞の死滅抑制をさせる働きを持ちます。血管拡張作用では毛細血管を広げて血液の流れをスムーズにしてくれるので、髪の毛に必要な栄養素を毛乳頭細胞までしっかりと届けてくれます。発毛効果としてインスリン様成長因子1や血管内皮細胞増殖因子などの発毛因子の産生を促す働きがあり、毛母細胞を活性化させ毛髪の育成効果が期待できるのです。またミノキシジルには髪の毛を生成する毛母細胞の死滅を抑制する働きがあり、ヘアサイクルの成長期が長くなり、育毛効果だけでなく脱毛抑制の効果が期待できるのです。ミノキシジルは内服薬と外用薬の2種類があります。成分・効果は同じですが、内服薬の方が直接体内に取り入れるため効果が高いとされています。

AGA薬の副作用は?

どんな薬にも副作用があるようにAGA薬も副作用はあります。逆に副作用がない薬は効果が非常に薄いとも言えます。ミノキシジルも元々は高血圧症を治療するためのお薬であり、副作用として多毛症が見られ、発毛剤として再開発がされ、AGA治療薬が誕生しているんですね。AGA薬は長期的な服用が必要になりますが、基本的には副作用が少なく安全性が高いお薬です。重篤な副作用もほとんどありませんが、どんな副作用が発症する可能性があるのか事前に知っておくことで対処しやすく医師にも相談しやすいです。

ミノキシジルで起こり得る副作用

ミノキシジルの成分は同じでも、内服薬と外用薬によって副作用が異なってきます。頭皮に直接塗布する外用薬は、肌トラブルが起きる可能性がありますし、内服薬では動悸などの症状が出る可能性があるのです。ただミノキシジルの副作用は軽症であることがほとんどですし、長期的に服用したとしても副作用が起きる可能性も厚生労働省から報告されているデータによると8.82%と高くありません。ミノキシジルでの副作用がどうして起きるのかを症状別にお話ししていきます。

初期脱毛

AGA治療を開始して初期の段階で、抜け毛が増加することを初期脱毛と言います。初期脱毛が発生してしまう理由はヘアサイクルが関係しているのです。AGAが発症していることで休止期になっていた髪の毛がミノキシジルによって成長期へ移行することで古い髪の毛が新しい髪の毛に押し出されることにより抜け毛が増加するんですね。初期脱毛はAGA治療を始めて2週間から8週間ほどで起きる可能性がある副作用になりますが、継続して治療することで自然と症状が治まります。

皮膚炎

ミノキシジルの外用薬によって、皮膚トラブルの副作用が発生する可能性があります。頭皮に直接薬を塗るため肌に合わない場合には皮膚は炎症を起こしてしまう可能性があるのです。発現率は高くありませんが、肌に合わなければ使用は難しいため、医師に相談の上、他の治療法を検討した方がいい場合があります。

頭痛・めまい・むくみ

ミノキシジルによって頭痛が起きたり、めまいや動悸・息切れなどの副作用が起きる可能性があります。ミノキシジルには血管拡張作用により毛細血管が広がることで頭痛が起きる場合や、毛細血管の広がりにより中枢の血流が低下し血圧低下を引き起こしてめまいが発生するという場合があります。また中枢の血流が低下することにより、体に血液が足りていないと認識する場合があります。そうすると体が血流を増やす働きをする事により血液量が過剰になり、体にむくみが発生する可能性があるのです。起こる可能性は極めて低い副作用ですが、血管拡張作用により冠動脈が狭くなって一時的に心筋への血流が不足することにより、狭心症などの心疾患も副作用として報告されています。
ミノキシジルは、もともと高血圧症を治療するための降圧剤です。そのため、血圧を低下させる働きにより副作用が発症してしまうことがあるので心機能障害を患っている方や血圧が不安定な方は注意が必要になります。
心機能障害や不整脈が悪化する恐れもあるため低血圧の方や高血圧で降圧剤を服用中の方、心臓に障害のある方がミノキシジルの服用を検討している場合には必ず医師に相談するようにしましょう。

多毛症

ミノキシジルは発毛の促進効果がありますが、頭皮だけでなく体全体の体毛にも影響を及ぼしてしまう場合もあります。そのため髪の毛だけでなく体毛も濃くなる可能性もありますが、これは薬が効いている証拠の一つでもあります。基本的に副作用が体感できたとしても血管拡張作用によって起こり得る副作用であり、症状は軽症で済むことがほとんどではありますが、服用開始から数ヶ月は体調の変化に注意をしましょう。

プロペシア・ザガーロで起こりうる副作用

プロペシアとザガーロは有効成分が違いますが、どちらとも5αリダクターゼを抑制する働きをすることからも起こりうる可能性がある副作用は近しいのです。どちらとも副作用が出る可能性がかなり低く安全性が高い薬となります。
プロペシア・ザガーロを服用することで現れる主な副作用は性欲減退・勃起不全と性機能障害になります。これらの症状が出る確率はプロペシアが性欲減退1.1%、勃起不全0.7%でした。ザガーロは性欲減退が3.9%、勃起不全4.3%と報告されています。ザガーロの方が5αリダクターゼの抑制力が高いためプロペシアよりも体内のホルモンバランスにも影響を与えやすく、副作用は現れる可能性も少しだけ高くなってしまうんですね。
他にも肝機能障害や食欲不振、倦怠感も副作用として挙げられていますが、プロペシア・ザガーロに限らずすべての薬で起こりうる副作用です。服用した薬の多くは肝臓で分解され負担がかかってしまうので、体に何かしらの症状を引き起こす可能性がありますが、可能性としてはかなり低いです。

またプロペシア・ザガーロは男児胎児の生殖機能の発育に影響を及ぼす恐れがあるため、妊婦の服用を固く禁じています。そのためプロペシアなど服用したものの子作りや妊娠中の性生活に悩む男性が多くいらっしゃいますが、フィナステリド成分などが精液に移行する量は1mgを服用した場合でも投与量の0.00076パーセント以下と極めて僅かであり、基本的には問題ありません。子作りや胎児、母体への影響はほとんどないとされていますので安心して服用ができます。万が一を考え服用を控えたい場合でもAGA治療を諦める必要はありません。ミノキシジルだけでもしっかりと治療は可能ですので、医師と相談の上ご自身の納得のいく方法を選択してください。

AGA薬は副作用が現れる確率も低く、軽症であることがほとんどなので、安全性が高いお薬です。AGA薬とプラセボ薬(有効成分が入っていない乳糖やでんぷんなどの錠剤)で副作用の差を調べた研究データでは、プラセボ薬とほとんど変わらない結果であったことからも、AGA薬を服用することによる不安感が性欲減退などにつながってしまうという見方もあります。そのため、副作用を気にしすぎることは逆効果になってしまうことから、知識として副作用があるかもしれないくらいの認識でいた方がいいかもしれませんね。

AGA治療薬はイースト駅前クリニックで処方可能です

AGA薬は基本的に長期間服用しても安全な薬剤であり、医師によってあなたの健康状態や予算に応じてお薬を処方してくれますので、安全性高く薄毛対策が可能になります。飲み始めの1〜2ヶ月は体の状態に注意しつつ、副作用が現れるようならば担当医に相談するようにしましょう。

イースト駅前クリニックは2008年に開院して以来200万人以上の患者様治療も行なっており、AGA治療だけでなくED治療も行っています。気軽さと信頼の両方を兼ね備えたクリニックです。AGA治療を検討している場合には、ぜひ一度お近くのイースト駅前クリニックにご来院ください。

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

AGA

ザガーロ

ザガーロジェネリック

ミノキシジル

プロペシア

プロペシアジェネリック

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア

1mg 8,200円〜/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

8,200円~/28錠

プロペシアジェネリック

1mg 3,800円(税込)/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,800円~/28錠

ザガーロ

0.5mg 10,500円〜/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

10,500円~/30錠

ザガーロジェネリック

0.5mg 7,000円(税込)/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

7,000円~/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,500円〜

※クリニックにより、処方価格が変わります。

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円~

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師土浦泌尿器科クリニック院長:石川 哲生 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:春日井 震 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.