AGA 治療外来

AGA治療

メインビジュアル

ザガーロ
(デュタステリド)

ザガーロジェネリック
(デュタステリドジェネリック)

ミノキシジル

プロペシア
(フィナステリド)

プロペシアジェネリック
(フィナステリドジェネリック)

AGA


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

AGA治療

AGA治療をやめるとどうなるの?AGA治療薬は飲み続ける必要がある?やめる理由についても紹介

最終更新日:

AGA治療薬には、AGAの進行を予防する効果はありますが、根本的にAGAを完治することはできないため継続して服用する必要があります。本記事ではAGA治療をやめるとどうなるのか、治療を続ける必要性、注意点について詳しく解説します。AGA治療の効果が出ない場合に考えられることについても解説してますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者

栗林 正人

プロフィール

泌尿器科医として18年のキャリアを積む。通常のEDだけでなく、前立腺がんに伴うEDや骨盤手術によって引き起こされるEDなど幅広い治療実績を持つ。現在はイースト駅前クリニック金沢院で院長としてED治療に専心。金沢院はED問題への深い理解と治療への情熱が好評を博している。

資格

日本泌尿器科学会認定専門医

所属学会

日本泌尿器科学会

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

AGA治療をやめるとどうなる?

AGAは進行性の脱毛症ですが、AGA治療により改善できます。しかし、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)をはじめとするAGA治療薬は、肝臓や腎臓で代謝または排泄され、一定時間を経過すると体内から消失します。そのため、AGA治療薬によって毛量が増えたとしても、服用を中止すると再び薄毛が進行してしまう可能性があります。

(※1,2)

AGA治療薬は毛髪にどのような影響を与える?

薬剤名 ミノキシジル プロペシア(フィナステリド) ザガーロ(デュタステリド)
タイプ 内服薬/外用薬 内服薬 内服薬
効果 毛包に働きかけて細胞の増殖やタンパク質の合成を促す AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑える AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑える

AGA治療の際に、ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)またはザガーロ(デュタステリド)を併用する場合があります。タイプの異なる薬を同時に使用することで、ミノキシジルによる発毛効果、プロペシア(フィナステリド)・ザガーロ(デュタステリド)による脱毛・薄毛進行抑制効果を得ることができるのです。

(※4, 5, 6)

AGAは完治する?

結論から言うと、現状AGAは完治するのが難しい症状です。前述したとおり、AGAは進行性の脱毛症です。AGA治療薬で治療を継続することで、AGAの症状を改善していくことは可能ですが、治療をやめるとまた少しずつ薄毛が進行していく可能性がありあす。そのため、AGA治療の継続の仕方を医師との相談のうえで考えていくことが非常に重要となってきます。

【AGA治療薬別】やめるとどうなるのか

AGAは進行性のため、基本的には治療の継続をおすすめしますが、中断を考えている方もいるでしょう。AGA治療薬はいずれも薄毛の改善に効果があり、作用機序が若干異なります。プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジルについて服用をやめた際に起こりえることを解説します。

プロペシア(フィナステリド)をやめるとどうなる?

プロペシア(フィナステリド)は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼによってAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるのを抑制することによって、薄毛の進行を遅らせる作用があります。
そのため、プロペシア(フィナステリド)の服用中はAGAの進行を遅らせる効果がありますが、服用をやめるとAGAの進行を抑制する効果が時間の経過に応じて消失してしまうため、薄毛が再度進行してしまう可能性があります。効果が出たところで治療をやめてしまうと、それまで治療にかかった時間や費用に後悔してしまう可能性があるため、医師と相談をしながら今後の対応について決めていくことが大切です。また、効果には個人差があるため、効果が出なくてもすぐに服用をやめずに医師に相談しましょう。

(※3)

ザガーロ(デュタステリド) をやめるとどうなる?

ザガーロ(デュタステリド)も、プロペシア(フィナステリド)と同様にテストステロンが5αリダクターゼによって、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるのを抑制して薄毛の進行を遅らせます。5αリダクターゼはⅠ型とⅡ型の2つの型があり、プロペシア(フィナステリド)はⅡ型のみ抑制しますが、ザガーロ(デュタステリド)は両方を抑制するため強い効果があります。
しかし、服用をやめると、それまでの効果が時間の経過に応じて消失していくため、薄毛が再度進行してしまう可能性があります。再び薄毛が進行すると、プロペシア(フィナステリド)と同様、治療にかかった時間や費用が無駄だったと思ってしまう可能性があるため、自己判断で服用をやめず、医師に相談しながら今後の対応に関して決めていくことが大切です。

ミノキシジルをやめるとどうなる?

ミノキシジルをやめる場合も、同じように薄毛が再度進行する恐れがあります。毛髪は毛根にある毛乳頭の細胞が血流によって運ばれる栄養や酸素をもとに分裂・増殖することで成長していきます。ミノキシジルは血管を拡張させて血流を改善させ、毛母細胞を活性化させることによって発毛を促します。
AGAは男性ホルモンの影響で起こる進行性の脱毛症のため、発毛を促すミノキシジルと進行を抑制するプロペシア(フィナステリド)やザガーロと併用することで大きな効果を発揮します。ミノキシジルもその他AGA薬と同様に服用を継続する必要があります。

AGA治療をやめる人はどんな人

現在、日本で流通しているAGA治療薬は用法・用量を守れば、大きな副作用が起きる可能は非常に低く安全です。また、AGAは完治の難しい症状です。
そのため、基本的にAGA治療は中断すべきでないと考えられていますが、中には自己判断で中断してしまう方もいます。継続していくのが難しい理由を見てみましょう。

経済的に負担が大きいと感じた人

AGA治療の薬代や診察代は健康保険が適応されない為、費用はすべて自己負担です。費用の詳細は、医療機関によって異なりますが、一か月あたりの治療費の相場は15,000~30,000円程度です。長く続ける必要のある治療だと考えれば、決して安くありません。

上記はAGA治療のために通院していたが、やめてしまった方を対象に行ったアンケートです。経済的に負担が大きいと感じ、効果を実感しつつも途中で治療をやめてしまう方も多いのが現状です。
しかし、昨今では「プロペシアジェネリック(フィナステリド) 」「ザガーロジェネリック(デュタステリド)」などジェネリック医薬品(後発医薬品)が登場しています。そのため、従来よりも経済的にAGA治療を続けていくことが可能です。また、イースト駅前クリニックは、診察料無料。薬のお値段だけを考慮してAGA治療について検討できます。
AGA治療で経済的な負担を感じている方は、ぜひ一度イースト駅前クリニックへご相談ください。

治療薬を使用するうえで健康面に不安が生じた時

AGA治療薬は、正しい用量・用法を守れば大きな副作用が現れる可能性は非常に低いです。しかし、薬である以上、副作用の出現を100%防ぐのは困難です。特にプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)は、性欲の減退やEDなど性機能の低下を引き起こす副作用があります。副作用による性機能低下が現れると、不安を感じて使用を中断してしまう方もいるでしょう。
また、ミノキシジル外用薬は頭皮に直接塗るタイプの薬であるため、肌質に合わなかったり、使用方法を間違えたりするとかぶれや赤み、かゆみを引き起こすこともあります。薄毛や脱毛に悩む方にとって頭皮トラブルは大敵です。一度でも副作用など、気になる症状があった場合はすぐに専門の医師に相談することをおすすめします。

使用してもすぐに効果が実感できない人

現在使用されている3種類の治療薬は、いずれも研究によってAGAの症状を改善する効果が立証されています。しかし、効果には個人差があるため、十分に満足できる効果が得られない方が一定数いるのも事実です。上述した通り、AGA治療は経済的な負担もかかるため、目立った効果が得られないことですぐに治療をやめてしまう方もいるでしょう。
しかし、AGA治療薬は使用を開始してすぐに効果が得られるわけではありません。通常は効果が得られるまでに半年はかかるとされています。効果を実感できなくても、半年は使用を続けるようにしましょう。

(※4, 5, 6)

AGA治療薬にジェネリック医薬品(後発医薬品)はある?

イースト駅前クリニックでは、AGA治療薬であるザガーロ(デュタステリド)、プロペシア(フィナステリド)のジェネリック医薬品(後発医薬品)を取り扱っています。

【イースト駅前クリニック取扱】AGA治療ジェネリック医薬品(後発医薬品)
プロペシアジェネリック(フィナステリド) 28錠 3,800円 ~ 4,700円
(税込)
90錠 12,000円 ~ 14,400円
(税込)
140錠 18,700円 ~ 23,000円
(税込)
ザガーロジェネリック(デュタステリド) 30錠 7,000円 ~ 7,800円
(税込)
90錠 21,000円 ~ 23,400円
(税込)

※クリニックにより、値段が変わる場合があります

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、「従来の医薬品(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される、新薬と同様の有効成分・品質・効き目・安全性であると国から認められた薬のことです。新薬に比べて開発費が抑えられるため、新薬よりも低価格な点が特徴です。
AGA治療は続けることが大切です。「費用面で心配があり、AGA治療をやめようと考えている」といった方は、ジェネリック医薬品(後発医薬品)での治療を検討してみると良いでしょう。

(※4, 5, 6)

AGA治療の効果が出ない場合に考えられること

AGA治療の十分な効果が出ない場合の原因としてどのようなことが考えられるでしょうか。それぞれ詳しく見てみましょう。

効果が現れるまで十分な期間を見ていない

AGA治療薬の十分な効果が現れるのは半年ほど経ってからです。AGA治療薬は、ヘアサイクルを正常化することによって、ハリやコシのある健康的な髪の毛の生育を促します。ヘアサイクルはAGA治療薬を使用してもすぐには正常化しません。乱れたサイクルは少しずつ改善していくのです。
AGA治療薬の効果があるか否かを評価するには、少なくとも半年間は正しい使用を続けるようにしましょう。

治療薬が適切でない

AGA治療には、頭皮に直接塗るタイプのミノキシジル外用薬とAGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制するプロペシア(フィナステリド)・ザガーロ(デュタステリド)・ミノキシジルタブレットがあります。使用するべきAGA治療薬は、一人ひとりの症状や進行度によって異なります。そのため、症状に合わない治療薬を使用しても、十分な効果を得ることはできません。効果が出ないと見限って、AGA治療を諦めてしまうのではなく、一度クリニックを受診して、本格的な治療を検討すると良いでしょう。

偽物の薬を使っている

現在、ミノキシジルは薬局やドラッグストア、通販などで市販されています。一方で、内服薬であるプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)は市販されておらず、購入するには医師の診察と処方を受ける必要があります。
近年では、海外製の安価なプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)のジェネリック医薬品(後発医薬品)を個人輸入する方もいるでしょう。しかし、個人輸入によって入手できる海外製ジェネリック医薬品(後発医薬品)は偽物も多く出回っています。十分な有効成分が含まれない偽造薬も少なくありません。また、自己判断で治療薬を選択するため、自身に合わない治療薬を選んでしまうこともあります。個人の自己判断で治療を行うと十分な効果が得られない可能性が高いと考えられます。

(※3, 7)

AGAが進行しすぎている

AGAの進行レベルが進みすぎている場合は、治療薬を使っても効果が期待できない可能性があります。AGAは進行性であり、進行の仕方やスピードは個人差があります。また、進行しすぎている場合、発毛を実感できるまでに多くの時間を要します。
そのため、ご自身の進行の程度に応じて治療薬を選択すること、早めに治療をすることが大切です。ご自身の進行レベルに合っていない治療薬を使用すると、効果を実感できない可能性があるため、治療を効果的に進めるには自分の進行度に合った治療薬を選択しましょう。また、一つの治療薬だけではなく、複数の薬を組み合わせることがおすすめです。

個人で治療を行っている

AGA治療は、適切な治療方法を選択しないと効果が期待できない可能性があります。その理由は、AGAの原因が男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)にあります。
AGAの主な治療薬としてミノキシジル、プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)が挙げられます。ミノキシジルは血行を促進して発毛を促進しますが、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える作用はありません。現在、ミノキシジルは薬局やドラッグストア、通販などで市販されていますが、効果が実感できていない場合にはDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える薬も必要かもしれません。DHT(ジヒドロテストステロン)を抑えることができるプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)は市販されておらず、病院を受診して医師の診察と処方がなければ基本的には手に入りません。そのため、個人で治療を行わず、病院で治療を受けることが大切です。

AGA治療をやめるときはどんなとき?治療における注意点

AGA治療薬にはそれぞれ注意すべき2つの副作用があります。ここでは副作用によってAGA治療を中断する場合について解説します。

肝機能障害などを発症した場合

肝機能障害の主な自覚症状
  • 食欲不振
  • 全身の倦怠感
  • プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)の販売承認前の臨床試験では、重篤な副作用として肝機能障害が報告されています。両医薬品と同成分のジェネリック医薬品(後発医薬品)でも同じです。肝機能障害の主な自覚症状は食欲不振や全身の倦怠感ですが、血液検査により確認できます。服用中に食欲不振や全身倦怠感を自覚したときは、服用をやめて、すぐに医師の診察を受けてください。

    (※1, 2)

    頭皮異常が発生した場合

    ミノキシジルを使用した後、頭皮の発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、塗布した部位の熱感などの頭皮異常があらわれた場合、ミノキシジルの副作用の可能性があります。このような症状があらわれたときはすぐに使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

    (※9)

    AGA治療をやめる以外の選択肢

    副作用が不安な方や、治療の効果が出ない方でもAGA治療をやめなくていい方法があります。AGA治療をやめる以外の選択肢について解説していきます。

    減薬する

    ミノキシジル外用薬と、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)を併用している際にはどちらか一方をやめるなど、減薬する方法があります。ミノキシジル外用薬は頭皮に直接使用するため、頭皮の異常が発生した際はミノキシジル外用薬のみ中止をして、肝機能障害などが出現したときはミノキシジル外用薬のみ継続するなどの方法があります。
    ただし、減薬すると効果も弱まってしまう可能性があるため注意が必要です。減薬する際は、事前に医師に相談しましょう。

    治療方法を変更する

    1種類の治療薬のみ使用している場合は、他の治療薬に切り替えることで、効果を実感できる可能性があります。治療薬を切り替える際は、発毛を促進させるミノキシジルと、脱毛を予防し毛髪の成長を促すプロペシア(フィナステリド)・ザガーロ(デュタステリド)で効果が異なるため、自分の症状や進行度、目的に合った薬かどうかを確認しましょう。
    目的にあった治療を行うために、治療方法を変更する際は、事前に医師に相談して適切な処置を取りましょう。

    AGA治療の効果が実感できない場合や副作用が気になる場合は医師に相談しましょう

    AGAは進行性の症状のため、完治は難しいです。治療をやめてしまう理由は個人によって様々ですが、治療をやめてしまうと髪の毛が元の状態に戻り、今までの治療が無駄になる可能性があります。そのため、薬の減量や変更などの方法でできるだけ継続することが大切です。

    AGAでお悩みの方はイースト駅前クリニックにご相談ください。イースト駅前クリニックでは、AGAの進行状況を検査可能なキットをご用意しています。AGAの前兆がある方、将来AGAになるか不安な方はイースト駅前クリニックへぜひ一度ご相談ください。

    1. AGAの症例

    Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

    Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

    [治療内容] 発毛治療

    [治療価格] 15,300円(税込)/月

    [この治療により起こる可能性がある副作用]

    ●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

    Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

    Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

    [治療内容] 発毛治療

    [治療価格] 15,300円(税込)/月

    [この治療により起こる可能性がある副作用]

    ●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

    Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

    Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

    [治療内容] 発毛治療

    [治療価格] 20,800円(税込)/月

    [この治療により起こる可能性がある副作用]

    ●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

    ザガーロ
    (デュタステリド)

    ザガーロジェネリック
    (デュタステリドジェネリック)

    ミノキシジル

    プロペシア
    (フィナステリド)

    プロペシアジェネリック
    (フィナステリドジェネリック)

    AGA


    AGA治療TOPへ

    クリニック一覧

    この記事の監修者

    栗林 正人

    プロフィール

    泌尿器科医として18年のキャリアを積む。通常のEDだけでなく、前立腺がんに伴うEDや骨盤手術によって引き起こされるEDなど幅広い治療実績を持つ。現在はイースト駅前クリニック金沢院で院長としてED治療に専心。金沢院はED問題への深い理解と治療への情熱が好評を博している。

    資格

    日本泌尿器科学会認定専門医

    所属学会

    日本泌尿器科学会

    イースト駅前クリニック所属医師

    イースト駅前クリニックの医師一覧

    当サイトの運営者情報はこちら

    運営者情報

    プロペシア
    (フィナステリド)

    1mg 7,400円(税抜)/28錠

    プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

    プロペシア1mg

    7,400円(税抜)/28錠

    プロペシアジェネリック
    (フィナステリドジェネリック)

    1mg 3,400円(税抜)/28錠

    プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

    プロペシアジェネリック1mg

    3,400円(税抜)/28錠

    ザガーロ
    (デュタステリド)

    0.5mg 9,500円(税抜)/30錠

    ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

    ザガーロ0.5mg

    9,500円(税抜)/30錠

    ザガーロジェネリック
    (デュタステリドジェネリック)

    0.5mg 6,300円(税抜)/30錠

    ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

    ザガーロジェネリック0.5mg

    6,300円(税抜)/30錠

    ミノキシジル

    5% 60mg 5,000円(税抜)

    頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

    ミノキシジル5% 60mg

    5,500円〜5,780円

    アロビックス

    ※クリニックにより、処方価格が変わります。

    アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

    アロビックス

    ABOUT

    AGAについてのよくあるお問合せ

    プロペシアの主な副作用はなんですか?

    国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

    プロペシアについて

    プロペシアの作用機序について教えてください。

    テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

    服用中に献血をしても問題ないですか?

    服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

    CONSULTATION

    初診WEB予約

    初診WEB予約

    • 当日予約も可能
    • 診察代0円
    • 事前問診票でさらに早くご案内
    • 最寄駅から徒歩1〜3分
    オンライン診療

    オンライン診療

    • 全国どこでも診察可能
    • 診察代0円
    • 通院時間・待ち時間0分
    • 自宅で薬が受け取れる
    お問合せ

    お問合せ

    気になること、治療内容など
    クリニックに関する
    お問い合わせはこちらから

    PAGE TOP

    サイト監修について

    当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

    < 監修 >
    札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:長浦 主税 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:秋田 和宏 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:横山 利光 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師高崎院院長:廣瀧慎太郎 医師大宮院院長:半田 譲 医師川越院院長:中野 智樹 医師柏院院長:管野 隆治 医師船橋院院長:植田 琢也 医師土浦院院長:石川 哲生 医師大田屋クリニック院長:佐藤 孝典 医師大田屋いまい泌尿器クリニック院長:今井 佑樹 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:石田 裕彦 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:植田 大樹 医師なんば院院長:東城 博雅 医師天王寺院院長:須見 善充 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師高松院院長:西原 修造 医師松山院院長:堤 圭右 医師あけぼのクリニック院長:門田 靜明 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
    ※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

    イースト駅前クリニック総合

    Copyright ©2008-2024 イースト駅前クリニック
    All Rights Reserved.