プロペシア

どれも同じ効果?フィナステリドを成分に持つ薬

最終更新日:

AGA(男性型脱毛症)の治療に有効な成分として知られる、フィナステリド。プロペシアやプロペシアジェネリックなどに配合されており、継続的に服用することでAGAの進行遅延や発毛の促進が期待できます。これらを服用するとなれば、どの薬を選ぶかによって得られる効果に差があるのかどうかが気になるという人も多いのではないでしょうか。今回は、フィナステリドを配合する薬についてご紹介します。

フィナステリドが配合されており国内で承認されている正規品であれば、同じ効果が得られる

フィナステリドを配合する薬の中でも代表的なものが、「プロペシア」です。内服タイプのAGA治療薬で、有効性が高く、クリニックなどの医療機関で医師の処方を受けた人のみ購入することができます。同じくフィナステリドを有効成分とする薬には、プロペシアジェネリックがあります。

これらはプロペシアと比較してリーズナブルに入手することが可能で、効果や副作用、飲み方はプロペシアと同じです。そのため、プロペシアジェネリックを服用しても効果が得られなかったからといってプロペシアを服用しても、ほとんど効果は得られません。その場合はフィナステリドが体質に合っていないと考え、医師の指示のもとミノキシジルやザガーロなどの治療薬に切り替える必要があります。

プロペシアだけじゃない!日本製プロペシアジェネリックの特徴

2014年にプロペシアの特許権が満了を迎えたのを皮切りに、国内の多くの製薬会社がフィナステリド配合のプロペシアジェネリックを製造・販売しています。以下、代表的な日本製プロペシアジェネリックを3つご紹介します。

・サワイ
沢井製薬により製造・販売されているフィナステリドで、0.2mgと1mgがあります。直径7.1mm、重量154mg、厚さ3.6mmの薄い赤色のフィルムコーティング錠です。

・ファイザー
ファイザー社により製造・販売されているフィナステリドで、0.2mgと1mgがあります。直径7.2mm、重量129mg、厚さ3.3mmの赤橙色のフィルムコーティング錠です。

・トーワ
東和薬品により製造・販売されているフィナステリドで、0.2mgと1mgがあります。直径7.1mm、重量150mg、厚さ3.4mmの薄い赤色のフィルムコーティング錠です。

上記のプロペシアジェネリックは1日1回1錠の服用が基本で、6ヶ月以上の連日投与により効果を発揮します。効果が期待できるのはAGAに対してのみで、定められた用量以上を飲んだからといって効果が増大することはありません。加えて女性の服用は禁止されており、男子胎児を妊娠中の女性が飲んだ場合、胎児の生殖器官の正常発育を妨げてしまう恐れがあるため注意してください。服用する他、成分との接触も禁止されています。

ネット通販・個人輸入代行で販売されている海外製のフィナステリドは危険

日本製プロペシアジェネリックよりもリーズナブルな薬が、海外製プロペシアジェネリックです。クリニックなどでプロペシアの処方を受ける場合と比較して、費用を10分の1程度まで抑えることができます。しかし一方で、安全面でのリスクの高さがデメリットとしてあげられます。海外製プロペシアジェネリックはクリニック、もしくはネット通販や個人輸入代行で入手することができますが、中には偽物も紛れているのが現状なのです。(※2)

例えば、海外製プロペシアジェネリックとしてインドのシプラ社の「フィンペシア」があります。プロペシアと同じくフィナステリドが配合されているため得られる効果は全く同じですが、入手した薬が偽物だった場合、効果が得られないばかりか重篤な副作用が現れる恐れもあります。フィンペシアには正規ルートが存在しておらず、正規品であると証明できるものも一切ありません。ネット通販で購入したものが偽物であるケースだけでなく、悪徳クリニックを受診することで知らずのうちに偽物を掴まされていたというケースも考えられるため、クリニックでプロペシアや日本製プロペシアジェネリックを処方してもらうことをおすすめします。

まとめ

代表的なAGA治療薬であるプロペシアをはじめ、日本製プロペシアジェネリックや海外製プロペシアジェネリックなど、フィナステリド配合の薬は多くあります。有効成分が同じであることから得られる効果も全く同じなので、費用面を重視する人はプロペシアジェネリックを処方してもらうことをおすすめします。ネット通販や個人輸入代行などで購入できる海外製プロペシアジェネリックには偽物も多く紛れているため、安全性を考慮するなら避けるのがおすすめです。フィナステリドを服用している人、これから服用を始める人は、薬の効果や種類についてよく知っておきましょう。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■プロペシアの基本情報

参考記事

1)PMDA プロペシア錠
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_08/

2)厚生労働省 医薬品等を海外から購入しようとされる方へ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html