AGA治療

【セルフで簡単】AGA検査キット|リスクを知る方法やメリットについて解説

最終更新日:

AGA治療を始める際、まずは検査で原因を明確にするところから始めます。原因を明確にすることで、状況にあった治療法を受けられるからです。しかし検査のために医療機関に行かなければいけないのは少し気が引けるかもしれません。実はセルフで簡単にAGA検査ができるのをご存じですか?今回はAGA検査の概要と、簡単にできる検査技術をご紹介します。

目次※知りたい情報をクリック

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

検査キットを用いたAGA検査

検査キットを用いたAGA検査であれば自宅で行えます。街のドラッグストアではAGA検査キットを取り扱っているところは少ないため、一般的にはインターネットでの取り寄せや、医療機関に相談することになるでしょう。口腔粘膜や髪の毛を採取し、遺伝子情報から将来AGAになる可能性があるかを検査できます。

(※1、2)

イースト駅前クリニックのAGA検査キット

    特徴

  • 唾液の採取は行わないため衛生的に実施できる
  • DHT値を測定することで、現状のAGAリスクを評価できる
  • 治療効果(治療薬の効果)の判定目安にできる

一般的なAGA検査の種類

ここでは、AGAクリニックで治療を行う際の検査について解説します。AGAクリニックで治療を行う際の検査は大きく分けて以下の2つです。

  • 血液を用いた遺伝子検査
  • 毛髪検査・問診

血液を用いた遺伝子検査

血液を用いた検査では、AGAが発症しやすい体質かどうかを調べられます。血液中から、AGAに関係する受容体である「アンドロゲンレセプター」を調査。遺伝子の塩基配列の長さを測ることで、DHTの影響を受けやすい体質なのかどうか調べます。またそれ以外にも、AGA治療を受けても問題ないか調べるために血液検査を行う場合があります。薬の成分を代謝する肝臓の機能が低下している場合には、AGA治療薬が使用できない場合もあるためです。

問診・毛髪検査

実際のクリニックでは、問診や毛髪検査によりAGAの可能性を判断します。AGAは進行性の脱毛症のため、比較的簡単な診断で済みますが、体質に個人差があるため他の脱毛症と混同に注意しなければなりません。そのため、このような鑑別診断が必要になります。

(※1、2)

AGA検査の意味

男性型脱毛症(AGA)AGA検査は体質によるAGA発症のリスクや治療の効果の目安を把握するために行います。あくまで可能性の話なので、検査結果が悪かったからといって必ずAGAを発症するという訳ではありません。しかしAGA治療を行う上で発症のリスクや効果の目安を知れるなど、傾向と対策を立てられるという点ではとても有効です。

検査は必要?AGAセルフチェックでリスクを確認

最近、抜け毛が増えたかもしれない」と思ったとき、それはAGAのサインかもしれません。AGAかどうかは以下の項目に答えることである程度推測できます。

  • 最近、額の面積が広くなった
  • 髪の毛のボリュームが減った
  • 髪の毛のコシ・ハリがなくなった
  • 抜け毛が増えた気がする
  • 頭頂部が薄くなった

当てはまる項目が多い場合にはAGAのリスクが高い可能性があります。治療を希望する場合には、脱毛症専門外来、AGA治療を専門に扱う皮膚科や、AGA専門クリニック等の医療機関を受診し、医師の診察を受けることをおすすめします。また治療までは考えていない方も、一度検査キットでご自身のAGAのリスクを測定してみてもいいかもしれません。

イースト駅前クリニックの毛髪検査の特徴

ひと昔前であれば、ホルモン量測定を行いリスクの確認に活かしていくことは研究者や医療関係者の助力が必要でした。
イースト駅前クリニックでご用意する検査キットは、こうした状況を打破しAGAリスクの測定を一般消費者にもできるようにした革新的な製品です。

また従来のホルモン量測定では、正確な検査を行うために50~100本程度の毛髪が必要でした。これはAGAを気にする方にとっては、強い不安を感じる数字でしょう。イースト駅前クリニックでご用意している検査キットは違います。髪の毛の採取本数を極限に減らした上で、AGAリスクの確認が行えるのです。

監修医のコメント

本検査キットがあれば自宅にいながら明確な診断結果を知ることができます。
セルフで毛髪を採取し、簡単にDHT値が把握できるだけでなく、結果に応じて治療をどうするかという選択の幅が広がります。
この検査キットの普及により、AGAに悩む人々の治療への障壁を和らげることを期待しています。

検査結果が出るまでの流れ

Step.1 取扱い説明書に従い、⽑髪を採取し、試料保存⽤袋へ保存。
Step.2 試料送付⽤封筒にて、採取した⽑髪を台紙に張り付け検査センターへ送付。
Step.3 検査センターにて対象者の⽑髪よりDHT量を測定。
Step.4 DHT量から対象者のAGAリスクをフィードバック。

検査を受けることで、AGAリスクがわかる!リスクがあれば、AGA治療を検討してみましょう

AGAの検査は、実際にクリニックで問診を受けるものから自宅で手軽に受けられる検査キットまで様々なものがあります。AGA検査の結果では、発症リスクや投薬時の効果目安を知れます。AGAの検査によって出た検索結果によって必ず発症するというわけではありませんが、治療を進めていく上で有益な情報になるでしょう。検査を行う際は、できるだけ正確な検査を受け、AGAに対し適切な治療方法を行うと良いでしょう。

AGA治療をスタートさせる第一歩として、今回ご紹介したAGA検査キットを試してみませんか?興味のある方はお気軽にイースト駅前クリニックへご相談ください。

参考URL

※1) あすか製薬株式会社、薄毛が気になる方に朗報!採取した毛髪からAGAリスクがわかる検査キットを開発
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000075078.html

※2) 日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

1. AGAの症例

ⅡV型 28歳 治療期間:7ヵ月

ⅡV型 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ型 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ型 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

ⅢV型 33歳 治療期間:7ヵ月

ⅢV型 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

イースト駅前クリニック所属医師

当サイトの運営者情報はこちら

プロペシア

1mg 28錠 8,200円〜

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

ザガーロ

0.5mg 30錠 10,500円〜

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。

ミノキシジル

5% 60ml 5,500円〜

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ミノキシジルとは、薄毛治療に用いる「発毛剤」として使用される薬剤です。様々な研究や調査を重ね、ミノキシジルが血管を拡げることで髪の毛のもととなる毛母細胞への血流をアップされることが分かりました。

AGAについてのよくあるお問合せ

  • プロペシアの主な副作用はなんですか?

    国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

    プロペシアについて

  • プロペシアの作用機序について教えてください。

    テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。
  • 服用中に献血をしても問題ないですか?

    服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:三田 浩一 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2021 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.