AGA 治療外来

AGA治療

メインビジュアル

ザガーロ

ザガーロジェネリック

ミノキシジル

プロペシア

プロペシアジェネリック

AGA


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

AGA治療

AGA治療は皮膚科でも受けられる?皮膚科とAGA専門クリニックの治療方法の違いとメリット・デメリット

最終更新日:

皮膚科でAGAの治療を受けられることを知り、皮膚科とAGA専門クリニックのどちらで治療を受けるのが良いのか悩まれる方は多いと思います。今回は、皮膚科とAGA専門クリニックにおける治療方法の違いやそれぞれで治療を受けるうえでのメリットとデメリットについて解説します。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

AGA(薄毛)治療は皮膚科でも可能?

基本的なAGA治療が可能です

基本的なAGA治療は、皮膚科でも可能です。AGAを診療するための指針となるガイドラインは、日本皮膚科学会が作成しています。「かかりつけの病院に相談したい」という方やAGA専門クリニックに通うことに抵抗がある」という方は、皮膚科を受診してみるのも良いでしょう。

(※1)

皮膚科でできるAGA(薄毛)治療について

皮膚科でできるAGA治療について
治療に使う薬剤 効果
プロペシア 薄毛の原因分子を抑え、抜け毛を防ぐ
ザガーロ
ミノキシジル 発毛を促し、抜け毛の進行を防止する

AGA治療では、薬物療法が基本となります。日本皮膚科学会の診療ガイドラインで、「推奨度A(最も薄毛治療に有効)」の評価を受けている医薬品は、プロペシア、ミノキシジル、ザガーロの3種類のみです。皮膚科では、これらの医薬品を用いた基本的な治療を行えます。
プロペシアのみを扱う皮膚科も多いため治療を行う前に確認をしておきましょう。

(※1)

皮膚科でAGA(薄毛)治療する場合のメリット

  • 病院数が多いため通いやすい
  • ガイドラインに沿った治療を受けられる

AGAの治療を受けるうえで、病院が生活圏内にあることや、信頼性の高い治療を受けられることは重要なポイントと言えるでしょう。皮膚科でのAGA治療は、これら2つのメリットがあります。

病院数が多いため通いやすい

厚生労働省による調査報告では、2020年における全国の医療施設数は、179,417施設(歯科診療所を含む)です。そして、そのうち3,054施設が皮膚科を設置していえる医療施設であると報告されています。皮膚科は病院数が多く生活圏内に多数あるため、通いやすいことがメリットとして挙げられます。

(※2,3)

ガイドラインに沿った治療を受けられる

AGA治療の指針となるガイドラインは日本皮膚科学会が作成しています。学会が作成する診療ガイドラインは、日本において最も標準的であり最善な診療指針であると言えます。したがって、皮膚科ではどの院でも同様のAGA治療を受けることができます。

皮膚科でAGA(薄毛)治療する場合のデメリット

  • 治療実績が少なく専門性が低い場合がある
  • 治療法の選択肢が少ない
  • 受付での申告や待ち時間が発生する場合がある

皮膚科では、様々な皮膚疾患の診療を行います。したがって、AGA治療においては実績が少ない病院・クリニックでは、AGAの診断や治療を十分に行えない可能性もあります。

治療実績が少なく専門性が低い場合がある

皮膚科の多くはAGAよりも湿疹やかゆみ、アトピー性皮膚炎などの病気を主に診療しています。そのため、AGA診療に対する専門性が低い傾向にあります。AGA専門クリニックでは、頭皮の状態や、髪の毛の長さ、太さ、密度などを視診で確認します。とても専門性が高い診察となりますので、皮膚科の医師が、頭髪について専門的な知識を持っていない可能性は十分にあるでしょう。より専門性の高いAGA診療を受けたい場合は、通院しようとしている皮膚科の病院の医師が、AGAについて専門的な知識を持っているのかどうかを確認する必要があるでしょう。

治療法の選択肢が少ない

皮膚科でAGAの治療を受ける際は、薬物療法が主体となり、治療の選択肢が少ないという特徴があります。皮膚科に通うメリットとして、通いやすさやガイドラインに沿った治療が受けられる点が挙げられます。しかし発毛効果を促すのではなく、これ以上薄毛が進行しないように現状を維持することを目標にした治療が中心になることもあります。
また、専門のクリニックと比べAGA薬の処方数が少ないため、1か月あたりの価格が高くなることがあります。
6か月など長期間の治療が必要なAGA治療においては大きな出費に繋がるため、費用なども調べてから治療するクリニックを選ぶことが大切です。

イースト駅前クリニックでは、初診・再診0円でAGA治療を提供しています。お薬代のみの負担のため、安心して継続的にご来院いただけます。薄毛・抜け毛に不安を抱えている場合には、一度イースト駅前クリニックにご相談ください。

受付での申告や待ち時間が発生する場合がある

皮膚科は、皮膚に関する多くの疾患を診察していることから、診察を受ける際に、受付でAGAの治療を受けにきたことを伝える必要があります。AGAや薄毛は病気の1つであり、恥ずかしいことではありませんが、口頭で言うのは恥ずかしい方もいるのは当然です。受付に伝えることに抵抗を感じる方や、どのように伝えたら良いか悩む方もいるでしょう。
また、皮膚科は多くの疾患を診療しています。そのため、待合室には患者さんが多く、その分待ち時間も発生します。

イースト駅前クリニックでは、ご来院後およそ10〜20分程度で、待ち時間少なく処方可能です。

AGA専門クリニックと皮膚科の違いとは

特徴 向いている人
AGA専門クリニック AGA専門の医療機関であり、発毛治療を受けることができる。
  • 元の健康的な毛髪を取り戻したい
  • 短期間で効果を出して欲しい
  • 自分に合ったオーダーメイドの治療をして欲しい
皮膚科 AGA専門の医療機関ではないが、薄毛の進行を抑えるための基本的な治療を受けることができる。
  • 現状維持でいい
  • 治療は最低限で良い
  • 生活圏にある病院・クリニックが良い

皮膚科

皮膚科は、AGA治療の医薬品を置いていても種類が少なかったり、AGAの診療経験が少なかったりする可能性があります。また、皮膚科では、これ以上薄毛が進行しないように現状維持する治療が中心となり、発毛効果をすぐに期待するのは難しいでしょう。

AGA専門クリニック

AGA専門クリニックでは、医薬品の処方以外にも患者さんを診察したうえで、一人ひとりに合った治療方法を行います。一般の病院と比較して、AGA専門の医師による細やかな診療を行えることや、実績・経験に基づいた治療を行えることも特徴として挙げられます。

AGA(薄毛)治療において病院は何科に行くのが正解?選ぶ際のポイント

様々な選択肢のあるAGA専門クリニックで受診するのがおすすめです

AGAの治療には、長期間を要することもあります。したがって、長期間継続して通院することを踏まえて病院・クリニックを選択することも大切です。長期間継続して通院するうえでは、治療費やモチベーションが重要となります。AGA治療を行う場合には、以下のポイントを踏まえた上で、選ぶと良いでしょう。

治療費

皮膚科での治療は医療費が安いと思っている方もいるかもしれません。しかしながら、AGA診療は、どこの医療機関を受診しても基本的には自費診療になります。専門クリニックと違いAGA治療薬の処方数が少ない皮膚科ではAGA治療薬の価格が高くなることがあるため、長期間の治療が必要となるAGA治療においては、価格などは確認してから治療を始めることが大切です。

イースト駅前クリニックでは、初診・再診0円でAGA治療を提供しています。お薬代のみの負担のため、安心して継続的にご来院いただけます。薄毛・抜け毛に不安を抱えている場合には、一度イースト駅前クリニックにご相談ください。

通院のモチベーション

どのような要因が通院のモチベーションの維持に影響するのかは、人によって異なります。結果を得ることに対してモチベーションを持っている方もいれば、治療費が安く済むことでモチベーションが上がる方もいるでしょう。その他、通院する病院・クリニックに、信頼できて何でも話せる雰囲気のスタッフがいるかどうかもモチベーションに影響するでしょう。皮膚科とAGA専門クリニックのどちらを選択するかを考えるうえで、自分にとって「モチベーションを長期間維持できる」と思える病院・クリニックを選択することが大切です。

自分に合った病院・クリニックを選択することが重要

皮膚科では基本的なAGA治療を受けることができますが、実績が少ないため十分な診断・治療ができない可能性もあります。一方、AGA専門クリニックでは、毛髪に関する専門的な知識やAGA治療に対する経験が豊富な医師が診察します。そのため、AGA治療に対する選択肢も皮膚科より多く持っています。これからAGA治療を受ける方は、自分に合う病院・クリニックを選択して、治療を受けましょう。

イースト駅前クリニックはAGA治療を行うクリニックです。AGA治療を検討している方はお気軽にイースト駅前クリニックへご相談ください。

お近くのAGA治療専門クリニックを探す

参考URL

※1)日本皮膚科学会ガイドライン、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf
※2)厚生労働省、令和2(2020)年医療施設(静態・動態)調査(確定数)・病院報告の概況
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/20/dl/02sisetu02.pdf
※3)厚生労働省、令和元(2019)年 医療施設(動態)調査・病院報告の概況
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/19/dl/09gaikyo01.pdf

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

ザガーロ

ザガーロジェネリック

ミノキシジル

プロペシア

プロペシアジェネリック

AGA


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア

1mg 8,200円円/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

8,200円/28錠

プロペシアジェネリック

1mg 3,800円〜4,700円/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,800円~4,700円/28錠

ザガーロ

0.5mg 10,500円〜11,500円/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

10,500円~11,500円/30錠

ザガーロジェネリック

0.5mg 7,000円〜7,800/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

7,000円~7,800円/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,500円〜5,780円

※クリニックにより、処方価格が変わります。

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円〜5,780円

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師土浦院院長:石川 哲生 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:春日井 震 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.