AGAコラム

喫煙は薄毛に関係あるorない?タバコを巡る薄毛・抜け毛の原因と治療の対策

最終更新日:

喫煙は様々な病気の原因であるだけでなく、薄毛にも影響することをご存知ですか?特にタバコを吸っている人は気になる薄毛と喫煙の関係。今回は、喫煙と薄毛の関係性やおすすめの禁煙法、その他の薄毛につながる生活習慣など、薄毛が気になる方に役立つ情報をご紹介します。

目次※知りたい情報をクリック

喫煙と薄毛に因果関係はあるのか

「百害あって一利なし」とよく言われる喫煙。肺癌をはじめ、ほとんどのがんの原因につながること、その他多数の疾病の発症リスクを高めることなど、喫煙が健康に悪影響を及ぼすことは言うまでもありません。

一見、関係のないように思われがちですが、喫煙は薄毛にも影響します。薄毛の原因は様々ですが、その中でも喫煙は自分で改善できる1つの要因です。

喫煙が薄毛を引き起こすメカニズム

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため、全身の血の巡りを悪くします。喫煙による頭皮・頭髪への影響は具体的に言うと、血行という面です。喫煙により血行不良に陥ると、当然頭皮への血の巡りも悪くなります。

髪の毛は、根元にある「毛球」と呼ばれる部分に毛細血管が通っており、そこから血液を通して、栄養を補給し、成長していくというプロセスです。しかし、喫煙によって血行が悪くなると、髪の毛への栄養が十分に行き届かなくなり、成長を阻害されてしまうのです。 (※1)

喫煙による薄毛を軽減するための禁煙方法

禁煙ができれば、髪の毛の成長にも、体の健康のためにも良いということは言うまでもありません。しかし、ニコチンのもつ依存性のせいで、「禁煙したい」と強く思う人にも困難なものです。薄毛の不安を抱え、禁煙を検討している方は、以下の方法と注意点を参考にしてみましょう。

・ガムや飴で紛らわせる
・タバコを吸える場所を避ける
・タバコ以外の気分転換の方法を考える

特に注意すべき副作用

ザガーロの重大な副作用として特に注意すべきなのは肝機能障害です。しかし、肝機能障害は自覚症状がでにくいこともあります。服用を開始して、目や皮膚が黄色っぽくなった(黄疸)、だるさ、食欲不振、吐き気などの症状が現れた場合はできるだけ早く病院に相談しましょう。

ガムや飴で紛らわせる

「タバコを吸いたい」という気分を紛らわせるために、ガムや飴を口に含むのは効果的です。一般的なガムとは異なる、禁煙補助薬としてのガムも市販されています。安価で手軽にできる方法ですので、一度取り入れてみてはいかがでしょうか。

タバコを吸える場所を避ける

人が吸っている姿を見ると、つい自分も吸いたくなるのは、禁煙中に限りません。しかし、禁煙を始めて間もない頃は、その欲求がさらに強くなるでしょう。喫煙可能な場所をできるだけ避けて、タバコを吸っている人や煙のにおいに近付かないように意識することは大切です。

タバコ以外の気分転換の方法を考える

手持ち無沙汰になった時や、忙しい仕事の合間の息抜きとして、喫煙は習慣化しがちです。喫煙に代わる気分転換の方法を見つけると良いでしょう。また、運動習慣を身に付けるために、スポーツやアウトドアの趣味などを新たに始めてみるのもおすすめです。

禁煙による過度なストレスにも注意が必要

薄毛が気になり出して、禁煙を志すことは非常に良いことです。一方で喫煙歴が長いと、脳がタバコに依存しているため、禁煙による離脱症状が起きるケースがあります。「禁煙しなければ」という強い意識と「吸いたい」という欲求との葛藤が、イライラや集中力の低下を引き起こすのです。また、眠気や不眠などを経験する人もいます。

こうした禁煙によるストレスが大きすぎると、かえって、そのストレスが薄毛の原因になりかねません。まずは焦らずに、段階的に禁煙していくつもりで始めてみてはいかがでしょうか。いきなり全く吸わない、ということが難しければ、本数を減らすこと始めるだけでも十分です。

喫煙以外で薄毛につながる生活習慣

薄毛の原因は様々です。喫煙以外にも、生活習慣の中で薄毛につながるものはいくつかあり、代表的なものを以下にまとめました。自身の日々の過ごし方を振り返って、心当たりのある方は気を付けましょう。

・栄養の偏った食習慣
・睡眠不足
・過度な飲酒
・運動不足

栄養の偏った食習慣

食生活が乱れることで、髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなることも考えられます。特に脂分の多い食べ物や、カロリーの高い食べ物に偏らないよう注意しましょう。脂分の多い食べ物を摂取しすぎると、皮脂の過剰分泌、ひいては頭皮環境の悪化につながります。

健康な髪の毛をつくる上で重要な栄養素は、タンパク質、タンパク質を合成する亜鉛、髪の毛の成長を促すビタミン類など。その中で、栄養バランスに気を遣っていても、不足しがちなのが亜鉛です。普段の食事で摂りきれない栄養素に関しては、市販のサプリメントなどを取り入れるのも効果的でしょう。

睡眠不足

人の体は、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって疲労が回復されます。髪の毛が成長するのも睡眠中です。成長ホルモンには、細胞を増やし、代謝を促進させ、皮膚や筋肉を育て、メンテナンスをする働きがあります。髪の毛も、この成長ホルモンの分泌によって育つのです。

そのため、健康な髪の毛を生やすには、質の高い睡眠をとることが大切です。入眠後2時間程度で訪れる最初のノンレム睡眠には、成長ホルモンの量が特に多いと言われています。何度も目が覚めてしまうような睡眠や、ごく短時間の睡眠ではなく、十分な時間をかけて熟睡することが必要です。

過度な飲酒

お酒を飲み、アルコールが体内で分解される際、アセトアルデヒドという物質が生成されます。このアセトアルデヒドの分解に必要となるのが、髪の毛の成長に欠かせないアミノ酸やビタミンB、亜鉛などです。本来は髪の毛に必要な栄養が、過度な飲酒によって失われてしまうことがあります。

しかし、適度な飲酒であれば、血の巡りを良くし、ストレスの解消にも役立つと言われています。お酒が好きな方がいきなり禁酒を決意して我慢すると、かえってストレスが大きくなり、逆効果となりかねません。飲みすぎないように、量を調整できるように心がけましょう。 (※2)

運動不足

運動不足は多くの人に当てはまる課題ではないでしょうか。運動不足により、体力や筋力が低下し、肩や腰、膝などの関節が凝り固まると、体全体に血行不良を招きやすくなります。血行の状態が髪の毛に成長・育成にとって重要なポイントということを考えると、運動不足も薄毛の原因と言ってよいでしょう。

全身の血行を良くするためには、心肺機能や新陳代謝の改善が重要です。おすすめはジョギングやサイクリングなどの有酸素運動です。小さなところから、エスカレーターではなく階段、タクシーではなく歩く、などの意識をもつだけでも違ってきます。

喫煙は薄毛の原因に!AGAかな?と思ったら気軽にクリニックへ

喫煙が薄毛の原因となる理由や、その他の薄毛につながる原因についてご紹介しました。喫煙は、健康を害することはもちろん、その害は髪の毛にも関わってきます。喫煙のほかにも、偏った食生活や睡眠不足、運動不足など、薄毛の原因は様々です。こうした生活習慣の改善が、同時に薄毛の対策につながることは間違いありません。

また、薄毛が気になっている方は、まず気軽にクリニックを受診して、その原因や対策について、専門家のアドバイスを受けるのもおすすめです。

参考URL

※1)一般社団法人 日本循環器学会 禁煙推進委員会、喫煙の健康影響・禁煙の効果
http://www.j-circ.or.jp/kinen/iryokankei/eikyo.html
※2)アデランス、飲みすぎは抜け毛のもと!アルコール・飲酒による抜け毛のしくみ
https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/usugeno_taisaku/drinking_too_much/

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。