メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
AGAを改善するために、運動や喫煙との関係性を考える

AGAについて

AGAを改善するために、運動や喫煙との関係性を考える

AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症であることから、放っておくとどんどん症状が悪化していきます。AGAを進行させないためには、早期に改善を図る必要があります。
AGAの発症にはさまざまな要因が関係しており、その中には運動や喫煙も含まれています。運動や喫煙の状況次第では、AGAの発症や悪化のリスクが高まるのです。以下では、AGAと運動や喫煙の関係性についてご紹介します。

血行不良を改善することでAGAも改善!

2walking-1694137_1920運動は、AGAの改善に効果的であると考えられています。その理由としては、血行不良の改善があげられます。

体内に取り入れられた栄養素や酸素は、血管内を流れる血液によって全身に運ばれます。健康な人であれば血液の流れはスムーズですが、ストレスや自律神経の乱れなどによって血管が収縮したり、水分不足や特定の栄養素の摂りすぎなどによって血液がドロドロになっていたりすると、血液の流れが滞って栄養素や酸素がうまく全身に回らなくなります。これが、血行不良の状態です。

血行不良が頭皮で発生した場合、毛髪をつくる毛母細胞に必要な栄養素が効率的に届けられなくなり、強くてしっかりとした毛髪が育たなくなります。その結果、新たに生まれてくる毛髪は弱く細いものとなり、薄毛や抜け毛の原因となるのです。

上述したように、血行不良は薄毛や抜け毛を引き起こします。これを予防する方法のひとつが、運動なのです。運動することで、筋肉の収縮が促されます。筋肉が収縮すると血液の流れがスムーズになるため、血行不良を解消することができ、薄毛や抜け毛を改善することができます。

また、運動には血流改善だけでなく、身体や脳の働きを活性化させる効果もあります。これによって心肺機能の強化や免疫機能の強化、ストレスの解消といった効果が得られ、薄毛や抜け毛になりにくい健康的な身体づくりができます。

AGAを改善するための運動は、アスリートが行うような激しいものである必要はありません。ジョギングやウォーキングといった比較的軽度な運動や、日常的に歩く時間を増やすといったものでも効果を実感することができます。AGAを改善するためには運動の強度よりも、続けることが大切です。

喫煙には大きなAGAリスクが!

3cigarette-110849_1280前項でもご紹介したように、血行不良は薄毛や抜け毛を引き起こす大きな要因となっています。その血行不良を引き起こす生活習慣のひとつに、喫煙があります。

タバコの主成分であるニコチンは、興奮剤の一種です。タバコを1本吸うと脈拍が20回早まるともいわれており、これによって血圧が上昇します。血圧が上昇すると動脈硬化が促進され、血行不良が引き起こされます。また、タバコには毛細血管を収縮させる作用もあり、これも血行不良に影響を与えます。

喫煙は血行不良を起こすだけでなく、大量のビタミンCを消費することもAGAにとって悪影響であるといえます。ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける栄養素であり、血管や頭皮の健康を保つのに必要なものです。これが大量に失われることで、薄毛や抜け毛を悪化させる恐れがあります。

さらに、こうしたことから、AGAを改善するには喫煙をやめることも大切なのです。

AGAの改善には生活習慣の見直しが大切

今回ご紹介したように、運動と喫煙はその状況次第でAGAに大きな影響を与えます。適度な運動を継続し、禁煙をしていれば、AGAになるリスクを低くすることができます。また、バランスのよい食生活や定期的なストレスの解消なども、AGAを改善するためには重要なポイントです。こうしたことから、AGAの改善には生活習慣の見直しが大事であるといえます。

AGAにはいくつか治療薬がありますが、これらはあくまでも症状に対して効果がある薬であり、根本的な原因を解決できるわけではありません。AGAを改善するためには薬などによって症状にアプローチしながら、生活習慣の見直しによって根本的な改善を目指すことが大切なのです。

まとめ

AGAの原因のひとつである血行不良は、適度な運動を続けることで改善することができます。また、喫煙はAGAのリスクを高めるため、AGAを改善するには極力タバコを吸わないことが大切です。生活習慣の見直しを行うことで、AGAの根本的な改善を目指すことができます。

一覧へ

AGAについて