AGAコラム

AGAは治らない?完治するか否か、治療薬をやめることができない理由を解説

最終更新日:

AGAが治らないというのは本当のことでしょうか?治らないのに治療する意味はあるのかと疑問に思う方も多いかもしれません。今回はそんな疑問や気になるAGA治療薬をやめてはいけない理由についてご紹介します。

目次※知りたい情報をクリック

そもそもAGAは完治するのか?

そもそもAGAは完治するのでしょうか?結論をいうとAGAは進行性の病気で完治はしません。AGAの代表的な治療法は、治療薬を服用し脱毛を抑止、AGAの進行を止めることです。そのため治療をやめるとまた脱毛が進行し始めてしまいます。 (※1)

AGAが治らない理由を治療薬のメカニズムから解説

AGA治療は早期に、そして継続的な服用が必要です。やめると効果がなくなってしまいます。ではそれぞれの治療薬がどのようにAGAに作用しているのかをみていきましょう。 (※1)

フィナステリドやデュタステリドの役目

AGA治療薬の主な成分にフィナステリドやデュタステリドがあります。これらの成分は、男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)にする働きのある5α-還元酵素の働きを抑制する効果があります。

治療薬が体内で有効に働いている間は、DHT(ジヒドロテストステロン)が過剰にできないので脱毛を抑制することができます。 (※1)

ミノキシジルの役目

AGA治療薬の主な成分の1つであるミノキシジルには、毛が生えてくる毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進する効果があります。その結果、ミノキシジルはAGAでヘアサイクルが変化し、小さくミニチュア化した毛包を成長させることで細く軟毛化した毛髪を太い毛に成長させます。

上記の成分と同様にミノキシジルの効果も一時的で治療をやめると継続しません。AGAの症状が緩和されているだけなので中断しないようにしなければなりません。 (※2)

AGA治療薬別、使用をやめるとどうなる?

AGA治療薬別 中止後の効果
使用中止後の効果 最低継続期間
フィナステリド(プロペシア) 効果消失 6カ月
デュタステリド(ザガーロ) 不明
ミノキシジル(リアップ) 効果消失

AGA治療薬の効果が出るまでに必要な最低継続期間と使用中止後の効果をまとめました。AGA治療では、効果が出るまでに少なくとも6カ月という長い期間がかかります。そのため、効果が現れたからといって中断せず、治療を継続しなければなりません。

基本的に使用をやめると効果は失われ、脱毛がまた進行し始めます。なお、デュタステリドについては臨床結果がないため使用中止後の毛髪変化は不明です。 (※1、3、4、5、6)

完治させることはないが有効な手段であるAGA治療薬の魅力

AGAは残念ながら完治させられない病気です。しかし、AGAの治療には薬の服用が欠かせません。AGA治療薬の確かな効果・魅力をみていきましょう。

フィナステリドの魅力

フィナステリドはAGA診療ガイドラインにおいて、治療の推奨度、最高ランクのAを獲得しています。加えて、フィナステリドの魅力は、使用を長期間継続することでAGA改善率が徐々に上がっていくことです。

ガイドラインによると、フィナステリド(1mg/日)を用いたAGAの男性を対象とした観察期間48週間の比較試験結果での改善効果は全体の58%でした。しかし、引き続き1mg/日投与を継続した比較試験の結果では、2年間で68%、3年間で78%と改善率は増加しています。

なお、治療薬は長く使い続けると効果が徐々に薄れていく場合があり、フィナステリドにもそのような報告はあります。しかし、日本人の場合では3~4年経過しても改善効果があるという調査結果があり、継続することでさらに効果が期待できます。 (※7)

デュタステリドの魅力

デュタステリドの魅力は、上述のフィナステリドと同様の働きで脱毛の進行を抑制できることです。デュタステリドには高い水準の根拠があると評価されており、国際臨床試験ではフィナステリドよりも頭頂部で0.14、前頭部で0.24ポイント高い評価結果が残っています。前述のAGA診療ガイドラインでも推奨度はフィナステリドと同様に最も高いAランクに認定されています。

デュタステリドとフィナステリドの違いは効果の範囲にあります。テストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)にする働きのある5α-還元酵素には、I型とII型がありますが、フィナステリドは、II型のみの5α-還元酵素の働きしか妨げません。一方のデュタステリドは両者に対して作用します。そのためフィナステリドで効果を実感できない方でも薄毛予防効果が期待できる治療薬です。 (※1)

AGAは完治しない!ただ治療を継続することで初めて効果を実感できる

AGAは完治しない病気です。治療を中断すれば再び脱毛は進行してしまいます。しかし治らないからといって、AGA治療薬に意味がないわけではありません。今回ご紹介した治療薬には確かな効果があると臨床的に実証されています。

継続的な治療が必要なAGA、確かな効果を実感するためにも医師による診療や指導は欠かせません。イースト駅前クリニックではスタッフを男性のみとし、悩みを打ち明けやすい環境を整えています。AGAに悩んだらぜひお気軽に相談してみてください。

参考URL

※1)日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf
※2)大正製薬、ミノキシジルの作用と効果データ
https://brand.taisho.co.jp/riup/minoxidil/
※3)大正製薬、ミノキシジルの使用期間
https://brand.taisho.co.jp/riup/minoxidil/07-term/
※4)MSD、プロペシア添付書
https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf
※5)グラクソ・スミスクライン株式会社、ザガーロ添付書
https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/340278_249900AM1023_1_05
※6)日本ジェネリック株式会社、ミノキシジル添付書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/otc/PDF/J1801000183_01_A.pdf
※7)北里大学大学院医療系研究科、日本人の男性型脱毛症に対するフィナステリド長期投与の801例調査
https://kitasato.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=80&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1