AGAコラム

AGAの原因である5αリダクターゼ。Ⅰ型とⅡ型の違いって?

最終更新日:

AGAの大きな原因であるジヒドロテストステロン(以下DHT)。その生成に強い影響を及ぼしているのが5αリダクターゼと呼ばれる酵素です。
本来、骨や筋肉、精子の生産を補助し、男性の体づくりには欠かせないテストステロン。しかしその有益なテストステロンも5αリダクターゼという酵素によって変換されるとDHTという髪の毛の成長を阻害するいわゆる「AGA原因物質」となってしまうのです。
5αリダクターゼは、Ⅰ型とⅡ型の2種類に分類され、それぞれが異なる影響をもたらします。今回はその違いについて簡単にご紹介します。

Ⅰ型とⅡ型は、分泌場所が違う

5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の違いは、その分泌場所にあります。

5αリダクターゼⅠ型は皮膚の内部にある皮脂腺に多く存在する酵素です(※1)

一方、毛乳頭に多く存在し、体毛や髭の生成に影響があるとされているのが5αリダクターゼⅡ型と言われています。この型の分泌が多いとされる前頭部や頭頂部でのAGAの進行が進んでいる場合は、5αリダクターゼⅡ型の影響を受けている可能性が高いといえます(※1)

5αリダクターゼとDHTそして脱毛TGF-β1からの「脱毛指令」

男性ホルモンであるテストステロンと、代謝酵素と言われている5αリダクターゼ(※2)。このふたつが結びつくことで、より強力な男性ホルモン・DHTが生成されます。最近の知見では、このDHTが直接毛乳頭細胞に働きかけるのではなく、毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と合体することによって、脱毛因子であるTGF-β1に伝達され「脱毛指令」が出ることになります(※2)。この「脱毛指令」が結果的に「ヘアサイクル」と呼ばれる髪の毛が成長する周期を乱すことにつながるのです。「ヘアサイクル」が乱れることで、髪の毛の成長期間が短くなり、成長しきる前に抜けてしまい、AGAと呼ばれる状態に至ります。(下記図参照)

なお、5αリダクターゼは遺伝によって分泌量が決まるといわれ、分泌量が少なければ少ないほどAGAになりにくい傾向があると言われています(※3)

①

5αリダクターゼの分泌を抑制するためには

5αリダクターゼⅠ型が生成するDHTよりも、5αリダクターゼⅡ型が作り出すDHTのほうが、AGAに対して強い影響力を持つと考えられています。その抑制に効果があるとされているノコギリヤシなどの食品や、亜鉛などのサプリメントも存在していますが、より直接的かつ効果的にAGAの治療を行うという意味では、やはり臨床試験を実施しエビデンスのある薬物療法のほうが期待できるといえます(※3,4)

AGAの治療に用いられる薬

これまでAGAの進行を抑える治療としては、5αリダクターゼⅡ型を阻害するメルク社が開発したフィナステリドを含有する治療薬が使われることがありました。一例として、一般的な知名度も高いプロペシア®があげられます。

ただし、前述したようにAGAを改善するためには、5αリダクターゼⅠ型への対処も行ったほうが良い場合もあります。そこで5αリダクターゼⅠ型へ対処をするものが、2016年より処方が可能になったグラクソ・スミスクライン(GSK)社のザガーロ®です。ザガーロ®の主成分デュタステリドは、5αリダクターゼⅡ型はもちろん、5αリダクターゼⅠ型の抑制にも効果があるとされています(※5)

まとめ

AGAの進行を促進する酵素・5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在します。それらが男性ホルモン・テストステロンと結合することで生まれるDHTが、ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と合体するとTGF-β1という「脱毛指令」が出て、髪の毛の成長が停滞します。AGAを引き起こす5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害する治療薬にはプロペシア®がありますが、5αリダクターゼⅠ型の働きも併せて阻害するザガーロ®もあります(※3,4)。投薬治療に際しては状況に応じて医師の指導のもと、II型を阻害するプロペシア®だけでなく、2種類の5αリダクターゼを抑制するザガーロの使用を視野に入れてみても良いかもしれません。

 

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■知っておこう!男性ホルモンで薄毛になる場合?

 

参照記事

※1)国立研究開発法人科学技術振興機構、男性型脱毛症治療の現状と今後の展望
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf

※2)Shigeki Inui et al, Identification of Androgen-Inducible TGF-β1 Derived from Dermal Papilla Cells as a Key Mediator in Androgenetic Alopecia, J. Invest Dermatol, Vol8, Issue 1, June 2003, Pages 69-71 https://doi.org/10.1046/j.1523-1747.2003.12174.x

※3)国立研究開発法人科学技術振興機構、男性における男性型脱毛症用薬5α-還元酵素II型阻害薬フィナステリド(プロペシア ® 錠 0.2 mg・1 mg)の薬理学的特性と臨床効果
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/127/6/127_6_495/_pdf

※4)男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※5)グラクソ・スミスクライン、ザガーロ添付文書
https://www.healthgsk.jp/content/dam/global/hcpportal/ja_JP/products-info/zagallo/zagallo.pdf

この記事の監修者

加藤 淳の写真
加藤 淳の写真

加藤 淳

防衛医科大学校卒業, 防衛医大附属病院・共済組合三宿病院, 海宝胃腸科外科病院, 札幌いしやま直腸肛門科病院, Epworth Hospital, Melbourne, Australia, 大藤内科外科診療所・北診療所, 外資系製薬企業医師, イースト駅前クリニック新橋院 院長就任