メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
AGAの原因である5αリダクターゼ。Ⅰ型とⅡ型の違いって?

AGAについて

AGAの原因である5αリダクターゼ。Ⅰ型とⅡ型の違いって?

AGAの大きな原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)。その生成に強い影響を及ぼしているのが5αリダクターゼと呼ばれる酵素です。
本来、骨や筋肉、精子の生産を補助し、男性の体づくりには欠かせないテストステロン。しかしその有益なテストステロンも5αリダクターゼという酵素と合体することにより、髪の毛の成長を阻害する原因となってしまうのです。

5αリダクターゼは、Ⅰ型とⅡ型の2種類に分類され、それぞれが異なる影響をもたらします。今回はその違いについてご紹介します。

Ⅰ型とⅡ型は、分泌場所が違う

5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の違いは、その分泌場所にあります。

5αリダクターゼⅠ型は皮膚の内部にある皮脂腺に多く存在する酵素です。本来は皮膚や毛髪の表面の保護や保湿を行う役割を果たしている皮脂ですが、5αリダクターゼⅠ型が過剰に分泌されることによって皮脂量も増え、脂っぽい肌になってしまいます。皮脂が増えることで、毛髪の発育が阻害されて薄毛が悪化していくことになります。

一方、毛乳頭に多く存在し、体毛や髭の生成を促進させるのが5αリダクターゼⅡ型です。この型の分泌が多いとされる前頭部や頭頂部でのAGAの進行が進んでいる場合は、5αリダクターゼⅡ型の影響を受けている可能性が高いといえます。

5αリダクターゼとAGA

2男性ホルモンであるテストステロンの働きを促進する役割を担う5αリダクターゼ。このふたつが結びつくことで、より強力な男性ホルモン・DHTが生成されます。DHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と合体することによって、「ヘアサイクル」と呼ばれる髪の毛が成長する周期を乱すことにつながるのです。「ヘアサイクル」が乱れることで、髪の毛の成長期間が短くなり、成長しきる前に抜けてしまい、AGAと呼ばれる状態に至ります。

なお、5αリダクターゼは遺伝によって分泌量が決まるといわれ、少なければ少ないほどAGAになりにくい傾向があります。

5αリダクターゼの分泌を抑制するためには

5αリダクターゼⅠ型が生成するDHTよりも、5αリダクターゼⅡ型が作り出すDHTのほうが、AGAに対して強い影響力を持つと考えられています。その抑制に効果があるとされているノコギリヤシなどの食品や、亜鉛などのサプリメントも存在していますが、より直接的かつ効果的にAGAの治療を行うという意味では、やはり投薬治療のほうが期待できるといえます。

AGAの治療に用いられる薬

これまでAGAの治療に際しては、5αリダクターゼⅡ型を阻害するメルク社が開発したフィナステリドを含有する治療薬が高い人気を誇っていました。一例として、一般的な知名度も高いプロペシアがあげられます。

ただし、AGAを改善するためには、5αリダクターゼⅠ型への対処も欠かせません。髪の毛の健全な発育のためには、皮脂の分泌を抑制して頭皮の環境を整える必要があるからです。

そこで話題を集めているのが、2016年より処方が可能になったザガーロです。ザガーロの主成分デュタステリドは、5αリダクターゼⅡ型はもちろん、5αリダクターゼⅠ型の抑制にも効果があるとされています。

この新薬はⅠ型、Ⅱ型両方の5αリダクターゼに効果があることから、AGAだけでなく、男性の悩みを解決する新たな手段として注目されています。

まとめ

AGAの進行を促進する酵素・5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在します。それらが男性ホルモン・テストステロンと結合することで生まれるDHTがホルモン受容体と合体すると髪の毛の成長が停滞します。AGAに対しては5αリダクターゼⅡ型がより強い影響をもたらしますが、AGAの進行を食い止めるためにはⅠ型、Ⅱ型ともに対処する必要があります。投薬治療に際しては、2種類の5αリダクターゼを抑制する新薬・ザガーロの使用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

一覧へ

AGAについて