レビトラ

レビトラの値段はどれくらい?ジェネリックの価格帯や個人輸入の危険性も合わせて解説

最終更新日:

レビトラは、ED治療薬として広く用いられています。しかし、購入を検討しているけれど、値段が気なるという方も多いのではないでしょうか。今回はレビトラの価格と他のED治療薬の価格を比較してご紹介し、レビトラジェネリックや個人輸入とその注意点についても解説します。

目次※知りたい情報をクリック

レビトラの値段はどれくらい?

まずはレビトラの1錠あたりの値段について見てみましょう。一般的によく服用されるレビトラには10mgと20mgとがあり、容量の違いから、値段も異なります。

治療薬 用量 参考価格
レビトラ 10mg
20mg
1,500円/1錠
2,000円/1錠

加えて、医療機関で診療を受けると診察費もかかるのが一般的です。診療費の目安はおおよそ次の通りです。

・初診料:3,000円~4,500円
・再診料:1,500円~2,000円

診察にかかる費用は治療薬とは別にかかるケースが多いですが、イースト駅前クリニックではED治療薬の処方がない場合を除いて診療費はかかりません。

レビトラと他のED治療薬との比較表

治療薬 用量 参考価格
レビトラ 10mg
20mg
1,500円/1錠
2,000円/1錠
バイアグラ 50mg 1,500円/1錠
シアリス 20mg 2,000円/1錠
シルデナフィル 50mg 980円/1錠

レビトラはその他のED治療薬と比較すると、おおよそ平均的な値段です。もちろん、それぞれのED治療薬には特性があり、価格だけで判断する必要もありません。ただ、おおよその目安を知り、ご自分にあった治療薬をお選びください。

レビトラのジェネリック医薬品の値段はどのくらい?

一般的に、ジェネリックは国内の正規品に比べるとはるかに安価で入手することができます。実際に国外のレビトラのジェネリックは正規品の10分の1程度の値段で流通している場合もあります。

しかし日本では、まだレビトラの特許がきれていないため、レビトラのジェネリック医薬品は製造されていません。ジェネリック医薬品は、新薬と同じ成分によって作られた後発薬のことで、厚生労働省の認可を得て製造販売されます。しかし、新薬が販売されて数年~十数年のうちは、特許によってそれ以外の製造販売が認められていないため、しばらくの間は新薬のみが販売されることとなります。

ジェネリック医薬品は新薬の開発に関するコストがかからないぶん、新薬よりも安価で提供されるというメリットがあります。しかし、レビトラの場合はまだジェネリックが製造されていないため、ジェネリックを入手しようとすると個人輸入あるいは個人輸入代行という方法を選ぶしかありません。

レビトラを通販や個人輸入で安く入手する場合のリスク

ED治療をしたい人にとって、個人輸入で安く入手できるということは、魅力的かもしれません。しかし、結論から言うと、個人輸入でレビトラジェネリックを入手することは危険が伴うためおすすめできません。

副作用が出た場合の救済措置を受けられない

日本では「医薬品副作用被害救済制度」というものが存在します。医療機関を受診して処方してもらった薬や、ドラッグストアなどで購入した一般用医薬品を飲んで重い副作用が生じた場合、救済制度の対象となり、状態によっては保障を受けることができるのです。

しかし、この救済制度では、個人輸入で仕入れた薬や海外で購入した薬を服用した場合は対象外です。たとえ重い副作用が出てしまったとしても保障はされないのです。 (※1)

医師の指示を仰ぐことができない

言わずもがな個人輸入の場合は、このような医師へ相談できるタイミングがありません。そのため、自己判断による服用となりますが、レビトラの使用に関しては注意点がいくつかあります。

持病などによっては服用できないケースもあるため、使用できる状態であるかどうかを自身で判断することが極めて危険な場合もあるのです。

インターネット通販で入手したED治療薬の約4割が偽造品

製薬会社が合同で行った調査では、インターネット通販で購入したED治療薬の約4割が偽造品であることが判明しました。

なかには、国内外で存在しないはずの100mgカプセル錠が販売されているなど、明らかな偽造品も。このように、ED治療薬の場合、偽造品がとても多い点も特徴です。

偽造品は、本来のレビトラの効果が実感できない可能性があるだけでなく、副作用のリスクも高まります。いくら安価だといっても、入手するにはお金がかかります。偽造品を購入することで、結果的に損をしてしまわないようにしましょう。 (※2)

個人輸入による死亡例も

実際に個人輸入薬を服用した後で死亡したという例もあります。これを受け、個人輸入に関しては厚生労働省でも注意喚起をしているのです。

日本では、心臓病のある男性がバイアグラを服用した後、死亡したという例が報告されています。また、米国ではこうした事例が130件も報告されており、インターネットでの個人輸入がいかにリスクを伴うかを示しています。

ED治療薬は、医師の判断のもとに処方され、正規品を正しく服用することが重要です。個人輸入で自己判断のもと服用すると、命の危険があるということも忘れてはいけません。 (※3)

値段を抑えようとしてレビトラを個人輸入するのは危険!医療機関で処方してもらおう!

ED治療薬は、人前で購入するのが恥ずかしいという方も多いです。デリケートな問題ですから、そう思うのも無理はありません。また、ED治療薬の処方には、基本的に保険適用ができないため、少しでも値段を安く抑えたいという心理も働くのでしょう。

しかし、先程ご紹介したように、個人輸入は命にかかわるリスクがあり、それは値段を抑えることよりもはるかに深刻な問題であることは言うまでもありません。少し節約したつもりが、致命的な問題に発展するケースもあるのです。

ED治療薬は、かならず専門医の処方によって、正しいルートで購入することをおすすめします。

参考URL

※1)全日本民医連「くすりの話」
https://www.min-iren.gr.jp/?p=7768
※2)ファイザー株式会社「偽造ED治療薬4社合同調査結果」
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_11_24_02.html
※3)厚生労働省「バイアグラ使用後に死亡した症例について」
https://www.mhlw.go.jp/www1/houdou/1007/h0715-2.html