シアリス

最も新しいED治療薬、「シアリス」とは

日本では、バイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類のED治療薬が認可されています。シアリスは、そのなかでも最も新しいED治療薬です。発売以来世界100ヶ国以上で使用され、これまでの利用者は1,000万人を超えるといわれています。2013年8月には世界シェア42%となり、最も売れているED治療薬になりました。
シアリスはヨーロッパで開発され、2002年11月に承認されました。翌年2月からヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドで販売が開始され、同年11月にはアメリカでも承認されています。シアリスが日本で承認されたのは、2007年の7月です。9月から日本イーライリリーより販売が開始され、現在は日本新薬に移管されています。

目次※知りたい情報をクリック

シアリスとは(特徴など)

バイアグラ、レビトラとはコンセプトが異なる薬

ED治療薬の元祖であるバイアグラは、服用から1時間程度で効果が現れ、その後4~5時間程度持続する、どちらかといえば即効性の薬です。2番目に開発されたレビトラは服用から最短20分程度で効果が現れるため、さらに即効性に重きを置いた薬であるといえます。 しかし、シアリスはこれらのED治療薬とはコンセプトが異なり、服用から効果を最大限発揮するまでに3時間程度時間がかかる遅効性の薬です。なお、最大36時間という脅威の持続性を有しています。海外ではウィークエンドピルとも呼ばれていて、その持続力は大いに話題となりました。効果がすぐに現れる即効性のバイアグラ・レビトラに対し、ゆるやかに効果が現れて持続する遅効性のシアリス。服用者は、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

持続性抜群!シアリスの効果や仕組み

ED治療薬以外のシアリス

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、ED治療薬以外の薬としても利用されています。タダラフィルの適応として認められているのは、以下の3種類です。

勃起不全(ED)
肺動脈性肺高血圧症
前立腺肥大症に伴う排尿障害

これらに用いられる薬として、それぞれシアリス、アドシルカ、ザルディアという名前で販売されています。 ED治療は自由診療であるため、ED治療薬であるシアリスも薬価が定まっていません。それぞれのクリニックで自由に価格を決めることができます。また、シアリス、アドシルカ、ザルディアは同じくタダラフィルを有効成分とした薬ですが、服用の際の禁忌に関しては一部異なる部分があります。そのため、それぞれ処方される際にはその都度禁忌について確認しなければなりません。

シアリスがもたらす効果・効能

シアリスはバイアグラやレビトラと同じくPDE-5阻害薬であり、その効果や効能はほとんど同じであるといえます。 男性器が勃起するには、cGMPという成分の働きによって血管が拡張されなければなりません。これによって血液が多く流れることで、男性器は正常に勃起します。しかし、PDE-5という酵素はcGMPを壊す働きがあるため、これが活発になると血管が拡張されずうまく勃起しなくなります。これがEDの原因です。PDE-5阻害薬は、このPDE-5の働きを阻害するための薬であるため、これによって正常な勃起が行われるようになります。

食事による影響をほとんど受けない

世界で初めて認可されたED治療薬であるバイアグラには、食事の影響を強く受けるという弱点がありました。これを解消すべく開発されたレビトラは、バイアグラに比べて食事の影響を受けにくくなっています。また、レビトラよりもさらに食事の影響を少なくしたのが、シアリスです。 メーカーの発表によると、800kcal未満の食事であれば影響は現れないとされています。レビトラの場合は標準的な食事、成人男性で700kcalまでであれば影響を受けないとされているため、シアリスのほうがより影響を受けにくいといえます。とはいえ、あまりに重い食事をすると影響は現れるため、食べ過ぎには注意が必要です。

シアリスの適切な飲み方

シアリスの効果を正しく実感するためには、適当に飲んでいてはいけません。シアリスには、適切な飲み方があります。ここでは、シアリスの飲み方についてご紹介します。

決められた用法用量を守る

前述したように、シアリスには5mg、10mg、20mgの3種類の錠剤があります。これらのうちどれを処方するかは、患者の状態を確認したうえで医師が決定します。もちろん、それぞれ有効成分の含有量が異なるため、用量によって効き目も変わってきます。5mg錠が一番弱く、20mg錠が最も強い効果を発揮することが期待されます。 たとえば5mgのシアリスを服用したとすると、効き目が一番弱い錠剤であることから本当に効くのかと不安になる人もいるかもしれません。そのため、一度に2錠以上連続服用したり、飲む間隔を狭めたりすることもあるかもしれません。とはいえ、医師は患者の状態を把握したうえで最適と考えられる処方をしているため、自己判断で用法用量を変えると副作用などの危険があります。効き目を不安に思っても、自己判断で用法用量を変えることはやめましょう。

服用するタイミングは性行為を行う3時間前

シアリスは最大36時間効果が持続する薬であるため、早めに飲んでおいてもまったく問題はありません。24時間間隔を空けさえすれば、前に飲んだシアリスの効果時間内であっても服用することができます。だからこそ、逆にいつ飲むべきであるかを悩むこともあるかもしれません。 バイアグラやレビトラの場合、性行為を行う1時間前に飲むのが一番良いタイミングとされています。これに対して、シアリスは性行為を行う3時間前に飲むのが良いタイミングとされています。これは、シアリスが遅効性の薬であり、身体に吸収されるまでに時間がかかるためです。個人差はありますが、おおむね3時間程度の時間があれば、血中濃度のピークを迎えます。そのため、性行為を行う3時間前に服用するのがベストです。

食事の影響は少ないが、できるだけ空腹時に服用

シアリスは、バイアグラやレビトラに比べて食事の影響を受けにくい薬です。そのため、重い食事を摂らない限りは食後に服用しても効果は発揮されます。とはいえ、まったく影響がないわけではなく、空腹時と比較すると効果は低減します。そのため、シアリスもほかのED治療薬と同じく、空腹時に服用するのが最適です。シアリスは効果時間が長いため、食事の前に飲むことも難しくありません。 また、シアリスの服用後に食事をする場合、間隔が短いと薬の成分がうまく吸収されません。そのため、シアリスの服用から30分以上は間隔を空けるようにしましょう。

グレープフルーツには要注意

お酒や食事の影響は受けにくいED治療薬のシアリスですが、服用時にグレープフルーツを食べるのは避けてください。理由としては、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分がシアリスの成分を対外へ排出することを邪魔し、体内にシアリスの成分であるタダラフィルが多く残ってしまうことで悪影響が出る可能性があるためです。

アルコールは少量に抑える

シアリスは、食事の影響をあまり受けないED治療薬です。食事の場ではアルコールが入ることも多いですが、これも大きな影響は現れません。アルコールには精神安定作用があるため、少量の飲酒であれば気分がリラックスします。EDには精神状態が強く関係するため、アルコールを飲むことで一層強くシアリスの効果を感じることができるケースもあります。そのため、少量のアルコールはむしろ推奨されることもあるのです。 しかし、アルコールを飲み過ぎると逆にEDを悪化させてしまう可能性があります。アルコールには神経伝達を鈍らせる作用もあるため、多量に摂取すると性的な刺激がうまく伝達しなくなるのです。その結果、シアリスを飲んだにもかかわらず、男性器の勃起が不完全、あるいはまったく勃起しなくなるケースがあります。そのため、アルコールを摂取する場合には少量に抑えるべきだといえます。

各ED治療薬の特徴について
シリアスの飲み方で
注意するべきは、食事とアルコール?

シアリスの効果時間

バイアグラ、レビトラ、シアリスと、日本では3種類のED治療薬が認可されています。このなかでも、シアリスは圧倒的に持続時間が長い薬として知られています。

ウィークエンドピルといわれるほどの持続時間

シアリスは、その効果時間の長さからウィークエンドピルともいわれています。これは、金曜日の夜から日曜日の朝まで持続する、ということから名付けられました。その持続時間は、10mgで24~30時間、20mgで30~36時間。バイアグラやレビトラが4~8時間程度であることを考えると、驚異的ともいえる長さです。 バイアグラやレビトラの場合、効果時間の関係から服用のタイミングを計らなければならず、少なからず焦りやプレッシャーを感じることがありました。シアリスはタイミングをあまり気にせず服用することができるため、そういった点でも持続時間の長さはメリットとなっています。

効果を発揮するまでの時間も長いことに注意

シアリスの持続時間が長いのは、ブロック上の分子構造によるものです。この構造により、体内に吸収するのに時間がかかるのです。しかし、これは効果を発揮するまでに時間がかかることにも繋がります。バイアグラやレビトラは性行為を行う1時間前に飲むことを推奨されていますが、シアリスの場合は3時間前に飲むのがいいとされています。

シアリスを服用する場合の注意点

持続時間が長いことから便利な印象があるシアリスですが、服用する際にはいくつか気をつけなければならないことがあります。以下では、シアリス服用時の注意点についてご紹介します。

併用禁忌薬に注意

バイアグラやレビトラと同じく、シアリスにも併用禁忌薬があります。併用禁忌薬はそれ単体ではいい効果をもたらしますが、シアリスと合わせて飲むと重大な健康被害をもたらす可能性がある薬です。そのため、シアリスと一緒に飲むことは禁止されています。 シアリスの併用禁忌薬としては硝酸剤や一酸化窒素供与剤が有名ですが、それ以外にもさまざまな種類の薬が併用禁忌薬に指定されています。そのため、ほかに薬を飲んでいる場合には、シアリスを服用する前に併用禁忌薬でないかを確認しなければなりません。処方してもらう際に医師に確認するのが確実であるため、医療機関を受診する際には現在服用している薬を持って行きましょう。

あくまでも「正常な勃起」をサポートするための薬である

シアリスはバイアグラやレビトラと同じ、PDE-5阻害薬です。その効果・効能は前述したとおりであり、男性器の正常な勃起をサポートします。ED治療薬というと、なかには精力剤と同じだと考える人もいますが、これらは根本的に異なるものです。シアリスを飲んだからといって勝手に勃起するわけではなく、性欲が増大するわけでもありません。シアリスにはあくまでもPDE-5の働きを阻害する効果しかなく、勃起するためには性的な刺激や興奮が必要となります。

シアリスの副作用

バイアグラやレビトラでは、服用した人の多くが副作用を体験しています。とはいえ、そのほとんどが軽度の症状であると報告されています。なお、シアリスの場合はほかの2種類のED治療薬に比べて副作用が少なく、服用者のおよそ3割程度に留まるといわれています。

シアリスではなぜ副作用が出にくい?

シアリス副作用が出にくいのは、バイアグラやレビトラとは違って遅効性の薬であることが関係しています。バイアグラやレビトラは即効性の薬であるため、効果が出るのが早いですが、その分短時間で身体に作用させることから副作用が出やすくなっています。シアリスは遅効性の薬であり、身体にじっくりとなじませていくことから、副作用が出にくいのです。

シアリスで確認された副作用

シアリスは副作用が出にくいとはいえ、まったく出ないというわけではありません。前述したように、服用者の3割程度は副作用を体験しています。 メーカの添付文書にも記載されていますが、 シアリスでよく確認される副作用としては、

頭痛
ほてり
消化不良

などがあります。このほか、背部痛や筋痛、鼻づまりなども確認されています。また、頻度は少ないですが、眼痛や結膜炎、色の判別がつきにくくなる色覚異常などを訴えるケースもあります。

シアリスの主な副作用

シアリスを処方できないケース

シアリスは効き目がゆるやかで、副作用も少ないED治療薬ですが、場合によっては処方できないケースもあります。たとえば、以下のような場合にはシアリスを処方することができません。

シアリスの成分に対して過敏症の既往歴がある
硝酸剤や一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)といった併用禁忌薬に指定されている薬を投与中
心血管系障害など、性行為を行うのが危険な障害を有している
不安定狭心症である、または過去に性行為中に狭心症を発現したことがある
コントロール不良の不整脈である
低血圧(血圧<90/50mmHg)またはコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)である
直近3ヶ月に心筋梗塞の既往歴がある
直近6ヶ月に脳梗塞あるいは脳出血の既往歴がある
重度の肝障害を有している
網膜色素変性症を有している

服用中の薬がある場合は?

前述したように、シアリスには併用禁忌薬がいくつかあります。併用禁忌薬に指定されている薬とシアリスを同時に服用すると、予期せぬ重篤な副作用が発生する可能性があるため、確認できるよう来院時には薬を持参するもしくは薬名を控えるようにしましょう。

ED治療薬の併用禁忌薬について

各医院の価格はこちらからご覧いただけます。

 

病院に行く時間が無い、近くにクリニックが無い方へ

クリニックに来院することなくスマートフォンやパソコンのビデオ通話を利用して、専門の医師による診察、お薬の処方を行えるスマホ診察という遠隔での診療方法が広まってきています。時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方にはとっても便利なサービスです。
スマホ診察後は、宅配便にてお薬をご指定の場所にお届けさせて頂きます。
ED治療薬(AGA治療薬)は医療用医薬品の為、国内で承認されている治療薬は医療機関でしか手に入れることが出来ません。 WEBサイトの通販などで購入できる治療薬は国内で承認がされていないもので、偽造薬が含まれている可能性があり、重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。
安全に治療をするためには、医師の診断のもと治療を行うことが大切です。

イースト駅前クリニック所属医師
イースト駅前クリニックの医師一覧

 

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報