AGA 治療外来

AGA治療

メインビジュアル

ザガーロ

ザガーロジェネリック

ミノキシジル

プロペシア

プロペシアジェネリック

AGA


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

AGA治療

これって若ハゲ?20代の薄毛の原因や対策などを詳しく解説

最終更新日:

薄毛は早ければ20代からでも始まります。薄毛は早期に対策することで、より効果が高くなります。薄毛を放置しないためにも必要な知識である20代で薄毛になる原因、あわせて改善方法、および治療薬について解説します。

この記事の監修者

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

目次※知りたい情報をクリック

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

若ハゲは何歳から?薄毛になる年齢について

若ハゲは実際に何歳から始まるのでしょうか。日本皮膚科学会によると思春期以降の男性で早いと20代から薄毛が進行し始めます。
日本人男性の場合には、20代後半から30代にかけて進行が始まっていき40歳以降にはいわゆる頭髪がハゲてしまう状態になってしまう。この発症頻度は、日本人男性の全年齢平均で約30%と言われています。

年代別では以下の通りです。

発症年代 割合
20代 10%
30代 20%
40代 30%
50代 40%

このデータから見ても、薄毛は決して珍しいことではなく、ほとんどの男性が遅かれ早かれ経験することになると言っても過言ではありません。

イースト駅前クリニックでは多くの20代の患者様にご来院頂いています

前述のデータを見て「20代の発症が10%しか存在しないのであれば、20代で病院に行くのは恥ずかしい」と考えるかもしれません。ただ、経験豊富な薄毛の専門の医師が在籍するイースト駅前クリニックでは多くの20代の患者様にご来院頂いています。上記のデータをご覧になれば分かる通り、20代の患者様が全体の約25%を占めております。つまりイースト駅前クリニックの約4人に1人が20代の患者様であり、20代で受診することは決して早くないのです。
あなたも気になっているのであれば恥ずかしがらずに一度受診してみてはいかがでしょうか。

(※1,2,3)

20代の薄毛の原因として考えられる5つ

薄毛になってしまう原因はいったい何なのでしょうか。20代の薄毛の原因として考えられるのは主に上記の5つです。それぞれについて詳しくみていきましょう。

AGA

AGA(エージーエー:Andro Genetic Alopeciaの略語)とは、思春期以降の成人男性に最もよくみられる進行性の脱毛症で、「男性型脱毛症」と呼ばれます。発症すると額の生え際や頭頂部の毛髪が、両方、またはいずれか一方から薄くなっていきます。AGAの原因は、主に遺伝や男性ホルモンが影響していると考えられています。いったん発症すると効果的な治療をしない限り薄毛が進行してしまうため、長期的な治療が必要です。

(※3)

ストレス

ストレスは抜け毛を増やします。その主な原因として「自律神経の乱れ」と「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。

自律神経の乱れ

自律神経には交感神経と副交感神経があり、このバランスが正しく保たれることで身体機能が正常に働きます。一方でストレスにより交感神経が優位に働き続けると身体は緊張状態が続き、末梢血管が収縮したままとなり、血行不良を招きます。頭皮の血行不良は髪の成長を妨げます。

ホルモンバランスの乱れ

人は強いストレスを感じると男性ホルモンの分泌量が増えます。男性ホルモンが増えると髪の毛の成長サイクルを崩し抜け毛を増やしてしまいます。

不規則な睡眠

睡眠不足は髪の成長を妨げると同時に頭皮環境を悪くしてしまいます。これには「成長ホルモン」が関係しています。成長ホルモンは良質な睡眠をとることで十分な量が分泌され、毛母細胞(毛髪を作り出している細胞)の増殖や血行の促進、さらには髪のたんぱく質量を増やしたり、頭皮の炎症を抑えたりします。つまり成長ホルモンは新しい髪の毛をつくり、成長するように促す健康な頭皮には欠かせないホルモンと言えます。良質な睡眠を取ってなるべく成長ホルモンを分泌させましょう。

頭皮の不衛生

皮脂や整髪料を洗い残したりすることも髪の成長に悪い影響を与えます。頭皮からは皮脂が盛んに分泌されています。頭皮ケアを怠ると分泌された皮脂に汗、ほこり、フケなどが混じり雑菌が繁殖。頭皮に炎症が起きてしまいます。この結果として髪の成長が妨げられてしまうのです。

そのため頭皮に優しいシャンプーで髪を常に清潔を保つことが髪の成長に重要です。しかし洗浄力の強すぎるシャンプーや熱いお湯は逆に頭皮を傷める可能性があります。注意しましょう。

(※4)

生活習慣の乱れ

喫煙、過度の飲酒、栄養バランスの悪い食事といった生活習慣の乱れは髪の健康に悪影響を与えます。喫煙は、タバコに含まれるニコチンに血管収縮作用があり、血行を悪化させてしまい十分な栄養や酸素が行き渡らなくなって髪の成長を妨げてしまいます。

また、過度の飲酒をすると、アルコールを分解するために肝臓でシステインやメチオニンなどのアミノ酸が消費されます。システインとメチオニンは、髪を構成しているタンパク質を形成する役割を持っています。そのためこの2つの成分がアルコール分解のため大量に消費されると髪の成長が進まなくなってしまいます。

(※4)

若ハゲは治る?20代の薄毛の対策方法

薄毛は進行性です。対策を怠れば薄毛はどんどん悪化していきます。そのため早急な薄毛対策が成功のカギといっても過言ではありません。髪のボリュームを長く維持するための対策・改善方法について紹介します。

クリニック・病院での治療

AGAの場合、発症すると自然に治ることはなく正しい対策をしない限り、どんどん薄毛が進行していくので早期対策をすることが大切です。AGA治療でおすすめなのは専門クリニック・病院で診てもらうことです。AGA専門のクリニック・病院では、頭髪に関する悩みを聞き個人ごとに異なる髪の状況を診断。専門の医師が、頭髪、頭皮の状態、および身体全体の健康状態を総合的に確認します。AGA治療が必要だと判断されると、治療の方向性と医療でできる範囲の効果をしっかり説明してもらえるため、安心して治療を受けられます。
治療薬として、医学的に効果が実証されている「プロペシア」「ザガーロ」「アボルブ」「ミノタブ」「ロゲイン」「アロビックス」などあり、症状にあわせて使用されます。

(※1)

生活習慣の改善

「20代の薄毛の原因として考えられる5つ」で説明しましたとおり、悪い生活習慣を続けることは薄毛を促進させてしまいます。薄毛を予防するにはこうした悪い生活習慣を改善することが重要です。
睡眠は、できるだけ午後10時から午前2時を含む時間帯に7時間から8時間の睡眠時間を規則正しくとります。そうすることで、前述した健康な頭皮に欠かせない成長ホルモンがきちんと分泌されます。

質の良い睡眠ができるように食事時間、適度な室温維持・照明、心地よい寝具や寝間着などにも注意しましょう。

また、食生活の乱れも注意。不規則な時間に食事を摂ったり、よく噛まずに急いで食べたり、脂っこい物や肉に偏った食生活は控えましょう。三大栄養素のたんぱく質・脂質・炭水化物のほかビタミン、ミネラルを含む栄養をバランスよく摂取できる食事に改善するのがおススメです。

さらにストレスを溜め込みすぎないようにしましょう。ストレスを感じたら発散する方法を知っておくことが重要です。睡眠不足や体調不良・肉体的な疲れからくるストレスは、十分な睡眠を取ったり、病院を受診したり、体を休めたりすることで対策できます。

(※4)

正しい頭皮ケア

頭皮ケアの基本は頭皮を清潔にすること、頭皮をマッサージし血行を良くすることです。加えて頭皮に優しいシャンプーで毎日洗髪してみましょう。このとき、清潔にするためにと力を入れすぎた洗髪はかえって頭皮を傷めるので厳禁です。頭皮マッサージは、爪は立てないで指の腹で押すように行うのがコツです。

(※4)

20代の薄毛対策は早めの治療を

薄毛は「20代だから大丈夫」ということはありません。20代であっても薄毛になってしまうことは決して珍しくないのです。薄毛は放置しているとどんどん進行してしまいます。そのため「薄毛かも?」と感じたら早め早めの行動を。今回紹介した対策・改善方法をぜひ参考にしてみてください。もしそれでも改善していかない場合はお気軽にイースト駅前クリニックへご相談ください。

お近くのAGA治療専門クリニックを探す

参考URL

※1)日本皮膚科学会ガイドライン「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)」
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf
※2)MSD「AGAとは」
http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml
※3)トロント大学皮膚科/杏林大学医学部皮膚科学教室、『杏林医会誌』「毛髪と全身・多臓器疾患」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kyorinmed/49/2/49_163/_pdf/-char/ja
※4) 第一三共ヘルスケア「予防するには?」
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/17_usuge/index3.html

1. AGAの症例

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

Ⅱ-v 28歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v+a 52歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 15,300円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

Ⅳ-v 33歳 治療期間:7ヵ月

[治療内容] 発毛治療

[治療価格] 20,800円(税込)/月

[副作用] この治療により起こる可能性がある副作用

●頭皮のかゆみ、肝機能障害、リビドー減退など

ザガーロ

ザガーロジェネリック

ミノキシジル

プロペシア

プロペシアジェネリック

AGA


AGA治療TOPへ

クリニック一覧

この記事の監修者

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

プロペシア

1mg 8,200円円/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。プロペシアはAGA治療で強く推奨されています。

プロペシア1mg

8,200円/28錠

プロペシアジェネリック

1mg 3,800円〜4,700円/28錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

プロペシアジェネリック(フィナステリド錠)は、2015年に国内で製造販売が開始されたプロペシアジェネリックです。

プロペシアジェネリック1mg

3,800円~4,700円/28錠

ザガーロ

0.5mg 10,500円〜11,500円/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロは、発毛効果が証明され現在ではAGA治療でも処方されています。

ザガーロ0.5mg

10,500円~11,500円/30錠

ザガーロジェネリック

0.5mg 7,000円〜7,800/30錠

※クリニックにより、処方価格が変わります。

ザガーロジェネリック(デュタステリド錠)は、2020年に国内で製造開始されました。

ザガーロジェネリック0.5mg

7,000円~7,800円/30錠

ミノキシジル

5% 60mg 5,500円〜5,780円

※クリニックにより、処方価格が変わります。

頭皮の血行促進効果により、確かな発毛を実感することができるAGA治療薬です。

ミノキシジル5% 60mg

5,500円〜5,780円

アロビックス

※クリニックにより、処方価格が変わります。

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックス

ABOUT

AGAについてのよくあるお問合せ

プロペシアの主な副作用はなんですか?

国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

プロペシアについて

プロペシアの作用機序について教えてください。

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。

服用中に献血をしても問題ないですか?

服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師立川院院長:村田 博昭 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師土浦院院長:石川 哲生 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:春日井 震 医師梅田院院長:藤田 良治 医師大阪院院長:大嶋 恭輔 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.