AGAコラム

AGA診療ガイドラインを解説!薄毛治療の方法・薬の有効成分の推奨度まとめ

最終更新日:

AGA治療は主に、日本皮膚科学会が作成・改訂をしている診療ガイドラインに沿って行われます。治療法や治療薬の効果、推奨度などが記載されており、一般にも公開中のため、誰でも閲覧が可能です。AGA治療への理解を深めるために、ガイドラインのどこをどのように見ればよいか解説します。

目次※知りたい情報をクリック

AGA診療ガイドラインとは?

AGA治療のために医師が参考にする診療ガイドラインです。名称は「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」。初めに、当ガイドラインの作成に携わっている作成委員会と作成の目的をご紹介します。 (※1)

AGA診療ガイドラインの作成委員会

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」の作成委員会には17名が参画しています。この17名は、全員が大学医学部の教授や専門クリニックの院長など、言わば皮膚科の分野におけるスペシャリストです。信頼性も高く、全国の多くの病院やクリニックが、AGA治療において当ガイドラインを指針として治療をしています。 (※1)

AGA診療ガイドラインの作成目的

診療ガイドラインの目的は、科学的根拠に基づく情報を選出し、医師・患者にとって標準となる治療法の提示とAGAの診療水準を向上させることです。最初は2010年、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会が共同で「日本皮膚科学会男性型脱毛症診療ガイドライン2010」を作成しました。その後、2017年に改定された現在の第2版が公開されています。今後も、医療技術の進化などを受けて改訂されていく予定です。 (※1)

AGA診療ガイドラインが検証した治療薬成分の推奨度まとめ

成分 用法 推奨度
フィナステリド 内服 行うよう強く勧める
デュタステリド 外用
ミノキシジル 外用
アデノシン 外用 行うよう勧める
カルプロニウム塩化物 外用 行ってもよい
t-フラバノン 外用
サイトプリンおよびペンタデカン 外用
ケトコナゾール 外用
ビマトプロストおよびラタノプロスト 外用 行わないほうがよい
ミノキシジル 外用 行うべきではない

AGA診療ガイドラインでは上記の通り、治療薬の成分9種類(ミノキシジルは外用・内服どちらも)が評価の対象です。ここでは、主に男性に対するAGA治療の有用性と安全性に関して、各治療薬成分と用法の推奨度について解説します。 (※1)

フィナステリドの内服〈行うよう強く勧める〉

代表的なAGA治療薬「プロペシア錠」(MSD株式会社)の有効成分として知られているフィナステリド。5α-還元酵素Ⅱ型を阻害し、薄毛の原因物質となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する働きがあります。 (※2)

デュタステリドの内服〈行うよう強く勧める〉

デュタステリドは「ザガーロカプセル」(グラクソ・スミスクライン株式会社)の有効成分です。フィナステリドと同様に、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。さらにデュタステリドの特徴は、5α-還元酵素のⅠ型・Ⅱ型いずれも阻害するという点です。 (※3)

ミノキシジルの外用〈行うよう強く勧める〉

近年、市販の育毛剤に導入されているのがミノキシジルという成分です。成分の含有量に気を付ければ、男性でなく女性にも効果があります。ただし、注意すべきは、推奨されているのが「外用」だという点です。まれにインターネットで購入できる個人輸入等で利用可能なミノキシジルの内服には危険性が伴う(本項の最後に解説)ため、用法には十分注意しましょう。

アデノシンの外用〈行うよう勧める〉

2番目に推奨度の高いランク「行うように勧める」と評価されている成分がアデノシンです。アデノシンも市販の育毛剤に配合されはじめています。ガイドラインに記載されている臨床試験によれば、ローションタイプに治療効果があらわれているようです。

カルプロニウム塩化物の外用〈行ってもよい〉

「アロビックス外用液」(長生堂製薬株式会社)の有効成分として知られるカルプロニウム塩化物。円形脱毛症の治療薬として使用されるのがメインですが、AGAの症状に対しても外用を「行ってもよい」とされています。 (※4)

t-フラバノンの外用〈行ってもよい〉

薄毛や抜け毛を予防する効果があると謳われ、市販の育毛剤に配合されているt-フラバノン。主な働きは、髪の健康的な成長を妨げるTGF-βというタンパク質を抑制です。さらに、副作用も軽いことから、「行ってもよい」と判断されています。

サイトプリンおよびペンタデカンの外用〈行ってもよい〉

2つの成分を合わせて指し、市販の育毛剤に配合されていることがあります。サイトプリンの働きは、髪の成長に必要な骨形成促進因子(BMP)と血管新生誘導遺伝子(エフリン)の増加作用。ペンタデカンには、髪の主成分であるケラチンという、タンパク質合成のためのエネルギーを増やす働きがあります。

ケトコナゾールの外用〈行ってもよい〉

ケトコナゾールのクリームやローションは、主に白癬や脂漏性皮膚炎などの皮膚真菌症の治療薬として有名です。また、AGAに関しては、育毛効果があるとされるシャンプーに配合されることがあります。

ビマトプロストおよびラタノプロストの外用〈行わないほうがよい〉

本来は、緑内障に対する眼圧降下の目的で使用されていました。その際、見られたのが睫毛の発毛を促進する効果です。しかし、脱毛症に対する有用性に関しては、臨床試験によると、安全性が十分に確認されておらず、加えて高価なため、推奨はされていません。

ミノキシジルの内服〈行うべきではない〉

元来、ミノキシジルは降圧剤として開発されました。内服すると全身の多毛症を起こす副作用があります。しかし、それだけを根拠に安易に内服すると、胸痛、心拍数増加、呼吸困難、うっ血性心不全などの重大な心血管系障害が生じるリスクがあります。「外用」「内服」の用法は、使用前に必ず確認しましょう。

AGA診療ガイドライン検証の治療法と各推奨度まとめ

治療法 推奨度
植毛術 自毛植毛は行うよう勧める
人工植毛は行うべきではない
LEDおよび低出力レーザー照射 行うよう勧める
かつらの着用 行ってもよい
成長因子導入および細胞移植療法 行わないほうがよい

ガイドラインでは、AGA治療薬以外に4つの治療法について推奨度を記載しています。各治療法の概要と男性のAGAに対する有用性・安全性について解説します。

植毛術〈自毛植毛は行うよう勧める/人工植毛は行うべきではない〉

外科的に手術をして植毛する治療法には、自毛を使う方法と人工毛を使う方法があります。ガイドラインは、自毛の植毛については、高い生着率が世界で実証されていることから推奨度は上から2番目の「行うように勧める」です。一方、人工植毛については、米国の食品医薬品局が事実上の禁止をしていることなどから「行うべきではない」としています。

LEDおよび低出力レーザー照射〈行うよう勧める〉

LED および低出力レーザーを頭皮に照射して発毛を促す方法です。ガイドラインは、発毛効果を示す十分な根拠と副作用が比較的小さいことから、適切な機材を使用すれば推奨度は上から2番目の「行うよう勧めることにする」としています。ただし、適切とされる機材は日本ではまだ認可されていません。

かつらの着用〈行ってもよい〉

かつらの着用は医学的な治療法とは言えず、脱毛症状を根本的に改善するものではありません。しかし、かつらを着用することでQOL(Quality of life:生活の質)が向上し、副作用もないことから、ガイドラインは推奨度が上から3番目の「行ってもよい」としています。

成長因子導入および細胞移植療法〈行わないほうがよい〉

成長因子導入および細胞移植療法とは、毛髪・毛根再生機能を持つ成長因子や毛根の幹細胞を直接移植するなどして、発毛促進効果を期待する治療法です。しかし、現段階では効果も安全性も十分検証されていません。そのためガイドラインの推奨度は「行わないほうがよい」としています。

AGA治療を始める前に診療ガイドラインをチェック!薄毛の悩みは専門クリニックへ

専門家たちからなる委員会が作成した診療ガイドラインは、AGA治療において重要な指標です。診療ガイドライン上で推奨されていない治療法や治療薬、有効成分は使用することはおやめください。

また、AGA治療は、専門の病院やクリニックで、医師の指導のもとで治療を進めることが、最も早く、確実で、安全です。さらに、イースト駅前クリニックでは、費用面も予算に応じて相談できます。薄毛でお悩みの方は、ぜひ本格的なAGA治療を検討してみてください。

参考URL

※1)日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf
※2)MSD株式会社、プロペシア錠 添付文書
https://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf
※3)グラクソ・スミスクライン株式会社、ザガーロ 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pdf/340278_249900AM1023_1_05
※4)佐藤製薬、アロビックス外用液 添付文書
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/medley-medicine/prescriptionpdf/450064_2679701Q1063_2_03.pdf

この記事の監修者

西澤 康平の写真
西澤 康平の写真

西澤 康平

2006年03月北海道大学医学部卒業, 2013年04月, 札幌医科大学付属病院研修医, 2016年03月釧路優心病院精神科勤務医, 2017年10月イースト駅前クリニック京都四条烏丸院院長就任

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。