AGAコラム

食事から発毛促進!AGAに効果的な食べ物とは

AGAを早期に発見して、すぐに専門医院にかかり、薬を処方してもらうことは、AGA症状緩和のために重要です。しかし、薬の効果を高めるためには食事療法も大変重要なポイントです。今回は、AGAの改善に特に効果のある食べ物やレシピについてご紹介します。

AGAに効果がある食べ物とその効果

毛髪の促進には、IGF‐1という成分や、IGF‐1を増やす成分であるCGRPを増やすことがポイントです。これらの成分はAGAの治療効果を高めるだけでなく、免疫力、内臓強化などの体全体の機能も向上させる重要成分です。頭皮や髪に栄養を与える身近な食べ物には、以下のようなものがあります。

・納豆・豆腐などの大豆製品:大豆に含まれるイソフラボンがCGRPを増やします。

・オリーブ油:血管は、酸化してしなやかさを失うと血行促進が阻害され、毛根に栄養分を十分に送ることができません。この点、オリーブに含まれるオレイン酸には強い抗酸化作用があり、血管が酸化・硬化しやすくなるのを防止します。

・にんにくやにんにくの芽:にんにくに含まれるアリシンには血液サラサラ&血管の酸化防止の効果があります。

・唐辛子:唐辛子に含まれるカプサイシンは、毛髪の成長に影響する知覚神経に作用します。

・あさり:鉄分、亜鉛、ビタミンB12で毛髪を促進させます。

・アボカド:血管酸化防止のオレイン酸が含まれています。毛細血管拡張効果のあるビタミンE、タンパク質や、毛髪に生成される補助となるビタミンB2、B6が豊富です。毛髪成長のための成長ホルモンを増やす睡眠物質メラトニンの成分となるトリプトファンも豊富です。

・チーズ:皮膚から頭皮に変える細胞の分化能を助けるビタミンAが豊富に含まれています。

・シナモン:血管の老化を防ぎます。

・発酵食品:漬物や、ヨーグルトなどの発酵食品は、胃の知覚神経を刺激します。また、キムチや納豆は発酵食品でもありながら、カプサイシンやイソフラボンも含まれているため、よりよい効果が期待できます。

効果的な食材は組み合わせて

毛髪の成長に効果があるといわれている食べ物は、組み合わせて摂取することで一度に多く取り入れることができます。

食事から摂取できる栄養は、一度にたくさん摂っても摂取量に比例して効果が高まるわけではないので、毎日継続して摂ることが大切です。薬とは違ってすぐに効果があるものでもないため、効果が出ないからといってやめたりせずに、こつこつ摂取することが大切です。

まとめ

今回ご紹介した、オリーブ油、唐辛子、にんにく、アボカド、赤ワイン、大豆製品などの体によい食材は、頭皮や頭髪などの栄養になったりします。野菜、ビタミン、ミネラルもバランスよく摂取し、健康的な生活を送りましょう。

食事から摂取できる栄養は即効性のあるものではないと考え、一度に多量に摂るのではなく、継続して摂取することが重要です。病院でのAGA治療の効果をより高めるために、今一度食生活を見直してみることが大切です。

→その他AGAの基本的な情報はこちらからご覧いただけます。