レビトラ

レビトラは女性にも効果ある?飲むとどうなる?考えられるリスク

最終更新日:

レビトラは即効性と強力さに優れたED治療薬の一つ。不感症などの性機能障害に悩む女性の中にはレビトラの服用を試そうとする方も少なくありません。しかし、安易な使用は思いもよらないリスクを引き起こすことも。ここでは、女性がレビトラを使用した際の効果や注意点について詳しく解説します。

目次※知りたい情報をクリック

レビトラは女性も服用できる?その効果について

男性にとって、レビトラとはじめとしたED治療薬は力強い勃起を叶えると共に男性としての自信を取り戻す効果もあります。一方で、性的な機能が低下するのは男性だけではありません。女性にも「濡れにくい」「快感がわからない」といった悩みは少なくありません。ですが、このような女性の「性機能」を改善するための薬は日本国内では販売されていないのが現状です。

そこで、性機能に悩みを持つ女性のなかには強い効果を持つレビトラを服用してみようと考える方もいます。男性に効くのなら女性にもそう考えるのはもっともです。

レビトラは女性も服用することができるの?効果は?

レビトラは安全性や効果に関する厳しい試験をパスして厚生労働省の認可を受けた薬です。もちろん効果の現れ方、副作用が現れる確率は人によって違います。ですが、正しく使用した場合は一定の安全性と効果が保障されているのです。

しかし、厚生労働省が認めるレビトラの用途はあくまで「ED治療」。女性の性機能の悩みに対して使用するという規定はありません。レビトラを女性が服用すること自体は可能ですが、認められた用途ではないため危険はつきものです。

さらに、女性に特有の性の悩みを改善する効果は認められていません。リスクを冒してまで効果がはっきり分からな薬を服用するのは控えましょう。

(※1)

レビトラが女性にも効果があると謳われた背景

レビトラが女性にも効果があると謳われた背景

厚生労働省から認められていないとはいえ、レビトラが女性の性機能を高めると考える方は多いものです。では、なぜレビトラが女性にも効果的と考えられているのか、その背景を詳しく見てみましょう。

陰茎とクリトリスは構造が似ている?

女性の性器の一部であるクリトリス。5~7ミリほどしかない小さな器官ですが、女性に強い快感をもたらします。実はこのクリトリス、陰茎と同じく「海綿体」と呼ばれる組織を持つことが分かっています。海綿体とは、スポンジのようにスカスカな組織のこと。男性は性的な刺激や興奮を受けることで陰茎の血管が拡がり、海綿体に多くの血液が流入。その結果、スカスカな海綿体に血液が充満して体積が増大し、「勃起」を引き起こすと考えられています。

一方、女性のクリトリスも小さいながら海綿体組織を持ちます。そして性的刺激が加わると海綿体への血流が増え、陰茎と同じく「勃起」することに。このような構造上の共通点から、レビトラを服用すればクリトリスが勃起して快感が高まるのでは…と考えられるようになったのです。

確かにレビトラを服用すれば、クリトリスは陰茎と同様のメカニズムで勃起するかもしれません。しかし、クリトリスが勃起する=女性特有の性機能の悩みが改善される、というわけではありませんので注意しましょう。

(※2)

レビトラは性的欲求を高める効果がある?

女性の性機能の悩みで思いのほか多いのは、「性行為に意欲がわかない」、「性行為が煩わしい」、といった性的欲求の低下です。

一方、レビトラをはじめとするED治療薬は性欲を高める「媚薬」のような効果があると思われがち。このような誤った知識も、女性がレビトラを服用すれば性欲が高まって性機能が改善すると謳われるようになった要因の一つです。

レビトラはあくまでも陰茎の血管を拡げる作用も持つ薬に過ぎません。しかも、服用すれどんな状況でも勃起が生じるのではなく、効果を得るには性的な興奮や刺激が必須。つまり、性欲自体がない状態で服用しても意味はないのです。

(※1)

女性のレビトラ服用で考えられるリスク

女性のレビトラ服用で考えられるリスク

上述した通り、女性がレビトラを服用しても満足のいく効果は得られないでしょう。さらに、効果が得られないだけでなく、様々なリスクもあります。では、どのような危険があるのか詳しく見てみましょう。

効果が認められていないばかりか、健康被害を及ぼす恐れあり

レビトラはED治療薬の中でも副作用が現れやすいもの…。日本国内で研究データによれば、レビトラを服用した方の約28%(913例中257例)に何らかの副作用が現れたとされています。

しかも、女性を対象とした臨床試験は行われていません。そのため、今分かっている副作用より重度なものが引き起こされる可能性もゼロではないのです。

(※3)

医師の処方のもと服用できない

レビトラは薬剤同士の飲み合わせに注意しなければならない薬の一つです。レビトラの「血管拡張作用」は陰茎にだけ及ぶものではありません。全身様々な部位の血管が拡がる可能性があります。そのため、同じく血管を広がる作用のある狭心症の薬を服用している方は注意が必要。同時にレビトラを飲むと血管が拡がりすぎて血圧が急低下し、心停止を引き起こすことも…。また、一種の抗不整脈薬と同時に飲むと命に危険のある不整脈を引き起こす可能性があることも分かっています。

このようなことから、レビトラを入手するには医師の診察を受けることが必須。安全に服用できる状態であるか医師が確認した上で処方箋が発行されるのです。女性がレビトラを服用する場合、医師から正規に処方してもらうことはできません。そのため、男性から譲り受けたり、インターネット通販を利用したりすることに…。医師のチェックがない分、危険も伴います。

(※1)

女性用のバイアグラについて

女性にとって確かな効果がないだけでなく、様々なリスクもあるレビトラ。そこで気になるのは、バイアグラやシアリスといった別のED治療薬の女性への効果でしょう。

現在日本で流通しているバイアグラやシアリスはレビトラと同様、女性への効果は立証されていません。リスクもつきものです。ですが、2015年にはアメリカで女性の性欲低下を改善に導く「女性用バイアグラ」が認可を受けています。

ただ、残念ながら現時点で日本では厚生労働省の認可は受けていません。そのため、医師の診察の下で処方してもらうことはできないのが現状です。

現在では、海外製の安価なED治療薬が気軽にインターネット通販で入手することができます。女性用バイアグラもその一つ。海外から取り寄せた女性用バイアグラを愛用している方も少なくないでしょう。

しかし、女性用バイアグラもまた上述したようなリスクがあります。さらに、海外から個人輸入する薬には偽物や粗悪品も少なくありません。安易な使用は控えましょう。

(※4)

日本では女性の不感症治療薬が販売されるまで待つのみ

性機能の悩みは男性だけでなく、女性にもあるもの。ですが、残念ながら現在のところ日本国内では女性用の不感症治療薬は販売されていません。
レビトラをはじめとした男性用ED治療薬は女性が飲んでも十分な効果が得られないばかりでなく、思わぬ健康被害を受けることも…。また、海外で販売されている女性用バイアグラも様々なリスクがあるため安易に使用するのはおすすめできません。
性機能に悩んでいる女性は、自己判断ではなく婦人科などに相談して女性に合った治療を行うようにしましょう。

参考URL

※1)PMDA、レビトラ錠5mg/ レビトラ錠10mg/ レビトラ錠20mg
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/259000BF1029_1_26/

※2)東京大学心理境域相談室、女性のセクシャリティと性の満足
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/soudan/070koukaikouza/pdf/2012okawa.pdf

※3)バイエル薬品株式会社、レビトラインタビューフォーム
https://pharma-navi.bayer.jp/omr/online/product_material/LEV_IVF_201811150_1541145797.pdf

※4)厚生労働省、個人輸入において注意すべき医薬品等について
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1.html

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
スマホ診察

スマホ診察

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:西澤 康平 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.