プロペシア

プロペシアを飲んで抜け毛が増えた? プロペシアの初期脱毛とは

「AGAの治療によって、抜け毛が増えてしまった」。もしそんな事態が発生すれば、まさに本末転倒と思うかもしれません。ところが、AGA治療薬として高い人気を誇るプロペシアを使用している人の中には、そうした抜け毛を経験している人もいるのです。
プロペシアを服用することで一時的に抜け毛が増える。これには、プロペシアの副作用のひとつである初期脱毛が関係しています。そこで今回は、プロペシアを服用することで起こる初期脱毛についてご紹介します。

プロペシアの服用後は初期脱毛が起きる場合がある

medications-1443910_960_720プロペシアを服用した際に抜け毛が発生する症状は、初期脱毛と呼ばれています。この初期脱毛が必ず発生するのか否かは、プロペシアを服用する人にとって大きな問題であるといえます。

プロペシアの初期脱毛は、「誰でも必ず発生する」というものではありません。初期脱毛の発生には個人差があるため、全く抜け毛が発生しないケースもあります。ただし、初期脱毛が発生するかどうかは服用してみなければ分かりません。

初期脱毛が発生した場合、発生から1週間程度で抜け毛が減っていき、完全になくなるまでは2カ月~3カ月程度かかるとされています。

初期脱毛はなぜ起こる?

上述したように、プロペシアの初期脱毛には個人差があります。これには、ヘアサイクルが大きく関係しています。

ヘアサイクルとは、髪が生え変わる際の一連の流れを指します。髪には成長期、退行期、休止期という3つの段階があり、それを繰り返すことで生え変わります。各段階での毛髪の状態は、以下のようになっています。

・成長期
毛根が活発的に活動し、頭皮に新しい毛が生え始めて成長する期間です。なお、成長期は2年~6年程度続きます。

・退行期
成長期の後に訪れる段階で、髪の成長が緩やかになる期間です。最終的には、毛根の活動が止まります。退行期は2週間程度続きます。

・休止期
退行期の後に訪れる段階で、毛根の活動が止まり、髪の毛がいっさい成長しない期間です。シャンプーやくしなどの外的要因によって、髪の毛が抜け落ちます。なお、休止期は約3カ月間~4カ月間続きます。

AGAを発症するとこのヘアサイクルが乱れ、成長期が極端に短くなります。プロペシアを服用すると毛母細胞が活性化し、ヘアサイクルも正常化するのですが、その際に休止期だった毛髪は成長期へと移行するために抜けてしまいます。これが初期脱毛の正体なのです。そのため、初期脱毛の有無やその量は、プロペシアを服用し始めたときに休止期の毛髪がどれだけあるかによっても変わります。

初期脱毛は健康な毛髪が抜けているわけではなく、いずれ抜けるはずだった古い毛髪が抜けています。これはヘアサイクルが正常化している証拠であり、プロペシアの効果が発揮されている証しでもあるのです。初期脱毛に直面した人の中にはAGAの症状が悪化したと勘違いして服用を止めてしまう人がいますが、服用を続けることが大切です。ただし、脱毛が3カ月以上続く場合は、早急に医師に相談するべきです。

初期脱毛で抜ける毛髪の本数と対処法

medications-1645354_960_720AGAでなくとも、1日に50本~100本程度の抜け毛があるといわれています。初期脱毛の場合、抜け毛の量には個人差があるためどの時期に何本程度抜けるかについては明確には分かりませんが、場合によっては300本~500本ほど抜ける可能性もあります。抜け毛の量に驚くという声も多いようですが、上述したようにプロペシアが効いている証しであるため心配する必要はありません。

初期脱毛が発生した場合、初期脱毛を抑えるための対策を考えるのではなく、次に生えてくる毛髪がしっかりと育つような対策を考えることが大切です。生活習慣の改善やストレスの解消、頭皮環境の改善など毛髪が育つ環境を整えることで、プロペシアによる発毛・育毛を促すことができます。

まとめ

プロペシアを服用すると、髪のヘアサイクルが正常に機能しようとするために、初期脱毛が生じることがあります。この症状は発生してから遅くとも3カ月後には治まりますが、もしも脱毛が3カ月以上続くようであれば、できるだけ早く医師に相談することが大切です。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■AGA治療を始めたのに…抜け毛が増える理由とは
■服用をやめると抜け毛が増える? プロペシアにリバウンドはあるの?
■デュタステリドを服用すると髪が薄くなる?初期脱毛の原因は?
■育毛剤の初期脱毛。ミノキシジルでも発生する?