メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
 > 
ミノキシジルに併用禁忌薬はある? プロペシアには相乗効果が!?

ミノキシジル

ミノキシジルに併用禁忌薬はある? プロペシアには相乗効果が!?

AGAも内服薬や外用薬で治療するのが一般的になってきました。AGA治療に効果的として、日本では外用薬のミノキシジルを配合した育毛剤が人気となっています。
治療薬として年代を問わず幅広く使用されていますが、利用する際に気をつけたいのは「併用禁忌」です。ミノキシジルは外用薬ですので、他の薬剤とは一緒に併用せず、ミノキシジルだけでの使用がすすめられている場合もあります。

今回は、ミノキシジルの作用機序や併用禁忌、他のAGA治療薬との併用についてご紹介します。

ミノキシジルは血圧を下げる作用がある薬とは併用しない

2_blood-pressure-1006791_1920ミノキシジルと血圧降下剤の併用は禁忌となっています。なぜなら、ミノキシジルは経口血圧降下剤として高血圧の患者に治療する目的で開発された薬のため、血圧を下げる作用のある薬を使用している人がミノキシジルを服用すると必要以上に血圧を下げてしまう恐れがあるからです。

また、ミノキシジルを使用しつつ他の外用薬や育毛剤を併用するのも避けた方がよいといわれています。ミノキシジルは頭皮に塗布するものなので、他の外用薬や育毛剤と併用すると、吸収が妨げられ効果が減る可能性や副作用の頻度を上昇させる恐れがあります。

ミノキシジルは、1960年代に現在のファイザー社に高血圧の治療薬の成分として開発されました。治療中の患者に多毛症などの効果がみられたため、AGA治療として使用されるようになりました。

ファイザー社がミノキシジルを開発される前までは、血圧降下のための治療薬であったため、使用に際しては注意が必要です。何か別のお薬を服用している方は、治療を受けている医師に相談しましょう。

アルコール摂取してミノキシジル塗布も危険性がある

3_brandy-585796_1920

ミノキシジルには血管拡張作用、血圧降下作用があります。血圧を下げるのは薬だけではなく、この他にも飲み合わせを注意すべきところがあります。

身近なものとして、アルコールには気をつける必要があります。なぜならば、アルコールの入った飲み物には血管拡張作用があるためです。血管が拡張することで血圧低下を招きます。

その中でもアルコールがあまり強くない方は特に注意が必要です。酔いが回るということはアルコールの作用も強くでるので、血圧が低下しすぎる危険性も高まります。

決してアルコールが禁忌というわけではありませんが、ミノキシジルとアルコールの飲み合わせには十分に注意が必要です。

プロペシアとの併用は相乗効果が見込める

ミノキシジルと併用が推奨されている内服薬があります。それが、プロペシアです。ミノキシジルとプロペシアの作用機序が異なるため、相乗効果が期待できます。

ミノキシジルは血管拡張をすることで、頭皮に栄養素をたくさん送ります。これが毛母細胞を活性化させ、発毛を促進します。

プロペシアの作用機序は、AGAの原因である5αリダクターゼを阻害しAGAの進行を抑えます。それにより、育毛サイクルを正常に戻します。

異なる作用を持つミノキシジルとプロペシアの併用は、全く問題がありません。ミノキシジルだけを使用するよりも効果が期待できます。この飲み合わせはAGA治療にとって標準的な方法であり、治療効果を高めたい人には効率よく治療できる選択肢のひとつです。

まとめ

ミノキシジルには、血圧を低下させる作用があります。そのため、血圧降下剤の併用は禁忌とされています。

また、禁忌ではありませんが、アルコールとの飲み合わせは気を配る必要があります。血管拡張作用があるため、こちらも血圧低下につながります。

これに対して、内服薬であるプロペシアとの併用は推奨されています。両方の薬は作用機序が異なるためAGA治療に相乗効果が期待できます。

ミノキシジルをもっと知る

一覧へ

ミノキシジルの使用方法

一覧へ

ミノキシジルの特徴