来院希望のクリニックをお選びください。
TEL・アクセス・診療時間などの情報が確認いただけます。

総合TOPページヘ戻る

お問合わせを閉じる

 > 
 > 
 > 
 > 
ミノキシジルに併用禁忌薬はある? プロペシアには相乗効果が!?

ミノキシジル

ミノキシジルに併用禁忌薬はある? プロペシアには相乗効果が!?

AGAの治療方法としては、治療薬を用いるのが一般的です。特に日本では、外科的な療法はあまり取り入れられていません。AGA治療に効果的な薬が内服薬・外用薬ともにあるため、まずはそちらで対処することになります。
AGA治療に効果的だとされている成分のひとつが、ミノキシジルです。ミノキシジルを配合した育毛剤が人気となったことからその知名度は高く、治療薬として広く用いられています。そんなミノキシジルを利用する際に注意したいのが、「併用禁忌」です。ミノキシジルには、一緒に使ってはならない併用禁忌薬があります。
そこで今回は、ミノキシジルの併用禁忌や他のAGA治療薬との併用についてご紹介します。

ミノキシジルの併用禁忌

2_blood-pressure-1006791_1920ミノキシジルの併用禁忌薬としては、血圧を下げる作用のある薬があげられます。これは、ミノキシジルの作用に大きく関係しています。

ミノキシジルはもともと、1960年代に現在のファイザー社が開発した高血圧の治療薬の有効成分です。高血圧の治療中の患者に発毛効果が認められたことから、薄毛の治療薬としても用いられるようになりました。AGA治療薬としての作用は、血管の拡張によって血行を良くし、栄養を多く送れるようにすることで毛母細胞を活性化させるというものです。

このように、ミノキシジルには血管を拡張させて血圧を下げるという作用があります。そのため、ミノキシジルを使用中に血圧を下げる作用のある薬を服用すると、必要以上に血圧が下がりすぎてしまう可能性があります。こうしたことから、血圧を下げる作用がある薬はミノキシジルの併用禁忌薬となっています。

他の外用薬や育毛剤との併用は、禁忌ではありませんが避けるべきだとされています。ミノキシジルはもともと頭皮に塗布するものであるため、吸収の妨げになる可能性があります。

アルコールの摂取も要注意

3_brandy-585796_1920上述したように、ミノキシジルには血管拡張作用、血圧降下作用があります。そのため、同じ血圧降下作用がある薬が併用禁忌になっています。ここで注意したいのが、血圧を下げるのは薬だけではないということです。

 

 

 

例えばアルコール。アルコールにはさまざまな作用があり、そのなかのひとつが血管拡張作用です。これにより、血圧が下がります。特に、飲むと顔が赤くなる人はその作用が強く現れているといえます。こうしたことから、ミノキシジルを使用中にアルコールを摂取すると、血圧が下がりすぎる可能性があります。

アルコールの作用は摂取の頻度や体質などによっても変わるため一概にはいえませんが、ミノキシジルを使用する際には注意が必要です。

プロペシアとの併用は大丈夫?

ミノキシジルには併用禁忌がありますが、同じAGA治療薬であるプロペシアとの併用は推奨されています。これは、ミノキシジルとプロペシアの作用機序が異なることで相乗効果が期待できるためです。

上述したとおり、ミノキシジルは血管の拡張によって血行をよくし、栄養を多く送れるようにすることで毛母細胞を活性化させます。これに対してプロペシアは、AGAの原因となる5αリダクターゼを阻害する働きがあり、これによってAGAの進行を抑制します。このように、ミノキシジルとプロペシアは全く違ったアプローチによってAGAの治療を行います。こうしたことから、ミノキシジルとプロペシアの併用は問題がなく、相乗効果が期待できるのです。

これは、プロペシアと同じAGA内服薬であるザガーロにも同じことがいえます。ザガーロはプロペシア同様5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるため、ミノキシジルと競合することはありません。ザガーロとの併用に関しても相乗効果が期待されているため、ミノキシジルだけでは不安という場合には併用するというのも選択肢のひとつといえます。

ミノキシジルをもっと知る

一覧へ

ミノキシジルの使用方法

一覧へ

ミノキシジルの特徴