プロペシア

服用中は控えるべき? プロペシアの子作り・胎児への影響とは

最終更新日:

プロペシアの服用を検討されている方でこれから子どもを作ろうとしている人も多いかもしれません。そんな男性たちが懸念しているのが、プロペシアの服用によって性行為に影響が出ないかどうかという点です。胎児に悪影響が出たら、AGAの治療どころではありません。ここでは、プロペシアを服用中の性行為や胎児への影響がどうなっているかについて、ご紹介します。

用法用量を守れば性行為は問題なし

プロペシアを服用している男性との性行為は、問題なく行うことができます。近年は薬の副作用の問題が取り沙汰されることもあり、胎児への影響などが心配されることもありますが、プロペシアの成分は精液中にほとんど移行されず(※1)、プロペシアの添付文書でも、服用中の性行為に関する記述はありません。

ただし、これは用法用量を守って服用している場合の話であり、摂取量を増やした場合は精液中に移行する成分も多くなる可能性があることから悪影響を及ぼす危険性があります。

妊娠中の女性はプロペシアに要注意

プロペシアは、AGAの男性のみに処方される薄毛治療薬です。国内の医師が女性に処方することはありませんが、仮に女性がプロペシアを服用した場合は胎児に深刻な影響が及ぶ可能性があります。

プロペシアの有効成分フィナステリドには、5α-還元酵素II型を選択的に抑制することによりテストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を阻害する効果があります。ジヒドロテストステロンは男性胎児の性器形成に必要な物質であるため、フィナステリドの影響で働きが低下すると正常な性器形成が行われない危険性があります。そのため、妊娠中の女性やその可能性がある女性などは、プロペシアを服用してはならないのです。(※1)

服用しないまでも、プロペシアに触れただけで影響を受けてしまう恐れがあります。女性は妊娠初期に気付かないこともあるので、プロペシアに間違って近づくこともないよう注意が必要です。砕けたプロペシアや割れかけたプロペシアなどにも要注意です。(※1)

プロペシアの男性への影響

性行為自体には影響はありませんが、服用している男性自身に影響を及ぼす可能性はあります。

プロペシアは、AGAの効果的な治療薬であると同時に副作用を持つ医薬品です。プロペシアの副作用の中でも代表的なのが、性機能への影響です。勃起機能の低下、性欲減退、精液が薄まるなど、さまざまな影響が報告されています。(※1

もしもそうした状態に陥った場合には、AGAの専門の医師に相談してみてください。プロペシアと併用してよくない影響が起きる医薬品はありません。そのため、バイアグラなどのED治療薬を処方してもらうという対策も可能です。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■プロペシアを飲み続けると、男性不妊症のリスクが高まるって本当?
■性機能への影響が大?プロペシアの副作用
■性欲減退!?ザガーロの主な副作用

まとめ

プロペシアは、健康な成人男性が服用する分には問題なく効果を得られるAGA治療薬です。その副作用によって性行為に影響が出てしまうのではないかという懸念は、専門の医師と相談してED治療薬を利用するなどの対策で解消することもできます。プロペシアが精液に混入する割合も微量なため、服用中の男性が女性と性行為をする分にも心配ありません。ただし、パートナーの女性などが妊娠している場合、女性がプロペシアを服用してしまったり触れてしまったりした場合には、胎児に影響が及ぶ可能性があります。さらに胎児が男児だと、性機能の形成に支障が出る恐れがあるのです。プロペシアを女性が接触することのないよう、男性は厳重に管理する必要があります。

参考記事

(※1)PMDA プロペシア錠
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_08/