AGA専門外来

プロペシア

『プロペシア』の副作用とは?
プロペシアの症状と対処方法について解説

AGA治療薬プロペシアとはどのようなものかご存知でしょうか?実はプロペシアは良い意味で副作用と切っても切り離せない治療薬なのです。今回はそんなプロペシアの意外な副作用との関係性や、AGA治療薬として服用する際に気になる副作用、対処方法についてもご紹介します。

『プロペシア』の副作用とは?プロペシアの症状と対処方法について解説

最終更新日:

1. プロペシアとは

「プロペシア(Propecia)」とは男性に使用される脱毛症用薬の一種です。有効成分は「フィナステリド(Finasteride)」。遺伝や男性ホルモンなどに影響されて発症するAGA(男性型脱毛症)を予防・改善できる治療薬として、厚生労働省の承認を受けています。

1-1. プロペシアの有効成分「フィナステリド」とは

プロペシアの主成分は、「フィナステリド(Finasteride)」。アメリカテキサス州からメキシコに自生する「ノコギリヤシ」という植物の薬効成分を研究することによって開発された、化学合成成分です。フィナステリドは、AGAや前立腺肥大、体毛増加、ニキビへの効果が確認されています。

2. プロペシアの歴史と意外な副作用としての効果

プロペシアはアメリカの製薬会社、メルク社によって開発されました。メルク社は様々な医療医薬品やワクチンの研究開発、製造、販売などを行ってきましたが、プロペシアの誕生は意外なきっかけによるものです。

プロペシアの主成分フィナステリドはもともと、前立腺肥大を治療するために開発された成分でした。メルク社では前立腺肥大を治療する成分として1991年にフィナステリドの開発を開始。翌1992年には「プロスカー」という商品名で承認されました。しかし、前立腺疾患のためプロスカーを服用していた患者から「抜け毛が減った」「髪が増えた」などの副作用が見られ始めたのです。

これら臨床データや研究などの背景もあり、1997年12月にアメリカ国内でAGA治療薬として承認。日本国内では米メルク社の日本法人である万有製薬(現在のMSD株式会社)が、2001年に臨床試験を開始し、2005年10月11日に製造販売承認を取得しました。同年12月14日には「プロペシア」という商品名で発売され、今日まで日本国内においてもAGA治療薬としての地位を築いています。(※1)

3. プロペシアの主な副作用

プロペシアに限らず、薬を服用するときには副作用について少なからず心配しますよね。プロペシアについては、一般的に副作用の頻度は低く、副作用が起こったとしてもその多くは軽度の症状であると言われています。しかし、副作用によっては稀に重症となる可能性もあるため、副作用についてしっておくことは大切です。

プロペシアの臨床検査では、276例中11例、14件の副作用が認められました。その割合は4.0%で、リビドー減退が3例(1.1%)、勃起機能不全が2例(0.7%)と報告されています。使用成績調査では、943例中5例、5件の副作用が認められています。その割合は0.5%で、リビドー減退が2例(0.2%)、肝機能障害が2例(0.2%)などとなっています。プロペシアの主な副作用は生殖器障害と肝機能障害で、それ以外の症状もわずかながら報告されています。(※1)

3-1. 生殖器障害の症状

分かりやすく表現すると、男性機能に関する症状を指す生殖器の障害。プロペシア服用に関連する副作用の症状としては、勃起不全やリビドー減退(性欲の減少)などが主に報告されています。その他には、射精障害や睾丸痛、精液量減少などの症状も生殖器障害にふくまれます。

3-2. 肝機能障害の症状

一般的に、肝機能障害の症状は食欲不振や疲労感、吐き気など様々ですが、なかには重篤な症状をきたす場合があるため注意が必要です。肝臓は沈黙の臓器と表現されるように症状に気づかないケースも少なくありません。プロペシアの副作用として、肝機能障害の報告例はありますが、その発症率は不明とされています。

肝臓に与える影響は、たくさんの要因が考えられます。食べ物やアルコール摂取、プロペシア以外の薬の内服等、様々な要因が肝臓に影響を与えるため、肝機能障害の原因がプロペシアだけに限定しにくいのです。

4. プロペシアのその他の副作用

MSD株式会社プロペシア錠インタビューフォーム 改訂第15版2018年のデータによると、以下のような副作用が報告されています。

種類/頻度 1% 未満 1~5%未満 頻度不明注 1
過敏症 瘙痒症、蕁麻疹、発疹、
血管浮腫(口唇、舌、咽喉
及び顔面腫脹を含む)
生殖器 勃起機能不全注 3)、
射精障害注 3)、
精液量減少
リビドー減退注3) 睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)注 2)
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP 上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

注1) 自発報告あるいは海外において認められている。

注2) 本剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。

注3) 市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある。

5. プロペシア服用後に後遺症が残る?

一般的に、プロペシアの副作用の発症率は低く、その症状も比較的軽度で服用を中止すると収まることが多いと言われています。しかし、海外ではプロペシアの副作用が出て服用を止めたにも関わらず、性欲減退や勃起不全、抑うつ症状などが続き、副作用の後遺症が残っていると訴えている人もいるようです。

これらの後遺症に悩む人たちの被害者団体が生まれるなど、プロペシアでの治療をしようか悩んでいる人にとって不安な事実も起きていますが、実際はこれらの症状とプロペシアとの因果関係は明らかとなっていません。

6. プロペシアの副作用への対処方法とは

もし、プロペシアを服用して何らかの副作用を感じた場合は、できるだけ早いタイミングで医療機関を受診することをおすすめします。プロペシアを処方してもらった主治医のもとに行き、プロペシア服用後に起こった症状をきちんと伝えることが、解決への近道です。主治医に相談することのメリットは主に3つ。

  • プロペシアによる副作用かどうかの専門的判断が得られる
  • 副作用を抑える薬を処方してもらえる可能性がある
  • 減薬もしくは処方の変更、投薬以外の治療法に切り替えるなど、他の方法で継続した治療が可能

これらの専門的な判断は、医師しか行うことができません。AGA治療は、プロペシアなどの薬を飲む方法以外にもたくさんあります。AGA治療を円滑に、そして安心して行うためにも、プロペシアの処方は医療機関で処方してもらうことをおすすめします。

7. プロペシアの併用禁忌薬はある?

プロペシアの併用禁忌薬はある?

プロペシアの添付文書には、併用禁忌と併用注意の記載はありません。食事の影響もないため、食べ合わせに注意する必要がなく便利です。ただし、現在治療中の病気があり、何らかの薬を飲んでいる人は、念のため主治医に相談すると安心でしょう。(※1)

8. プロペシア服用で異常を感じたらかかりつけ医へ相談しよう

今回は、AGA治療薬・プロペシアの副作用や、副作用への対処方法、併用禁忌薬の有無についてご紹介しました。

プロペシアは、比較的副作用が少なくその症状も軽度と言われていますが、万が一の時の備えは大切です。プロペシアは通販で個人輸入することも可能ですが、重篤な副作用が出たときの国の保証などを受けられないことを考慮すると、医療機関で処方してもらう方がはるかに安心です。

プロペシアを服用して異常を感じたら、早めにかかりつけ医に相談することで、症状が軽く済んだり他の治療法へ早い段階に切り替えたりすることができます。

9. 安全・簡単・スピーディー!プロペシアの処方

プロペシアは厚生労働省に承認されている医薬品であり、原則として、医療機関以外での販売は禁止されています。インターネット上では、個人輸入代行業者を通して仕入れたプロペシアが販売されていますが、ネット通販で購入するのは安全とはいえません。それは、次のような問題があるからです。

  • 輸入元の国によっては品質基準が低く、有効性や安全性が不十分である
  • 偽造品や劣悪品が出回っていて、騙される恐れがある
  • 飲み方や注意点についての説明書が同封されていないことがある

このように、ネット上で購入したプロペシアを服用すると、効果が出ないだけならまだしも、健康に重大な悪影響を及ぼすおそれがあります。
安全にAGAを治療するためには、医療機関を受診して、適切な治療薬を処方してもらうことが大切です。

病院での処方の流れ

プロペシアの処方は、AGAの治療を専門に行っているクリニックでの処方がスムーズです。

  • 1.受付(プロペシア処方は保険の適用外なので、保険証は不要です)
  • 2.問診表の記入
  • 3.医師による問診・診察
  • 4.受付で薬を受け取る

以上の流れが、初診で15分~20分、2回目以降は5分~10分程度で終了します。
通常、プロペシアは28錠(約1ヶ月分)から処方され、一度来院すれば、多くても月1回の通院ペースですみます(※あくまで目安のペースで、処方内容などによって異なります。)。土日や祝日に開院しているクリニックもあるので、忙しい人でも充分AGAの治療は可能です。

10. AGA治療クリニックの選び方

AGA治療のクリニックの選び方を
動画でご紹介致します

参考URL

※1)MSD株式会社 プロペシア インタビューフォーム
http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/2/170050_249900XF1021_2_015_1F

この記事の監修者

西澤 康平の写真
西澤 康平の写真

西澤 康平

イースト駅前クリニック 京都四条烏丸院 院長


2006年03月 北海道大学医学部卒業、2013年04月 札幌医科大学付属病院 研修医、2016年03月 釧路優心病院 精神科 勤務医、2017年10月 イースト駅前クリニック京都四条烏丸院 院長就任

イースト駅前クリニック所属医師

当サイトの運営者情報はこちら

AGAについてのよくあるお問合せ

  • プロペシアの主な副作用はなんですか?

    国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

    プロペシアについて

  • プロペシアの作用機序について教えてください。

    テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。
  • 服用中に献血をしても問題ないですか?

    服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。