レビトラ

【ED治療薬】主要3種類の基礎知識~値段・購入方法・通販の危険性を解説

最終更新日:

現在販売されているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類。今回はそれぞれのED治療薬にどのような特徴があるのか、効果や特徴、副作用について詳しく見てみましょう。また、ED治療薬を購入する際の注意点、危険なED治療薬ジェネリックなどについても詳しく解説します。

目次※知りたい情報をクリック

ED治療薬とは?主要3種類の効果と特徴

(※1)

代表的なED治療薬といえば、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類で、いずれも日本国内で認可を受け、専門の医療機関で処方される薬剤です。まずは、その3種のED治療薬について、基本的な特徴をまとめてみました。

ED治療薬 バイアグラ レビトラ シアリス
販売/製造 ファイザー バイエル薬品 日本イーライリリー
有効成分 シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル
効果 男性器の正常な勃起をサポート
効果持続時間 5時間程度 5~10時間程度 24~36時間程度
概要 世界初のED治療薬で、知名度はNo.1。日本では1999年に認可されています。狭心症治療薬として開発されたものの、治験段階でEDに効くとの声が多数挙がったことから、ED治療薬として開発が進められました。発売から年月が経った現在では、新形状のバイアグラODフィルムや、安価なバイアグラジェネリックの販売も行われています。 バイアグラに次いで、日本では2004年に販売が開始されました。食事の影響を受けやすいというバイアグラの弱点を改善。さらに、即効性や勃起の力強さはバイアグラを凌ぐとされています。また、水に溶けやすく、吸収が早いことから、その即効性が魅力とされています。その一方で、副作用が現れやすいの点がデメリットです。 日本では2007年に発売が開始され、現在ではED治療薬の世界シェアNo.1。 最大の特徴は、緩やかでマイルドな効き目が最大36時間続くことです。水に溶けにくく、体内に吸収されるまでに時間がかかることが、その要因と考えられています。3種類のED治療薬の中では、最も「自然に近い」勃起を叶えることが可能です。

(※1、2、3)

≫主要3種のED治療薬について、
さらに詳しい比較表を見る≪

ED治療薬の値段(価格相場)

EDの治療を続けていくには、経済的な面も考えなくてはなりません。ED治療薬の値段(価格相場)は下表の通りです。ED治療を受けようと検討している方、すでに治療を受けている方は参考にしてください。なお、値段は1錠あたりのものです。

ED治療薬 用量 値段(価格相場)
バイアグラ 50mg 1,500~2,000円
25mg 1,300~1,800円
レビトラ 20mg 1,800~2,500円
10mg 1,500~1,800円
シアリス 20mg 1,800~2,500円
10mg 1,600~2,000円

上記の値段はあくまで参考価格です。ED治療薬は保険適用とはならず、購入は自己負担。各医療機関によって、自由に価格を決めることができるため、価格差も生じます。また、ED治療薬を安全に使用できるかチェックする診察に高い料金を設定している医療機関も少なくありません。その一方で、診察料をED治療薬代に含むというシステムの医療機関もあります。長く続ける必要があるED治療だからこそ、少しでも経済的に余裕を持ちたいものです。治療を受ける前には、受診を検討している医療機関に、前もって必要な費用を確認しておくとよいでしょう。

≫イースト駅前クリニックでの
ED治療薬の価格例を見る≪

ED治療薬別に見る主な副作用一覧

ED治療薬は、勃起を促す効果は高いものの、3種類とも副作用の危険性を少なからず持っています。また、薬の飲み合わせによって、その副作用が強く現れることも。過去には飲み合わせの悪さを知らずに服用した方が、副作用によって命を落としたケースもあります。ED治療薬を安全に使用するためにも、どのような副作用が現れやすいのか把握しておきましょう。具体的には以下の通りです。

ED治療薬 バイアグラ レビトラ シアリス
主な副作用 ほてり
頭痛
動悸
めまい
眠気
胸痛
消化不良
皮膚のかゆみ
発汗
頭痛
鼻づまり
視覚異常
ほてり
消化不良
筋肉痛
頭痛
鼻づまり
めまい

上記の症状は、製薬会社の研究の結果、一定確率で生じることが分かっているものです。副作用の現れ方は、人によって異なります。使用を開始して、不快な症状が現れるようであれば、無理に使用を続けるのは危険です。また、ED治療薬は、元々肝機能や腎機能が悪い方は服用できないケースもあります。ED治療薬には「禁忌」「併用禁忌」がありますので、使用前に十分な注意が必要です。ご自身では判断できないこともありますので、まずは医療機関で医師の診察・面談を受け、問題なく使用できることを確認しましょう。 (※1、2、3)

≫副作用と同時に注意すべきなのが、
各ED治療薬の併用禁忌≪

ED治療薬ジェネリックの注意点

インターネットなどでも、海外から輸入したバイアグラやレビトラやシアリスのジェネリックが販売されています。これらのジェネリックは、日本ではなく、医薬品に対する特許制度が整っていないインドなどで作られたものが大半です。価格は病院で処方してもらうED治療薬に比べて10分の1以下で、一見魅力的ですが、危険が伴います。海外製のED治療薬ジェネリックは偽物も多く出回っているため、購入・使用は絶対に避けましょう。

ED治療薬である「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」それぞれで国内正規品のジェネリック医薬品が存在します。必ず正規品を使用するように心がけましょう。

そもそもジェネリックとは?

ジェネリックとは、特許が切れた先発薬と同じ有効成分を含み、効果や安全性などが同等とされる医薬品のことです。医薬品を作り出すには莫大な費用がかかるため、新薬には通常20~25年にわたって特許が認められます。この間、他の製薬会社は同じ有効成分の医薬品を作ることはできません。しかし、特許期間が過ぎた後は、それが可能になります。そして、新たにできる医薬品がジェネリックです。開発するための費用が必要ないため、新薬に比べ価格を抑えることができます。 (※4)

ED治療薬ジェネリックの注意点

ED治療薬では、現在のところ、バイアグラのジェネリック、シアリスジェネリックしか販売されていません。というのも、レビトラの特許はまだ切れておらず、ジェネリックも作れないためです。一方、バイアグラとシアリスは特許期間が切れたため2014年と2020年にそれぞれジェネリックが販売されています。現在、国内では10社がバイアグラのジェネリックを製造・販売中です。しかし、インターネットなどでは、海外から輸入したバイアグラやレビトラやシアリスのジェネリックが販売されています。これらのジェネリックは、日本ではなく、医薬品に対する特許制度が整っていないインドなどで作られたものです。価格は病院で処方してもらうED治療薬に比べて10分の1以下で、一見魅力的ですが、海外製のED治療薬ジェネリックは偽物も多く出回っているため、購入・使用は避けましょう。

≫バイアグラのジェネリックについて詳しく見る≪

ED治療薬を購入する際の注意事項

ED治療薬を入手するにはどのような方法があるのか見てみましょう。併せて、購入時の注意点もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

通販・個人輸入は絶対に避ける

海外製のED治療薬ジェネリックは、偽造薬・粗悪品も多く出回っています。単に有効成分が少ない、または含まれていないというものも。中には、健康を害する成分が含まれていることもあります。また、個人輸入したED治療薬ジェネリックにより副作用が生じた時は、「医薬品副作用被害救済制度」を利用することができません。便利さと低価格に魅力を感じて安易にED治療薬ジェネリックに手を出すのは危険です。正規品と非常に類似したパッケージのジェネリックもありますので注意しましょう。 (※5)

正規品を処方してもらう

ED治療薬を購入する際は、専門の医療機関で診察を受け、国内の正規品を処方してもらうようにしましょう。また、EDの原因は様々です。改善のためには注意しなければならない生活習慣も多く、単にED治療薬を使用しただけでは十分な効果がないことも。より確実にEDを改善するには、ED治療の経験が豊富な専門クリニックで、的確なアドバイスを受けるのがおススメです。

≫ED治療における偽造薬の危険性についてさらに詳しく見る≪

ED改善へ治療薬は必須!正規品を購入し、確かな効果を実感しましょう

ED改善のために必須となるED治療薬。現在、日本で販売されているのは、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。いずれも購入の際は保険適用外のため、治療を続けるには一定の経済的負担が伴います。

一方、インターネットでは海外製の安いジェネリックが広く流通しています。価格は医療機関で処方してもらう正規品の10分の1程度で、経済的には一見魅力的ですが、偽造品も多く含まれており、安易に使用すると健康を害することも。ED治療薬は、ED治療をメインで行う専門クリニックで正規品を処方してもらうようにしましょう。

参考URL

※1)ファイザー株式会社、バイアグラ錠添付文書
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/medley-medicine/prescriptionpdf/671450_259000AF1024_2_14.pdf
※2)バイエル薬品株式会社、レビトラ錠添付文書
https://www.hama1-cl.jp/pdf/package_insert/levitra_package_insert.pdf
※3)日本新薬株式会社、シアリス錠添付文書
https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00053585.pdf
※4)日本ジェネリック製薬協会、ジェネリック医薬品を知りたい方へ
https://www.jga.gr.jp/general/about/faq01/
※5)厚生労働省、偽造医薬品問題の現状と対策について
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002w4wd-att/2r9852000002w570_1.pdf

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師池袋院院長:安田 吉宏 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師静岡院院長:長坂 良 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:西澤 康平 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.