メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
 > 
バイアグラの処方について、薬のもらい方や服用できない方とは

バイアグラ

バイアグラの処方について、薬のもらい方や服用できない方とは

バイアグラに代表されるED治療薬を安全に手に入れるためには、病院やクリニックで処方してもらうのが一番です。しかし、これらの治療薬は誰にでも処方されるというわけではなく、なかには処方されることができない方もいます。それでは、処方できる人とできない人の差はどこにあるのでしょうか。ここでは、バイアグラの処方のされ方や処方の可否についてご紹介します。

バイアグラの処方のされ方

10-1pixabayバイアグラを病院やクリニックで処方してもらうためには、まず診察を受ける必要があります。その診察でバイアグラを処方できるかどうかが判断され、問題がなければ処方されます。通販であれば診察を受けずにバイアグラを購入することもできますが、診察がなければバイアグラを飲んでも大丈夫な体質・状態なのかを判断できないため、思わぬ事態に見舞われることも考えられます。また、薬の安全性・信頼性という面からみても、病院やクリニックで処方してもらったほうが望ましいといえます。なお、通販で購入したバイアグラがニセモノであったという報告も確認されているため注意が必要です。

バイアグラが処方できない理由

10-2pixabayバイアグラは誰でも処方してもらえるというわけではなく、条件によっては処方してもらえないこともあります。その条件には、以下のようなものがあります。

ひとつは、心臓や血管に関する持病がある場合です。狭心症や心不全といった心臓に関する病気、血管系障害などを有している場合には、そもそも性行為をすることができない人もいます。こういった人は、処方してもうことができません。また、低血圧あるいは治療によって管理されていない高血圧の人もNGです。バイアグラには血圧を下げる効果があるため、低血圧の人は血圧が下がりすぎますし、高血圧の人も症状によっては服用できないケースがあります。

このほか、バイアグラの過敏症の既往歴があった場合、重度の肝機能障害がある場合、直近6ヶ月で脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴がある場合、網膜色素変性症の場合なども同じく処方してもらうことができません。

併用禁忌薬について

バイアグラを処方してもらえない条件については前述のとおりですが、もうひとつ気をつけなければならないものがあります。それが、併用禁忌薬です。併用禁忌薬とはその名のとおり、バイアグラと一緒に併用することができない薬のことです。同時に服用すると、最悪の場合死に至ることもある危険なものです。

最も知られているのは、狭心症などの薬として使われるニトログリセリンです。ニトログリセリンは血管拡張作用のある薬であり、使用すると血圧が下がります。バイアグラにも同じく血管拡張作用と血圧を下げる効果があるため、併用することで血圧が急激に降下してショック状態に陥ることがあります。

ニトログリセンは硝酸剤系の薬であるため、同じ系統の薬を服用している場合もバイアグラは処方できません。また、服用だけでなく貼り薬の場合も危険で、所持しているだけでも危険性があります。何らかの形で硝酸剤と関わっている場合は要注意です。

硝酸剤以外にも併用禁忌薬はいくつかあるため、現在服用している薬があれば医師に正しく申告しなければなりません。

今回ご紹介したように、バイアグラを処方してもらうためにはいくつか条件をクリアする必要があります。その条件は身体の状態であったり服用している薬の成分であったりとさまざまですが、重篤な副作用を引き起こす可能性もあるため無視できないことです。もしバイアグラを処方してもらうことができなくてもほかのED治療薬であれば大丈夫な場合もあるため、まずは医師にしっかりと相談しましょう。

■関連情報はこちらから
■バイアグラの基本的な情報を知りたい方
→ バイアグラの服用や処方等の適切な使用について
■他の薬剤も病院で処方してもらいましょう
→ シアリスはクリニックや病院で処方してもらおう!
→ 病気の方は要注意、シアリスを処方できない人や併用禁忌

WEB予約特典

▼各薬剤の価格は下記医院ページからご覧いただけます。

バイアグラをもっと知る

一覧へ

バイアグラの使用方法

一覧へ

バイアグラの特徴

一覧へ

バイアグラの体験談