メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
 > 
ED患者が陥りがち?バイアグラが効かないケース、原因

バイアグラ

ED患者が陥りがち?バイアグラが効かないケース、原因

ED治療薬としてバイアグラは、アメリカの製薬会社「ファイザー社」によって開発されました。バイアグラの販売当初に約4,500人のED患者を対象に行った臨床試験では、約70%の人に効果が認められたという実績があります。また、ストレスなどの心因性のED患者に限っては、約80%にのぼりました。そのため、現代でもバイアグラはED治療の第一選択として扱われています。しかし、中には「バイアグラの効果が思った以上に期待できなかった」「服用しても効かなかった」という人もみられます。

そこで今回は、バイアグラが効かなくなる理由についてご紹介します。

バイアグラが効かなくなる原因

多くの人に効果がみられるバイアグラですが、場合によっては効果がみられないこともあります。バイアグラの効果がみられなくなる原因には、以下のようなものがあります。

・食後の服用

・精神的な問題

・老化・神経障害

・血管機能の低下

以上が、バイアグラが効かなくなる主な原因とされています。

バイアグラを食後に服用することは、食べたものによって有効成分のシルデナフィルの吸収を妨げてしまい、思ったような効果を期待できなくなります。また、バイアグラを服用する数時間前に油分の多い食事を摂った場合も、バイアグラの効果が期待できない可能性が高くなります。そのため、バイアグラを服用する場合は「油分の食事を避ける」「食事しないこと」「食事したら最低2時間以上時間を空けて食べ物が消化されてから服用する」ことを心掛けましょう。

精神的な問題とは、主に心因性のストレスや性欲減退などの症状です。これらの問題を抱えている場合、バイアグラの効果は効きにくくなります。

老化・神経障害とは、老化による全身機能の衰えによる影響です。特に60歳を過ぎると、勃起力が低下するのでバイアグラを服用しても効きづらくなる可能性があります。

血管機能の低下とは、動脈硬化や肥満などの影響です。バイアグラの作用は、血管を拡張させて陰茎へ送り込む血流を増やすという働きがあります。そのため、血管に負担がかかる病気を抱えている場合は、バイアグラを服用しても効きづらくなる可能性があります。また、糖尿病を抱えている人も血管の働きが低下しているので、バイアグラの効果を期待できない場合があります。

バイアグラが効かないときは、病院に相談を

14-2pixabayバイアグラの効果が実感できない理由は、正しく服用されていなかったり、体面や精神面に影響があったりします。そのため、バイアグラを処方された病院に相談して正しい服用方法を知り、服用するタイミングを間違えないようにすることが大切です。体面や精神面に影響がある場合は、病院に症状を話して適切な治療を受ける必要があります。また、服用方法や用量を守らずにバイアグラを服用した場合、健康被害を受けてしまう可能性があるので自己判断で服用してはいけません。

※※バイアグラの基本情報をもっと知りたい方はこちら※※

WEB予約特典

▼各薬剤の価格は下記医院ページからご覧いただけます。

まとめ

バイアグラが効かなくなる理由は、人によってさまざまです。ただし、バイアグラが効かなくなる理由を知って服用する方法やタイミング、適切な治療を受けることで効果を実感できるようなります。そのため、バイアグラが効かないときは、病院へ行き、医師に状況を説明した上で相談することが大切です。

バイアグラをもっと知る

一覧へ

バイアグラの使用方法

一覧へ

バイアグラの特徴

一覧へ

バイアグラの体験談