メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
 > 
バイアグラの価格を比較。1粒当たりの値段は?

バイアグラ

バイアグラの価格を比較。1粒当たりの値段は?

EDに効果的な治療薬であるバイアグラ。バイアグラを入手するためには、病院で診察を受けて処方を受ける必要があります。
日本では、ED治療は自由診療扱いになります。そのため、バイアグラの処方を受ける際には保険適用外となり、料金がすべて患者負担となります。なお、自由診療のため病院によって価格設定は異なります。病院の受診料に関しては、初診料や再診料を支払う必要がある病院もあれば、バイアグラの料金だけを支払う病院もあります。

病院によって料金バラつきがあるとなると、バイアグラを入手するためにはどの程度の費用が必要となるかが気になるところです。そこで以下では、病院で処方されるバイアグラの価格と相場についてご紹介します。

バイアグラの価格相場

7-1

バイアグラの価格相場は、25mg錠ひとつで1,000円~1,300円、50mg錠ひとつで1,500円~2,000円です。ただし、バイアグラの処方は自由診療扱いになるので病院によっては上記よりも安価、もしくは高価な場合もあります。また、バイアグラの価格以外に受診費用が必要になることもあります。受診費用が必要になったときの平均的な費用相場は、初診料および検査料として5,000円~10,000円です。

近年では、バイアグラのジェネリック医薬品を取り扱っている病院も多くなっています。ジェネリック医薬品は特許が切れた医薬品と同じ成分で製造され、値段をより安価に抑えることができます。バイアグラの特許は2014年5月に切れているので、2015年からバイアグラのジェネリック医薬品が販売されるようになりました。

ジェネリック医薬品の価格は、50mg錠ひとつが1,000円ほどで設定されており、正規のバイアグラと比べると8割程度安価になっています。治療の費用を抑えたいのであれば、バイアグラのジェネリック医薬品を選択することもできます。

安心して服用したいなら、病院で処方を

バイアグラを入手する一般的な方法は、ED治療を専門的に行っている病院や泌尿器科を受診し、処方を受けるという方法です。この方法であれば、バイアグラの処方元が明確になっているので安心です。

病院でバイアグラの処方を受けた場合、服用した後に万が一副作用が起こって身体に異常が生じても、受診した病院で対処することができます。病院によっては初診料や再診料が必要ないところもあるので、このような病院であれば、受診費用を抑えてバイアグラを買うことができます。

現在では、バイアグラのジェネリック医薬品を取り扱っている病院も増えてきています。そのため、バイアグラの正規品、またはジェネリック医薬品を選択して病院で買うことが可能になっています。

なお、通信販売で購入するという選択肢もありますが、通信販売の場合は粗悪品や偽造品の可能性も否定できないため、病院やクリニックを通じて処方を受けることが望ましいといえます。

バイアグラの料金一覧(参考)

参考までにイースト駅前クリニックのバイアグラの料金一覧を掲載致します。

薬剤名 処方単位 価格(税込)
バイアグラ25㎎ 1錠 ¥1,300
バイアグラ50㎎ 1錠 ¥1,500
バイアグラジェネリック25㎎ 1錠 ¥780
バイアグラジェネリック50㎎ 1錠 ¥980
バイアグラODフィルム 1錠枚 ¥1,500

※各医院によって取扱い薬剤や価格は、異なるため実際の価格は各医院でご覧ください。

(下記リンクをクリックすると各院のED治療薬の価格一覧へ飛びます)

まとめ

7-2pixabayバイアグラの購入を考える際、病院やクリニックであれば安全性が高いため安心です。なお、バイアグラの価格はどこの病院で購入するのか、正規品またはジェネリック医薬品を買うのかによって変動します。そのため、バイアグラの価格相場を把握しておき、利用する病院の価格を事前に確認しておくことが大切です。

バイアグラを購入する際には値段はもちろんのこと、安全性もきちんと比較して選ぶようにしましょう。

■関連情報はこちらから
■バイアグラの基本的な情報を知りたい方
→ バイアグラの服用や処方等の適切な使用について
■シアリスやレビトラの価格相場はこちらから
→ シアリスの値段っていくらくらい?シアリスの価格相場
→ レビトラの価格相場

WEB予約特典

▼各薬剤の価格は下記医院ページからご覧いただけます。

バイアグラをもっと知る

一覧へ

バイアグラの使用方法

一覧へ

バイアグラの特徴

一覧へ

バイアグラの体験談