メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
 > 
ゼリーやタブレットも!バイアグラのジェネリック「カマグラ」とは※当院ではカマグラを扱っておりません。

バイアグラ

ゼリーやタブレットも!バイアグラのジェネリック「カマグラ」とは
※当院ではカマグラを扱っておりません。

「カマグラ(KAMAGRA)」は、バイアグラと同様の効果を持つED治療薬です。種類が豊富であり、かつバイアグラよりも安価で手に入る治療薬です。
以下では、そんなカマグラの特徴と、6種類のカマグラについてご紹介します。

海外からのみ入手可能

カマグラは国際特許に準じることなく開発された薬であり、日本の医療機関では取り扱っていません。そのため、カマグラを入手する方法はインドで直接購入するか通販サイトで購入するかのどちらかになります。多くの場合、通販サイトでの購入が選択されます。

通販サイトの出品者の中には、カマグラの偽物を販売している悪徳業者もいます。もしもそのような業者から偽物を購入して服用した場合、カマグラの効果が出ないばかりか、身体に悪影響を及ぼすことがあります。最悪の場合には生死にかかわる事態にもなりかねないため、通販サイトでカマグラを購入することは控えるのが賢明といえます。

もしもバイアグラよりも安価という理由でカマグラの購入を検討している場合には、日本の医療機関で取り扱っている正規のバイアグラジェネリックを購入しましょう。インターネットで購入したカマグラよりも、安全に服用することができます。

1Flickrカマグラ含むインド製バイアグラジェネリックは、日本国内に正規ルートでの輸入は存在しておらず、個人輸入では偽物かどうかわからないものが大半です。
バイアグラジェネリックは現在国内正規品で安価なものも存在しておりますので、国内の医療機関にて処方いただくことが望ましいです。

カマグラの特徴とは

カマグラは、インドのAjanta Pharma社によって開発された、バイアグラジェネリックです。50mgと100mgのふたつの規格があります。青色でひし形の錠剤です。主成分はバイアグラと同じくシルデナフィルであり、EDを誘発するPDE5の働きを阻害すると共に、血管を拡張させることで血流を促進させ勃起を持続させる効果を持ちます。

カマグラの1日の摂取上限は、100mgです。もしもこの上限を超えて服用した場合には、心臓に強い負担がかかるため注意が必要です。

カマグラを服用することで、頭痛やめまい、胃もたれ、動悸、鼻づまり、ほてりといった副作用が生じることがあります。もしもこれらの症状が深刻化した場合には、カマグラの服用を中止して、速やかに医師に相談することが大切です。

カマグラとニトログリセリン系の硝酸剤の併用は、血圧の急低下を引き起こす危険性があるため禁止されています。カマグラとの併用禁止薬はニトログリセリン系の他にもあるため、カマグラを服用する前に医師に相談しましょう。

カマグラの種類

現在、6種類のカマグラが販売されています。

・カマグラゼリー
ゼリータイプのカマグラです。服用した後、15分後に効果が発現することもあります。
ライチ、グリーンアップル、ラズベリー、いちじく、グアバ、キウィ、そしてキャラメルの7種類の味から選ぶことができ、飲みやすさに工夫がされています。

・カマグラチュアブル
タブレット形式のカマグラで、水の必要なく舐めるなり噛むなりして服用します。
イチゴ、オレンジ、バナナ、そしてパイナップルの4種類の味から選ぶことができます。

・カマグラPOLO
カマグラチュアブルと同じく、タブレット形式のカマグラです。服用方法は、カマグラチュアブルと同じです。
フルーツフレーバーの味が付いているのが特徴です。

・カマグラエファーバセント
別名では、カマグラ発泡錠と呼ばれています。水に溶かして服用するタイプで、身体に成分が吸収されやすいことが大きな特徴です。
オレンジの味付きのため、水に溶かすとオレンジの炭酸飲料のような味になります。

・スーパーカマグラ
カマグラに、早漏防止効果のあるダポキセチンが配合されたタイプです。

・カマグラゴールド
インド国内に向けて販売されているカマグラの名称です。なお、「カマグラ」という名称はインド国外に向けたカマグラに対してのみ使用されます。カマグラゴールドの効果や服用方法は、カマグラと同じです。

まとめ

2Flickrカマグラは、インドで製造されたバイアグラジェネリックです。インターネットの通販サイトを利用する以外、カマグラの入手方法は日本では存在しません。

通販サイトでは偽物のカマグラが取り扱われていることもあるため、ED治療薬を安価で入手したい場合は、国内で認可されているバイアグラジェネリックを購入しましょう。

バイアグラをもっと知る

一覧へ

バイアグラの使用方法

一覧へ

バイアグラの特徴

一覧へ

バイアグラの体験談