バイアグラ

バイアグラとお酒(アルコール)は飲み合わせて良い?各種ジェネリックとの関係も

最終更新日:

バイアグラを服用後、お酒(アルコール)を飲んでも大丈夫なのか?不安に思う方も少なくありません。そこで今回はバイアグラとお酒の関係性を徹底解説。バイアグラのジェネリック医薬品についてもあわせて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【関連リンク】

インターネットで流通するED治療薬は55.4%が偽造薬、死亡事故も。
漫画でわかる個人輸入の危険な落とし穴
全国14院を展開するイースト駅前クリニック一覧

重要なお知らせ

オンラインでの診察、ご自宅に処方をお送りいたします。詳しくは、下記にお電話ください。
※患者様の安全を最優先とし、一時的な措置として行います。(送料・手数料も無料で対応致します)

新宿西口院:03-6258-181803-6258-1818
(受付時間:10:00~18:00)

▼18:00以降は下記の院にて受け付けております。

新宿東口院:03-5363-118103-5363-1181
(受付時間:18:00~21:00)

ご来院での診察も可能です。

目次※知りたい情報をクリック

バイアグラとお酒の関係性

良い影響 安定作用(リラックス効果)
悪い影響 酔いが回りやすくなる
大量摂取した場合の悪影響 神経伝達機能の低下
ふらつきやめまい

飲酒した後にバイアグラを服用することで考えられる影響は上記の通りです。バイアグラ服用時の飲酒について、実は医学的に否定できる根拠はありません。バイアグラの添付文書にはアルコールとの併用を避ける旨の内容や、アルコールの影響により副作用が発現したという記載はみられないからです。そのためお酒と一緒に飲んだからと言って問題が起きるとは限らず、個人差があると言えます。

しかしお酒そのものが勃起機能を阻害する可能性もあるということは留意しておきましょう。適度な飲酒はリラックス効果が期待できますが、深酒は神経伝達機能の低下など勃起へ悪影響を及ぼしかねません。

お酒がEDに及ぼす影響について詳しくはこちら

ジェネリックやODフィルムとお酒について

ジェネリック医薬品やODフィルムについてもお酒が悪影響になるとは言い切れません。その他のジェネリック医薬品についても同様のことが言えます。

しかしカマグラに代表される海外輸入で得た、バイアグラのジェネリック医薬品は注意が必要です。偽造薬であった場合、何が含まれているか想像もつきません。アルコールとの組み合わせによって予想もしない重篤な被害が発生する危険があります。

偽造薬の危険について詳しく知る

飲酒がバイアグラに与える影響

飲酒がバイアグラに与える影響

  • 安定作用
  • 酔いがまわりやすくなる

安定作用

少量の飲酒はバイアグラの作用をより引き出せるとされています。これはアルコールによる安定作用(リラックス作用)によるものです。少量のアルコールは気分をリラックスさせ、精神状態が落ち着き薬の作用が出やすくなるのです。特にEDの場合、心的ストレスにより勃起が実現できない方もいらっしゃるので、少量のアルコールであれば有効でしょう。

酔いがまわりやすくなる

バイアグラを服用した場合、お酒の酔いがまわりやすくなると言われています。バイアグラには拡張した血管を維持させる作用があり、これにより勃起が維持できるなどの効果が出ます。しかしながら、血管が拡張した状態が続くことでアルコールが体内にめぐりやすくなるのです。そのため、普段より少量のお酒を飲んだだけでも酔いが回りやすくなります。

服用後のアルコール大量摂取が引き起こす2つの影響

服用後のアルコール大量摂取が引き起こす2つの影響

  • 神経伝達への影響
  • 低血圧の症状

大量に飲酒してしまった場合、バイアグラの効果へはどのような影響があるのでしょうか。主に考えられる影響は以下2つです。

神経伝達への影響

お酒を飲むとアルコールは体全身をめぐって、当然ながら脳にも影響を及ぼします。特に神経伝達に関連する機能に対して、アルコールが作用することは、車の飲酒運転禁止などの例からも集中力や判断力が鈍ることで知られています。アルコールは適量であれば問題ありませんが、たくさんの量を一度に飲んだり、短期間に何回も摂取したりするとアルコールの過剰摂取となります。普段飲まない量を飲んだりするのも含まれます。

アルコールは神経伝達に影響し、勃起機能を低下させます。特に神経伝達でアルコールが作用して性的興奮が伝わりづらくなることです。人によってはアルコールの量次第で、本来の目的であるバイアグラの勃起する作用が低下してしまう恐れがあります。

低血圧の症状

低血圧の方はバイアグラと飲酒の相乗効果(血管拡張のダブル作用で)ふらついたりすることがあります。本来、単独であればそれほど気を付ける必要のない作用ですが、低血圧の方はバイアグラを服用する際に飲酒はできる限り控えましょう。どうしても低血圧の方で飲酒が避けられない方は、先に医師に相談を済ませてから使用します。また、お酒を一緒に飲むことが問題ないと診断されても、飲む量は普段より少なめの方が良いでしょう。

お酒とEDの関係性について

急性の作用 リラックス作用や興奮効果
勃起機能低下
慢性の作用 テストステロン減少による性欲減退

お酒とバイアグラが直接的に相互作用を引き起こすことは科学的に証明されていません。しかしお酒がEDを引き起こしかねないということは科学的にも根拠があります。お酒が勃起へ及ぼす影響についてもみていきましょう。

急性の作用

急性の作用の場合、飲酒量かどうかが大きく影響します。少量である場合はリラックス効果や興奮効果があり、勃起力の向上も期待できます。

しかし、過度な飲酒は勃起機能の低下だけでなく、遅漏などの射精機能にも悪影響を及ぼします。

慢性の作用

日ごろからお酒を飲んでいる場合は慢性の作用が考えられます。慢性的にお酒を嗜んでいる場合、肝機能の低下によりテストステロンが低下し、性欲減退などの悪影響が出てしまいます。

アルコール中毒患者と、健常者を比較すると、約2倍の頻度でEDの兆候がみられるというデータもあります。

(※3)

バイアグラの効果を損なわないお酒の適量とは?

バイアグラと一緒にお酒を飲むとき、効果を減少させないために気を付けたいのが飲酒量です。普段からお酒を飲む方であっても、そうでない方でも通常よりは量を控えるようにしましょう。体質によって許容域は異なるため、具体的な量についてはご紹介できませんが、あくまでも嗜む程度に留めるのがポイントです。

日本人は特に気を付けるべき?

日本人は、お酒に弱い人が多いとされています。これは分解酵素を持たない人が日本人に多いため、アルコールをうまく分解できないことに影響しています。そのため、バイアグラ服用時の飲酒量には最善の注意を払ってください。また、薬を服用しながらの飲酒はあまりある機会でもありません。普段のようにはいかない可能性も念頭に置きましょう。

飲酒は適量を意識!バイアグラを効果的に使いましょう

バイアグラとお酒の飲み合わせを試みる際は、自分に効果のある飲酒量を把握することが大切です。お酒を飲みすぎれば、アルコールの作用の恩恵が受けることができません。お酒に弱い方や低血圧の方は特に飲酒の量にお気をつけください。アルコールの作用が強く出すぎて、勃起ができなくなったり、低血圧に拍車をかけたりしないように気を付けて飲み合わせをしましょう。

(※4)

お近くのED治療専門クリニックを探す

参考URL

※1)ファイザー株式会社、バイアグラ添付文書
https://pfizerpro.jp/documents/lpd/vgr01lpd.pdf

※2)厚生労働省、アルコールの作用
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-02-003.html

※3)歯科学報、中高年の性を考える-いつまでも逞しい男性でいるために
http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/bitstream/10130/3265/1/114_97.pdf

※4) ファイザー株式会社、医薬品インタビューフォーム
https://pfizerpro.jp/documents/if/vgr/vgr01if.pdf

バイアグラについてのよくある質問

  • 食事の際にアルコールを摂取しても平気でしょうか?

    まずは正しく服用できているかを疑ってみましょう。不適切な使用では十分な効果が発揮されないこともあります。また、インターネットで入手した薬を使用している方は偽造薬も疑ってみましょう。偽造薬についてはこちらで詳しく解説します。

  • 飲酒はバイアグラの効果に影響しますか?

    バイアグラとアルコール類の併用は禁忌ではないため、嗜む程度であれば問題ありません。ただ、大量のアルコールは薬剤の作用に影響を与えたり、副作用を発生させたりと、規定外の効果が生むことがあります。

    その他ED治療薬については、以下をご覧ください。
    シアリスとアルコールの関係はこちら
    レビトラとアルコールの関係はこちら

  • バイアグラを飲むとお酒がまわりやすくなるって本当ですか?

    バイアグラの「拡張した血管を維持させる作用」により、アルコールが体内に巡りやすいと言われています。大量のお酒を飲まない、もともとお酒が弱い方は控える等の対応をとった方が良いです。

    その他ED治療薬については、以下をご覧ください。
    シアリスとアルコールの関係はこちら
    レビトラとアルコールの関係はこちら

  • 飲酒によってバイアグラの効果が高まるって本当ですか?

    特別、バイアグラの効果を高める作用は認められていません。ただ、アルコールには緊張を和らげる効果があるため、それによりリラックスし、勃起力が向上した可能性が考えられます。

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

診察・相談について

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
スマホ診察

スマホ診察

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:小林 浩 医師仙台院院長:大久保 直樹 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:伊藤 知英 医師新橋院院長:加藤 淳 医師横浜院院長:松本 貴博 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都四条烏丸院院長:西澤 康平 医師大阪院院長:新田 匡章 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師神戸三宮院院長:三田 浩一 医師岡山院院長:松沼 寛 医師広島院院長:西川 徹 医師博多院院長:田中 修二 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2020 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.