来院希望のクリニックをお選びください。
TEL・アクセス・診療時間などの情報が確認いただけます。

総合TOPページヘ戻る

お問合わせを閉じる

メニューを閉じる

 > 
 > 
バイアグラ

バイアグラについて

バイアグラは、世界最初のED治療薬としてNO.1の処方実績をもっています。
食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、根強いファンが多くED治療薬といえば「バイアグラ」という患者様が多数いらっしゃいます。

バイアグラは有効成分としてクエン酸シルデナフィル(Sildenafil citrate)を含有しています。
もともとシルデナフィルは1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まり、第1相臨床試験において、狭心症への効果は僅かでありますが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売される運びとなりました。
1998年にアメリカでバイアグラという名称で販売を開始。発売直後からマスコミやインターネットなどで「夢の薬」「画期的新薬」と騒がれ、日本にも多くの個人輸入代行業者の手によってもたらされるようになりました。日本では1999年1月25日にバイアグラの製造が正式に承認され、同年3月23日よりファイザー株式会社より医療機関向けに販売が開始されました。

目次へ戻る

バイアグラは世界初のED治療薬!

バイアグラ

日本で認可されているED治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。これら3種類のED治療薬のなかで、最も早く認可された薬がバイアグラです。バイアグラは世界最初のED治療薬であり、現在でも世界一の処方実績を誇るED治療薬です。

もともとは狭心症の治療薬として開発

バイアグラは一般名をシルデナフィルとする薬で、1990年代前半にアメリカで開発が開始されました。もともとはED治療薬ではなく狭心症の治療薬として開発が進められていましたが、第1相臨床試験においては狭心症の治療効果は思わしくなく、試験は中止されました。この際、被験者からは余剰分の試験薬を回収することになりましたが、被験者はその返却を渋りました。その理由を問うと、バイアグラの服用によって男性器の勃起が認められたというのです。そこで調査を行ったところ、男性器の勃起を促す効果が認められ、これを適応症として発表することになりました。

日本では異例のスピード承認

アメリカでは1998年に販売が開始され、販売当初から画期的な新薬であるとして大いに話題になりました。当初は日本では販売されていませんでしたが、個人輸入代行業者によって多くのバイアグラが日本に入ってきました。日本人にとってもバイアグラは夢のような薬であり、一大ブームを巻き起こしていたことから多くの人がバイアグラを買い求めました。しかし、当時はバイアグラに対する認識が不完全であり、また医師を通さない個人輸入であることから詳しい説明を聞くこともできませんでした。そのため、バイアグラの併用禁忌薬である硝酸剤を使用している人がバイアグラを服用し、性行為の直後に心停止に陥って死亡するという事故が複数件発生。世間に大きく報じられ、バイアグラは危険な薬であるという誤った認識も広がりました。その結果、医師の判断や処方箋が必要となる医療用医薬品として正規に販売することが早急に決定し、日本国内での臨床試験を行わずに1999年1月に製造を承認。同年3月から販売が開始されたのです。

購入には医師の処方が必要

現在でも日本国内でバイアグラを購入する場合は、泌尿器科や一般内科、ED専門のクリニックなど必ず医療機関を通して購入しなければなりません。もしもそういった機関を通さずに販売している場合は違法となります。ただし、前述した個人輸入代行の場合は輸入量の制限はあるものの、医師を通さずに購入することができます。こうした個人輸入代行などではバイアグラの偽造薬(厚生労働省 未承認薬)も数多く出回っているため、非常に危険であるといえます。安心・安全にバイアグラを使用するなら、必ず医師を通して購入するようにしましょう。

安価なバイアグラジェネリックも登場

ED治療薬は総じて高価なイメージがあるとおり、決して安価ではありません。バイアグラなどのED治療薬は自由診療であるためクリニックによっても価格は異なりますが、製薬会社の希望販売価格は25mgで1,100円、50mgで1,300円となっています。これは1錠の価格であるため、1週間分を買うとなると10,000円弱の費用がかかることになります。もしもバイアグラの価格が高いと考える場合には、バイアグラのジェネリック医薬品を利用するという方法があります。
バイアグラは2014年5月に成分特許が切れたため、正規のジェネリック医薬品を開発・販売できるようになりました。こちらも購入には医師の処方箋が必要となっていますが、その価格はバイアグラの半分程度まで抑えられています。現在では日本国内で複数の製薬会社がバイアグラジェネリックを開発・販売しており、多くのクリニックでバイアグラジェネリックを購入できます。海外製のバイアグラジェネリックも販売されていますが、なかには特許が切れる前から販売されていたものもあります。こういった海外製のバイアグラジェネリックには、バイアグラ同様偽造薬(厚生労働省 未承認薬)が紛れ込んでいる可能性があるため、購入の際には注意が必要です。

目次へ戻る

バイアグラODフィルム
水なし携帯にも便利2016年10月発売

バイアグラODフィルム バイアグラODフィルム

今までジェネリックも含め錠剤のみで販売されてきたバイアグラですが、2016年10月にファイザー社よりフィルムタイプの「バイアグラ®ODフィルム」が発売となりました。
またこの薬剤はバイアグラを除いても、国内では初めてのフィルムタイプです。
水を飲まなくても、「すっ」と使えて非常に便利です。
加えて包装も防湿性のあるアルミを使用。
非常にコンパクトなので、財布やポケットや名刺入れ、携帯ケースにも忍ばせることが出来て、持ち歩きにとても便利です。

「バイアグラ®ODフィルム」の特徴としては下記となります。

  • シルデナフィルクエン酸塩を有効成分とする勃起不全治療剤
  • 口腔内で速やかに溶け、服用しやすいODフィルム
  • 唾液または水で服用します。水なしでも飲み込むことができる
  • 割れ・欠けがなく、扱いやすい剤形
  • 薄くて、携帯に便利なアルミ包装

より詳細なバイアグラODフィルムの情報は、下記のリンクからご覧ください。

目次へ戻る

バイアグラの効果時間はどれくらい?

バイアグラの効果時間はどれくらい?

バイアグラの効果時間は、一般的に4時間~5時間程度であるとされています。この効果時間は服用した人の体調や体質などによって変わりますが、概ねこの程度の時間であれば効果が持続します。服用から効果が現れるまでの時間は、30分程度。これにも個人差がありますが、服用から1時間もすればほとんどの場合で効果が現れるため、性行為を行う1時間前に服用するのが理想的だとされています。
日本で認証されているバイアグラには25mgと50mgの2種類がありますが、効果時間についてはどちらも同じです。25mgでも50mgでも、4時間~5時間程度は効果が持続します。

食事の影響

ただし、この効果時間に関しては個人差のほかに、食事による影響を大きく受けます。食べた物が胃の中に残った状態でバイアグラを服用すると、薬の成分がうまく吸収されず、効果を発揮するまでの時間が長くなったり、効果そのものが弱くなってしまったりということがあります。そのため、バイアグラは空腹時に服用するようにしましょう。また、すでに食事をしてしまったという場合は、食事から2時間空けて服用します。2時間空けば胃の中が空になるため、空腹時と同じく効率よく薬の成分を吸収することができます。

目次へ戻る

バイアグラが効かないケース

バイアグラは服用方法以外にも、身体・精神的な状態が原因となって効かない場合もあります。
以下にバイアグラが効かないケースをご紹介しますので、服用前に一度ご確認ください。
また、すでに服用中だが効きが悪いという方もこちらをご覧ください。

ケース1:食後の服用
バイアグラは普通の薬とは違って、食事の前に服用することでその効果を発揮します。食事をした後は食べた物が成分の吸収を妨げてしまうため、思ったような効果が得られません。バイアグラを服用する場合は、食事のおおよそ1時間前、空腹時に飲むようにしましょう。そうすることで成分がしっかり吸収され、バイアグラの効果を十分に得ることができます。また、食事をした場合は最低2時間以上あけて、食べ物が消化されてから飲むようにしましょう。

ケース2:精神的な問題
精神的な問題や性欲減退などの症状を抱えている方には、バイアグラは効きません。バイアグラは、あくまで「勃起しようとしている働きを助けるもの」なので、媚薬のように性的な興奮を促進させる効果はありません。性欲減退など精神的な問題によるEDの場合は、専門のクリニックで相談してバイアグラ以外の治療法を考えた方がよいでしょう。

ケース3:老化・神経障害
老化による全身の機能の衰えは、バイアグラの効果を半減させてしまいます。特に60歳を超えると、勃起させる力が弱まり、バイアグラを服用しても効果が現れにくくなるのです。また、脊髄などの神経伝達に欠かせない機能が衰える、または、損傷してしまっている場合も薬の効果が陰茎に行き渡らないため、バイアグラが効きません。

ケース4:血管の機能が低下している
バイアグラは血管を拡張させることで、陰茎に流れ込む血流の量を増やし、勃起を補助する薬です。そのため、動脈硬化や肥満などの影響で血管が固くなったり機能が低下していたりすると、血管が上手く広がらず、バイアグラが効きません。また、糖尿病にかかっている人も血管の働きが弱まっているため、バイアグラが効かない場合があります。

効かない場合、まずはクリニックにご相談ください。

効かない場合、まずはクリニックにご相談ください。

上記の様なケースがあるとはいえ、効かない理由は人によって様々です。
一人で解決しようとはせずに、必ずご相談ください。
効かないからといって用法用量を守らない過剰服用などは決して行わないようお願い致します。

目次へ戻る

バイアグラの購入方法と価格

バイアグラの購入方法
バイアグラは大きく2つの方法で入手できます。

  • 病院での処方
  • 通販での購入

それぞれ下記にて説明いたします。

入手方法は病院での購入が一般的で安全

バイアグラの購入で最も一般的な方法は、病院やクリニックでの処方です。ED治療を専門としている病院・クリニックなどのほか、泌尿器科でも処方してもらえます。きちんと出元がわかっているため、安心して利用できることが大きな利点です。また、使用に関するアドバイスなども決め細やかにもらえることも特徴です。

リスクが高い通販での購入

ED治療に関しては、人に知られることが恥ずかしいと思っている方も少なからずいます。通販であれば、そういった方でも問題なくバイアグラを手に入れることができます。
しかし、通販を利用する場合はニセモノを掴まされないように注意しなければなりません。バイアグラを始めとしたED治療薬には粗悪なニセモノも多く、服用者が死亡するという事例も確認されています。海外のジェネリックには1粒200円程度という値段のものもありますが、日本国内でのバイアグラの処方は医師の処方箋があることが必須です。通販では基本的に購入しないようにしましょう。

バイアグラの価格について

通常病院やクリニックで処方してもらう場合、バイアグラ1粒の価格は25mgのもので1,300円、50mgのもので1,500円程度というのが一般的です。なお、ED治療薬は薬価がつかないため、各医療機関で価格を自由に設定することができます。よって、各病院・クリニック毎に価格が異なるため診察を受ける前によく比較しておくことが大切です。また、初診料や再診料がかかることもあるので、こちらも合わせて確認しておくとよいでしょう。

価格も安価な選択肢のひとつ、バイアグラジェネリック

病院やクリニックで処方してもらう場合の選択肢のひとつとして、ジェネリック医薬品もあります。ジェネリック医薬品とは、特許が切れた医薬品と同じ成分で作られた「より値段の安い医薬品」のことです。バイアグラの特許は2014年5月に切れたため、2015年からバイアグラのジェネリック医薬品が販売されるようになりました。

より安価な医薬品ということで、その値段は50mgで1粒1,000円ほど。同量の正規品と比較すると、8割程度に価格が抑えられています。バイアグラを含むED治療薬の価格は決して安くないため、少しでも出費が抑えられるジェネリック医薬品は十分に選択肢のひとつに入ります。

目次へ戻る

バイアグラに含まれている成分とは?

バイアグラに含まれている成分とは?

バイアグラの有効成分

バイアグラに含まれている主な成分は、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルです。シルデナフィルにはPDE-5という酵素を阻害する働きがあり、これによって男性器の勃起を補助します。バイアグラの錠剤にはいくつか種類がありますが、これらはシルデナフィルがどれだけ含まれているかによって異なります。たとえばバイアグラ50mgの場合、シルデナフィルクエン酸塩が70.32mg含まれており、そのなかに有効成分であるシルデナフィルが50mg含まれています。同様に、バイアグラ25mgではシルデナフィルが25 mg、バイアグラ100mgではシルデナフィルが100mg含まれています。このシルデナフィルはバイアグラだけでなく、難病指定を受けている肺動脈性肺高血圧症の治療薬・レバチオとしても認可されています。

その他の成分

バイアグラには有効成分であるシルデナフィルだけでなく、薬を効率的に作用させるための添加物がいくつか含まれています。たとえば体内の環境を整える目的があるセルロースと無水リン酸カルシウム。セルロースは腸内細菌の働きを助けるために、無水リン酸カルシウムはカルシウム補給などのために含まれています。他には体内で薬を溶かすための崩壊剤、薬の成形や服用を便利にするための賦形剤、錠剤の加工性を高めるための滑沢剤などが含まれています。

バイアグラの適切な飲み方

バイアグラの適切な飲み方

バイアグラは、飲み方を間違えたせいで重篤な副作用が発生する、という類の薬ではありません。そのため、飲み方についてはそれほど深刻に考える必要はありません。とはいえ、適当に飲んでいいというものでもありません。バイアグラが正しく効果を発揮するためには、適切な飲み方をする必要があります。バイアグラは決して安価ではないため、正しく効果を発揮できるよう飲み方を覚えておくことが大切です。

基本的な飲み方

バイアグラは服用してから30分程度で効果が現れ、1時間程度でピークを迎えます。そのため、性行為を行う1時間前に服用するのがいいでしょう。効果は5時間程度持続するため、行為中に効果が切れることはほとんどありません。基本的には水で服用しますが、清涼飲料水やお茶などでも構いません。加えて、少量であればアルコールでの服用も問題ありません。服用は1日1回、間隔は24時間以上空けるようにしましょう。服用時にはバイアグラを噛み砕かず、そのまま飲み込んでください。噛み砕いても吸収が早まるということはなく、苦味を感じるだけです。

空腹時に服用するのがベスト

バイアグラは空腹時に服用するようにしましょう。バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、血液に吸収されることでその効果を発揮します。しかし、食後の食べ物の消化が進んでいない状態で服用すると、胃や腸に付着した食べ物の油膜で有効成分が取り囲まれてしまうため、うまく吸収されずそのまま排出されてしまいます。その結果、効果の発現が遅くなったり、効果が実感できなかったりする場合があります。このようにバイアグラは食事の影響を受けやすい薬であるため、食前に服用することが重要となります。服用後に食事をする場合は、服用から1時間程度経った後にしましょう。1時間程度後であれば、有効成分は吸収されているため大きな影響はありません。

どうしても食後に服用しなければならない場合

食事から性行為を行うまでに時間が空くなど、どうしても食後に服用しなくてはならない場合には、食後2時間程度時間を空けるようにしましょう。一般的には、食事から2時間経過すれば胃の中は空になるといわれています。ただし、フランス料理や中華料理、ファストフードなど油分の多い食事の場合は2時間後でも胃や腸に油が残った状態であるため、6時間~7時間程度時間を空ける必要があります。後でバイアグラを服用することがわかっているのであれば、食事はできる限り軽食で済ませるようにしましょう。消化の良い食べ物を、腹6分目から7分目程度に抑えておくのが理想的です。

目次へ戻る

バイアグラがもたらす効果とは

バイアグラがもたらす効果とは

バイアグラは男性器の勃起不全、いわゆるEDを治療するための薬です。その効果・効能としては男性器の勃起の補助となりますが、そのメカニズムを理解するためにはまず勃起のメカニズムについて知る必要があります。

勃起のメカニズムとEDの原因

男性器に性的刺激が与えられると一酸化窒素が分泌され、それに伴って環状グアノシン一リン酸という成分が形成されます。この環状グアノシン一リン酸には海綿体を弛緩させる効果があり、これによって海綿体に血液が流れ込みます。その結果、男性器は勃起するのです。
常に勃起をしていると不都合が生じるため、体内には環状グアノシン一リン酸を分解して勃起を抑制する酵素・5-ホスホジエステラーゼ(PDE-5)があります。ところが、PDE-5の作用が強すぎると今度はうまく勃起ができなくなってしまいます。これが、EDの原因です。

バイアグラの効果

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルには、PDE-5の働きを抑制する効果があります。これにより、強く作用しすぎていたPDE-5の働きは弱まり、環状グアノシン一リン酸が本来の働きを取り戻します。その結果、男性器は正常に勃起できるようになるのです。
前述したように、バイアグラの効果はPDE-5の抑制であり、正常な勃起を補助するためのものです。飲めばすぐに勃起するというわけではなく、あくまでも正常な働きができるようにする薬であることを覚えておきましょう。

目次へ戻る

バイアグラ服用の注意点

バイアグラ服用の注意点

バイアグラは基本的に水やお茶、アルコールなどさまざまなもので服用できますが、牛乳など乳脂肪が含まれる飲料で服用するのはやめておきましょう。乳脂肪が含まれている飲料の場合、薬の吸収を妨げる可能性があります。特に理由がない限り、水での服用が理想的です。

アルコールでの摂取について

アルコールでの服用に関しては、適量であれば問題ないとされています。一般的に、薬とアルコールは一緒に摂取するものではないとされています。これは、アルコールの影響で薬の成分が強まったり弱まったり、 想定外の効果が現れる可能性があるためです。バイアグラの場合、こういった医学的な根拠は認められていません。そのため、アルコールでバイアグラを服用したり、飲酒後にバイアグラを服用したりといった飲み方であっても問題はありません。また、アルコールには精神安定効果があるため、少量の飲酒であれば精神的な安定を図ることができます。EDは精神的な不安が原因で発症するケースもあるため、バイアグラの効果をより高める可能性があるのです。

バイアグラ服用中、多量の飲酒は厳禁

いくらアルコールに精神安定効果がありバイアグラにも影響しないからといって、多量の飲酒は厳禁です。アルコールには脳の働きを抑制する効果もあり、男性機能もこれによって低下します。その結果、バイアグラの効果が正しく発揮されないのです。また、バイアグラの血管拡張作用によってアルコールが急速に全身に回り、急性アルコール中毒になってしまうことも。こうした危険性があることから、バイアグラを服用する場合の飲酒量については厳しく管理する必要があります。

バイアグラの効果を正しく理解する

バイアグラを服用する場合は、あくまでも男性器の機能を補助するための薬であることを理解しなければなりません。バイアグラはいわゆる媚薬的な薬ではないため、それ自体に性的興奮を促進する作用や性欲を増進させる作用などはありません。バイアグラを飲んだからといって勝手に勃起するわけではなく、性的な刺激が必要になります。そのため、性的な刺激がなくなれば、たとえバイアグラの効果時間内であっても勃起は収まります。時間内であれば何度でも射精ができる、という薬でもありません。

このほか、糖尿病の傾向がある方や肥満の方、高血圧やうつ病の治療薬などが原因でEDになっている場合など、通常量のバイアグラでは効果が出ないこともあります。この場合は量を増やしたり、他の薬に変えたりといったことができるため、医師に相談しましょう。

目次へ戻る

バイアグラに副作用はある?

バイアグラに副作用はある?

バイアグラの副作用としては、

  • めまい
  • 顔のほてり
  • 頭痛

といったものがあげられます。これらの症状はバイアグラの服用で血行が良くなったことや、血圧が低下したことによって引き起こされるため、バイアグラの効果が現れた証拠でもあります。血行促進作用は全身におよぶため、鼻粘膜の充血による鼻詰まりや鼻血、消化管の充血による消化不良などの症状が現れることもあります。その他には目の充血や動悸、色覚変化なども起こることがありますが、どれも一時的なものであるためそれほど深刻に考える必要はありません。

重篤な副作用が起きる可能性も

こうした軽度な症状が主な一方で、比較的重度の副作用が出る可能性もあります。たとえば持続勃起症。持続勃起症はバイアグラの平均効果時間である4時間を大きく超えて勃起が継続した結果、陰茎の動脈が破れ、大量の血液を海綿体が吸収することで起こる症状です。1日以上勃起が続くと勃起障害に陥る可能性があるため、長時間勃起が収まらない場合には注意が必要です。このほか、突発性難聴や狭心症といった症状も発生する可能性があります。症例数自体は少ないですが、発症する可能性があるということは知っておくべきでしょう。
なんらかの症状が現れた場合には、速やかに医師に相談するようにしましょう。

目次へ戻る

他に服用中の薬がある場合、バイアグラは服用できる?

他に服用中の薬がある場合、バイアグラは服用できる?

バイアグラを処方してもらう場合、服用中の薬があれば薬の名前を控えておくか、薬自体を持参するようにしましょう。
バイアグラには、一緒に飲んではいけない併用禁忌薬があります。併用禁忌薬はバイアグラとの飲み合わせが悪く、単体では身体に良い薬でも、併用することで最悪の場合は死亡事故にまで発展してしまう可能性があります。併用禁忌薬としては、硝酸剤や一酸化窒素供与剤などがあげられます。飲み薬、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなど、さまざまなタイプの薬が該当します。また、禁忌薬ではなくとも薬との相性があり、服用中の薬に合わせて使用量などを検討する必要があります。これらのことから、服用中の薬は忘れずに伝えておきましょう。

目次へ戻る

心筋梗塞・狭心症の既往がある場合

心筋梗塞・狭心症の既往がある場合

心筋梗塞や狭心症の既往がある場合、まず確認すべきは性行為が可能であるかどうかです。性行為を行うと血圧や脈拍が上昇するため、心臓に負担がかかります。そのため、心筋梗塞や狭心症の既往がある場合は性行為自体が禁止されることもあります。そのため、バイアグラの使用を検討する際には性行為が可能かどうかを主治医に確認しましょう。また、誤解されがちですが、バイアグラ自体には心臓に負担をかけるような作用はありません。
主治医に確認して性行為が可能であることがわかった場合、現在使用している薬を確認しましょう。バイアグラの併用禁忌薬である硝酸剤は狭心症の治療薬として一般的であり、これを使用している場合にはバイアグラは処方できません。

目次へ戻る

バイアグラの豆知識

バイアグラの豆知識

女性が服用するとどうなる?

バイアグラはED治療薬であるため、基本的には男性が服用するものです。ただし、女性が服用すると効果が全くないというわけではありません。もちろん女性には陰茎海綿体がないため勃起という現象は起きませんが、血行の促進による顔や身体のほてりは現れます。血液循環がよくなることで女性器の神経が過敏になり、感度が上がるといった効果も考えられますが、医学的・心理学的な証明はされていないため、バイアグラの効果として言い切ることはできません。

ED治療以外で活用されるバイアグラ

バイアグラはもともと狭心症や心筋梗塞の予防薬として開発されたもので、その副作用として男性器の勃起が確認されたためにED治療薬として利用されるようになりました。また、バイアグラは移植手術以外の根治治療がない原発性肺高血圧症の治療薬としても利用されています。

バイアグラの保存と有効期限

バイアグラを処方された後は、その保存方法や有効期限についても気になるものです。バイアグラの有効期限は保存方法によっても異なるため、ずさんな管理をしていると正規の有効期限に比べて著しく短くなる可能性があります。 一般的にバイアグラを保存する場合、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。この場合、バイアグラの有効期限は約4年であるとされています。ただし、これは製造されてからの有効期限であるため、処方されたバイアグラがいつ製造されたかによっても異なります。なお、有効期限はシートの裏側上部に記載されていますが、10錠シートを分割して処方された場合には確認できないケースもあります。少なくとも直射日光と高温多湿を避けていれば、有効期限が極端に短くなるといったことはありません。また、シートから取り出して保管する場合には、有効期限は約1年であるとされています。
半分に割っていた場合はコーティングが剥がれていることから湿気を帯びやすくなっているため、密閉容器などで保管しておくことが大切です。バイアグラを割った場合の有効期限は1週間から2週間程度だとされていますが、あくまでも目安であるためできるだけ早く服用することが望ましいといえます。

目次へ戻る

バイアグラをもっと知る

一覧へ

バイアグラの使用方法

一覧へ

バイアグラの特徴

一覧へ

バイアグラの体験談