レビトラ

ピークはいつ?半減期はどれくらい?レビトラの血中濃度の推移

最終更新日:

レビトラは即効性が高く、強い効果があるとして人気のED(勃起不全)治療薬です。レビトラの効果を十分に発揮させるためには、正しい飲み方について知っておくことが大切です。そこで注目すべきなのが、レビトラのピークや半減期といった血中濃度の推移です。
今回は、レビトラの作用で重要な意味をもつピークや半減期など、血中濃度の推移についてご紹介します。

レビトラのピークと服用タイミング

レビトラに限らず、あらゆる薬には血中濃度が最大となり、最も効き目が発揮されるピークがあります。服用してからどれくらいの時間でピークに達するかは、薬の水溶性などによって異なります。

レビトラは、早い人で服用後15分程度、一般的には30分程度で効果を発揮するとされています。ピークを迎えるのは、服用後45分~1時間程度です。

 

 

バイアグラが服用後1.5時間程度でピークを迎えることを考えると、レビトラの即効性の高さが伺えます。服用後45分程度でピークを迎えるということから、レビトラは性行為を行う20分~30分程度前に服用するのが望ましいといえます。

このようにレビトラは短い時間で効果がピークに達するため、必要性なときにすぐに対応しやすい薬であるといえます。

レビトラの効果はいつまで続く?

効果が発揮されるまでの時間と同じく気になるのが、効果時間の長さです。レビトラは即効性が高い薬ですが、持続時間についてはどうなのでしょうか。

レビトラには10mgと20mgの2種類があり、持続時間はそれぞれ異なります。10mgの場合は5~6時間程度、20mgの場合は8~10時間程度です。しかし、薬には半減期があり、持続時間を考える際にはこれも考慮する必要があります。

半減期は、成分の血中濃度が半分になるまでの時間を指します。代謝・排せつ速度を表す言葉であり、半減期が短いと代謝や排せつが素早く行われます。レビトラの場合、半減期は10mgで3時間程度、20mgで5時間程度です。つまり、10mgの場合は持続時間が5~6時間程度ですが、服用から3時間程度で効果は半減していると考えられます。20mgの場合も同様です。そのため、レビトラの効果を十分に発揮させるためには持続時間の前半を活用するのが効果的だといえます。

食事の影響を考慮して服用する

レビトラのピーク時間と持続時間が分かれば、効果的にレビトラを服用することができます。なお、レビトラを服用する際にはもうひとつ気をつけなければならないことがあります。それが、食事の影響です。

レビトラは食事の影響を受けやすいバイアグラの弱点を克服するべく開発された薬であることから、バイアグラに比べて食事の影響は受けにくくなっています。しかし、バイアグラに比べて影響を受けにくいとはいえ、全く影響を受けないというわけではありません。

 

レビトラはバイアグラと同じく、原則として空腹時に服用するのが理想であるとされています。また、製造元であるバイエル薬品によれば、食事の総カロリーに占める脂質カロリーの割合が30%までであれば、レビトラの効果に悪影響を与えないと考えられています。(※1)

なお、一定の食事であれば悪影響を与えないとはいえ、食事の総カロリーに占める脂質カロリーの割合が本当に30%を超えていないかどうかは判断が難しいこともあります。また、悪影響がないとはいえ、不安に思っているとそれが原因でEDに影響を与える可能性も考えられます。こうしたことから、可能な限り空腹時に服用することが重要であるといえます。

参考記事

※1)Club ED Net バイエル薬品 レビトラ錠について 食事の影響
https://www.ed-netclinic.com/club-ed-net/about_levitra/effect_meal.php

■イースト駅前クリニック医師のご紹介
イースト駅前クリニック各医院の医師はこちらからご覧いただけます。