レビトラ

頭痛やほてり、レビトラの主な副作用

ED治療薬には副作用があり「顔のほてり」、「目の充血」、「頭痛」、「動悸」、「鼻づまり」などの副作用は バイアグラで41.4%(※1)、レビトラで28.15%(※2)の方に表れていました。このようにバイアグラよりも副作用の発症が少ないとされているED治療薬のレビトラ。レビトラを服用する前には、どういった副作用があるのかをきちんと知っておきましょう。ここでは、レビトラの副作用についてご紹介します。

ほてりや頭痛など、バイアグラと似たような副作用

レビトラの副作用は(※3)、バイアグラの副作用とあまり変わらないものとなっています。特に「顔のほてり」や「目の充血」はほとんどの服用者が体験するといわれているものです。これには、レビトラに含まれる血管拡張作用が関係しています。よって、レビトラの服用時には、ぽかぽかと顔が火照ったり、白目が充血したりといった症状が出ると考えて良いでしょう。
このほか、レビトラの副作用では「頭痛」や「動悸」、「鼻づまり」といった症状があらわれることもあり、特にぼんやりと頭が重く感じるような頭痛を感じるようです。こちらもレビトラに含まれる血管拡張作用が引き起こす副作用となっています。多くは性行為に支障のない程度の副作用であるとされていますが、頭痛が気になる場合には、頭痛薬など市販の痛み止めを併用しても問題ないといわれています。
一般的に怖いイメージが持たれる副作用ですが、レビトラの場合には薬効が現れてきた合図代わりにしている服用者も多く、そこまで心配する必要もありませんが、気になるようであれば医師に相談してみることが大切です。

そのほかのレビトラ服用でみられる副作用

レビトラの主な副作用については前項でご紹介させていただきましたが、このほかにも臨床試験で幾つかの副作用が報告されています。消化不良を起こして気分が悪くなったり、光に過敏になって色がいつもと違って見えたり、下痢、筋肉痛など、さまざまな症例が報告されており、その現れ方には個人差があります。(※2)

ほとんどはレビトラが作用している4~6時間のうちに起こり、その後は治まるため、あまり深く気にする必要はありません。しかし、レビトラが作用している間に車を運転するのは避けるべきだと考えられています。なぜなら、運転中の事故に発展しかねない副作用が発生する可能性があるためです。レビトラの薬剤添付文書には、臨床試験においてめまいや視覚障害が発生した事例があると書かれています。めまいは1~10%未満の確率、視覚異常は1~0.1%未満と決して高い数字ではありませんが(※2)、運転中に発生しない保証はありません。そのため、レビトラの服用中に車を運転するのは極力避けるべきであるといえます。

時間が経っても副作用が治まらない、どうしても気になる副作用が出たという場合には、医師に相談しましょう。

服用は必ず医師の診断を受けて処方されたものを

レビトラの副作用はさほど強いものではなく、特に気にするものではありません。しかし、普段から服用している薬や健康状態によっては重篤な症状が出る場合もあるため(※3)、まずは病院やクリニックで医師の診断を受けることが重要です。
特に硝酸剤(しょうさんやく)を使用している場合、レビトラを服用すると急激な血液低下を引き起こし、大変危険です。飲み薬に限らず、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなど、硝酸剤が含まれているものを使用している場合も、レビトラの服用が禁止されています。
さらに、脳梗塞・脳出血や心筋梗塞などの既往症、重い肝障害や腎障害がある場合も、服用に関して安全性が保障されていないため、服用を禁止、あるいは制限されることがあります。
インターネット上では、レビトラのジェネリックとして安価な製品が販売されていることもありますが、構造が不明なものや効果や安全性が保障されていないものも多く、注意が必要です。
安心・安全にレビトラを服用するためにも、まずは病院へ行って診断を受けることが大切です。

参考記事

※1)PMDA、バイアグラ添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/259000AF1024_2_13/

※2)PMDA、レビトラ添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/259000BF1029_1_25/

※3)バイエル薬品 レビトラ錠 医薬品インタビューフォーム
https://pharma-navi.bayer.jp/scripts/components/omrSync/pdf.php/161012_LEV-16-9001_IF.pdf?id=162ce2db665585746c82844410ccfc311