レビトラ

レビトラの副作用とは?対処法や服用が禁止されるケース、予防策を解説

最終更新日:

レビトラはバイアグラの登場に続き発売されたED治療薬です。レビトラはバイアグラと比較して即効性があり、持続時間も長く、比較的食事による影響を受けにくいというメリットもあります。一方で、レビトラにはほてりや頭痛といった副作用が報告されています。今回は服用の前に知っておきたいレビトラの副作用やその対処法、服用が禁止されるケースを紹介します。また、副作用の発生を最小限に抑えるための予防策も解説します。

【関連リンク】

【医師監修】保険は利く?病院でレビトラ(10mg・20mg)を処方してもらおう!
レビトラのジェネリック医薬品は服用OK?日本での取り扱いや種類、注意点を解説

目次※知りたい情報をクリック

レビトラの副作用と対処法

レビトラを服用することで発生する可能性がある副作用と、その対処法について詳しく解説します。

レビトラの副作用

レビトラの発売元であるバイエル薬品株式会社が公表している、レビトラの副作用を発生頻度ごとに以下にまとめました。

発生頻度 副作用
1%以上10%未満 ・ほてり
・頭痛
・めまい
・鼻閉感
・消化不良
0.1%以上1%未満 ・高血圧
・動悸
・脈が早くなる・不眠
・しびれや感覚麻痺
・傾眠
・肝機能検査異常
・呼吸困難
・鼻血
・背中の痛みや筋肉痛
・発疹や湿疹のないかゆみ
・発汗
・紅斑
・吐き気
・腹痛や下痢、嘔吐、胃炎などの消化器障害
・口の渇き
・視界のかすみや彩視、目の痛みや羞明といった視覚障害
・耳鳴り
・無気力
・胸焼け
・灼熱感
・CK(CPK)上昇
・勃起増強(痛み)
0.01%以上0.1%未満 ・顔のむくみ
・低血圧
・失神
・心筋虚血
・しびれ
・異常な緊張
・不安
・一過性全健忘
・関節痛や肩、腕の痛み
・光線過敏性反応
・発疹
・食道炎
・胃液の逆流
・嚥下障害
・射精異常や持続勃起などの性機能障害
・インフルエンザ症候群
・アナフィラキシー反応
不明 ・心筋梗塞
・起立性低血圧
・狭心症
・緑内障

今のところ、レビトラの副作用に重篤なものや初期症状は報告されていません。ただし、因果関係は明らかでないものの、レビトラ投薬後に心筋梗塞や狭心症など、服用した人の生命にかかわるような副作用が発症したケースも報告されています。正しく安全な服用を心がけてください。(※1)

レビトラの副作用が出たときの対処法

バイエル製薬株式会社によると、前記した副作用が認められた場合、必要に応じてレビトラの減量、投与を中止するなどの適切な処置を行うことを推奨しています。レビトラの勃起を補助する効果と副作用の因果関係は、容量が多くなるほど大きくなります。例えば、レビトラ10mgを服用して頭痛が気になるのであれば、半分の容量であるレビトラ5mgを服用して副作用に対処します。 (※1)

レビトラとの併用が禁忌とされている薬剤

レビトラには併用してはいけないとされている薬剤がいくつかあります。レビトラと硝酸剤、あるいは一酸化窒素(NO)供与剤などです。一酸化炭素(NO)供与剤には、ニトログリセリンや亜硝酸アミル等が該当します。万が一、これらの薬剤とレビトラを併用した場合は過度に血圧を下降させ、心筋梗塞など心血管系の有害事象が発生するおそれがあるため、併用してはいけません。(※1)

レビトラの服用が禁止されるケース

次に該当する人は重篤な副作用が発生する可能性もあるため、レビトラの服用が禁止されています。

狭心症の薬(硝酸薬)を服用している人

硝酸薬とは、心臓の周囲の冠動脈を拡張して血流量を増やし、心臓に十分な酸素などを補給するための薬です。主に心臓の血管が狭くなる狭心症の治療薬として使用されます。前述のように、硝酸薬とレビトラの併用は心筋梗塞等のリスクがあるため併用できません。 (※2)

発疹等の過敏症の既往がある人

発疹等の過敏症の既往がある人は、レビトラの服用によって過敏症が再発するおそれがあります。 (※1)

心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる人

性行為は血圧、心拍数を増加させます。脳梗塞などの脳・心血管系障害を有し、脳・心血管系の状態によっては性行為そのものが不適当と考えられる人は、レビトラを服用できません。脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が最近6ヶ月以内にある人も同様です。 (※1)

重度の肝障害のある患者

レビトラは主に肝臓で代謝され、胆汁を介して排泄されます。重度の肝障害のある人はレビトラが代謝・排泄される際、非常に高い血漿中濃度に達し、消化器障害等の副作用の発生につながるおそれがあります。 (※1)

その他、禁止されるケース

上記以外でレビトラの服用が禁止されるケースには次のようなものがあります。

・先天性のQT 延長症候群の人
・クラスIAまたはクラスⅢの抗不整脈薬を投与中の人
・血液透析が必要な肝障害、低血圧の人
・高血圧の人
・不安定狭心症のある人

(※1)

レビトラの副作用を予防するためには

レビトラの副作用を予防する方法を紹介します。ポイントは、医師に処方された正規品のレビトラを用法・用量を守って正しく服用することです。

副作用を最小限に抑える方法

レビトラは海綿体の血流量を増加させることで勃起を促すED治療薬ですので、副作用で最も報告例が多いのはほてりと頭痛です。その他にも、軽微な副作用としてめまい、鼻づまり、消化不良等が起こる可能性があります。副作用を完全に予防することはできませんが、最小限に抑えるためには、医師に処方された正規のレビトラを用法・用量を守って正しく使用することが望まれます。

海外製レビトラジェネリックのリスク

2019年現在、日本国内ではレビトラの特許が有効なため、厚労省認可の正規のレビトラのジェネリックは存在しません。しかし、個人輸入代行サービス等でレビトラのジェネリックと称する偽造薬が流通していることも事実です。過去には国内外で有効性・安全性が確認されていない成分を含んだ医薬品が発見されたケースもあります。

安全性が確認されていない海外製レビトラジェネリックの副作用により、重篤な健康被害を及ぼすリスクは否定できません。レビトラは医療機関で処方された正規品の服用をおすすめします。 (※3)

レビトラは用法・用量を守り正しく使用しましょう

レビトラの副作用とその対処法、事前の予防策について解説しました。レビトラを一度に大量に使用したところで、効果が倍増するということはありません。むしろ、副作用の発生頻度を高めてしまうおそれがあります。効果を実感し、なおかつ副作用の発生頻度を抑えるためには、医師に処方された正規のレビトラを、用法用量を守って正しく使用することが大切です。

副作用は100%抑制することはできません。万が一、レビトラの服用中に健康を害するような副作用が発生したらただちに服用を止め、医療機関に相談されることをおすすめします。

参考URL

※1)バイエル薬品株式会社「インタビューフォーム/レビトラ」
(www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/630004_259000BF1029_1_001_1F)
※2)日経メディカル処方薬事典「硝酸薬の解説」
(https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/article/556e7e5c83815011bdcf8298.html)
※3)厚生労働省医薬食品局「医薬品成分(ホモシルデナフィル)を含有していたレビトラジェネリックと称する無承認無許可医薬品の発見について」
(https://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/111/h1105-5.html)

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。