レビトラ

レビトラって、女性にも効果あるの?

最終更新日:

バイアグラに次いで登場した世界で2番目のED治療薬であるレビトラ。レビトラを服用することで、男性のEDの悩みを解消することも可能です。
なお、性に関して悩みを抱えているのは男性だけではありません。女性でも性に関する悩みを抱えている方は多くいます。女性における性の悩みには、「オーガニズムに達しない」、「sexをする気にならない」、「濡れない」などといった症状がありますが、これらの悩みを解消するにはどうすればよいのでしょうか。近年では、不感症を改善するためのラブグッズなども販売されていますが、レビトラやバイアグラ、シアリスといったED治療薬のように医薬品として販売されているものはありません。そのため、効果や安全性について気になる方も多いのでは?女性は、男性と違って性の悩みを解消するための特効薬は存在しないのです。
そこで、厚生労働省にも承認されているED治療薬の使用を検討したことがある方もいるかもしれません。では、実際に女性がレビトラを服用するとどうなるのでしょうか。気になる効果についてご紹介します。

ED治療薬の作用と女性の勃起の関係

レビトラを服用することでEDの症状が改善されるのには、レビトラの有効成分である「塩酸バルデナフィル水和物」が関係しています。

勃起は、性的な刺激を受けることで引き起こります。性的な刺激によって脳が興奮すると、その興奮は脊髄を通り、勃起中枢に伝わります。さらに、ペニスや海綿体の神経に届き、海綿体の中で一酸化窒素が放出されます。放出された一酸化窒素は血管や筋肉を作用し、サイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)という物質を増やします。cGMPという物質が増加すると、ホスホジエステラーゼの5型(PDE5)という酵素を壊し、海綿体の筋肉が緩め、血管が拡張。そうすると、海綿体に大量の血液が流れ込みます。血液が充満した海綿体は硬く大きくなり、勃ち上がるのです。これが通常の勃起のメカニズムです。
しかし、EDになるとPDE5という酵素がcGMPを破壊させ、血管の拡張ができなくなってしまいます。
レビトラの有効成分である塩酸バルデナフィル水和物には、勃起するために必要なcGMPを破壊するPDE5を阻害してくれる働きがあり、これによりEDの症状を改善することができるのです。

当然ながら、女性にはペニスがありません。しかし、男性の勃起に必要不可欠な海綿体は、実はクリトリスと同じ仕組みなのです。ですから、女性も性的刺激を受けるとクリトリスが膨張します。よって、女性がレビトラを服用すると、クリトリスが勃起する可能性があります。

女性の不感症治療薬が販売されるまで待つのみ

女性の身体の中でクリトリスは最高の性感帯であるともいわれており、クリトリスが勃起をしているということは、感じてきているサインでもあります。そのため、女性のレビトラの服用は、不感症の改善に効果があると推測することができますが、残念ながらレビトラは男性用に開発された医薬品です。女性が服用することを推測して開発されたものではありませんので、女性が服用しても確実な効果は得られません。また、医学的に証明されていないため、安全面も気になるところです。レビトラをはじめとしたED治療薬の服用には顔のほてりや充血などといった副作用が少なからず存在します。(※1) この点から見ても、女性のレビトラの服用はおすすめできません。
アメリカでは女性用のバイアグラが販売されていますが、国内での販売は承認されていませんし、レビトラに関しては世界的にも製造・販売が行われていないのが現状です。今後、女性の不感症に効果的な医薬品が販売されるまで首を長くして待ちましょう。

参考記事

※1)バイエル薬品、レビトラインタビューフォーム
https://pharma-navi.bayer.jp/scripts/components/omrSync/pdf.php/161012_LEV-16-9001_IF.pdf?id=162ce2db665585746c82844410ccfc311

■イースト駅前クリニック医師のご紹介
イースト駅前クリニック各医院の医師はこちらからご覧いただけます。