来院希望のクリニックをお選びください。
TEL・アクセス・診療時間などの情報が確認いただけます。

総合TOPページヘ戻る

お問合わせを閉じる

 > 
 > 
バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリックとは?

バイアグラジェネリック

EDは、成人男性にとって大きな悩みのひとつとなっています。日本の成人男性の3人に1人はEDであるというデータもあり、年齢を問わず発症しています。そんなEDの治療法としては、ED治療薬の投薬が一般的です。日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類のED治療薬が認可されているため、どのED治療薬を使用するかは自身の体質や望む効果に合わせて医師と相談しながら決定します。
そんなED治療薬ですが、これらは決して安価ではありません。薬や錠剤の種類などにもよりますが、多くの場合で1錠1,500円前後となっています。また、ED治療は自由診療であり、各クリニックなどによって価格が変わります。そのため、通っているクリニックによっては高くつくこともあるのです。この価格の高さから、ED治療になかなか踏み切れないという人もいるのです。
そこでおすすめしたいのが、バイアグラのジェネリックです。

バイアグラのジェネリック解禁

ED治療薬は価格が高く、なかなか手が出せないという人も少なくありません。毎月の負担は決して小さくないため、少しでも負担を減らしたいと考えるのが一般的です。そんな人は、バイアグラのジェネリックを利用してみてはいかがでしょうか。
ジェネリック医薬品の開発・販売が許されるのは、特許が切れた薬のみです。特許期間中はその技術を自由に使うことができないため、ジェネリックを作ることができないのです。これまでバイアグラを始めとしたED治療薬は特許期間中であったため、これらのジェネリックも作ることができませんでした。しかし、バイアグラは2014年5月に特許が切れたため、現在はジェネリックを作ることができるようになっているのです。
2014年5月以降は多くの製薬会社がバイアグラのジェネリックを作り、各クリニックでもいくつかの種類が取り扱われています。ジェネリックは新薬に比べて価格が低下しているため、これまでよりも費用負担を少なくすることができます。バイアグラジェネリックの登場により、ED治療薬は利用しやすくなったのです。ただし、バイアグラジェネリックも薬価が定まっていない自由診療であるため、各クリニックによって価格が異なることは覚えておきましょう。

バイアグラジェネリックの効き目

バイアグラは一般名をシルデナフィルという薬で、もともとは狭心症の薬として開発されていました。臨床試験時に陰茎の勃起を促進する作用が認められたことから、世界初のED治療薬として発売されることが決定されたのです。
そんなバイアグラよりも安価に購入することができるバイアグラジェネリック。費用面ではバイアグラジェネリックのほうが安価であることは間違いありませんが、気になるのはその効き目。バイアグラとバイアグラジェネリックでは、効き目に違いはあるのでしょうか。
シルデナフィルはバイアグラの有効成分の名前であり、その効果はPDE-5の阻害。PDE-5とは5型ホスホジエステラーゼのことで、環状グアノシン一リン酸を分解する働きがあります。環状グアノシン一リン酸には血管の平滑筋を弛緩させる働きがあり、これによって血流が増えます。これが少なくなるとうまく血が流れなくなり、結果として男性器が勃起できなくなるのです。だからこそ、環状グアノシン一リン酸を分解するPDE-5の働きを阻害すれば、EDを治療できるのです。これが、バイアグラの効果です。
バイアグラジェネリックはバイアグラと同じ成分で、同じ用途のために作られています。そのため、基本的にはバイアグラと同じ効果が期待できます。ただし、バイアグラジェネリックはバイアグラと全く同じ製造工程ではないため、細かい部分で効き目に差が現れることはあります。とはいえ、有効性の試験において先発品に比べて差がないと証明されているため、同様の効果があることは確かといえます。

バイアグラジェネリックの価格

先発薬であるバイアグラに比べて、バイアグラジェネリックは価格が抑えられています。先発薬は開発に莫大な時間と費用がかかっていることから、薬の価格も高価になりがちです。しかし、ジェネリックの場合は一から開発するわけではなく、既存の先発薬と同じ成分、同じ品質の薬を作れば良いだけです。それでもある程度の費用と期間は必要になりますが、新薬を開発するのに比べれば費用・期間ともに大幅に少なくなります。だからこそ、ジェネリックは先発薬に比べて安価となっています。
バイアグラの場合、1錠はおよそ1,500円前後でした。これに対し、バイアグラのジェネリックは1錠およそ1,000円と、2/3程度に抑えられています。今までバイアグラを使っていた人たちにとって、費用の節約になります。また、前述したようにバイアグラジェネリックも自由診療であるため、各クリニックで自由に価格を設定することができます。そのため、今以上に安くなることも考えられるのです。
海外のバイアグラジェネリックのなかには、日本産のバイアグラジェネリックより価格が安価なものもあります。これらは個人輸入代行を利用すれば手に入れることができますが、インターネットを介した取引は偽造薬の危険性もあります。安いからというだけでなく、安全性には十分に配慮しましょう。

バイアグラジェネリックを選ぶときのポイント

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラの特許が切れて以降、日本国内のさまざまな製薬会社がバイアグラのジェネリックを開発しました。そのため、現在販売されているバイアグラジェネリックにはいくつか種類があります。これらのジェネリックはすべてバイアグラを元にしているため、成分や効果効能は基本的に同じです。とはいえ、その中でも違いがあるため選ぶ基準もさまざまです。

色や形

ジェネリックは元になった新薬から成分や効果効能を変更することはできませんが、見た目は変更してもよいとされています。そのため、バイアグラジェネリックのなかには正規のバイアグラとは色も形も異なったものがあります。しかし、これまでバイアグラを服用してきて見慣れている人にとって、青い菱型の錠剤以外はなんとなくしっくりこないということもあるかもしれません。そういう場合には、バイアグラと同じ色や形をしているジェネリックを選ぶといいでしょう。そうした同じ色や形のジェネリックは、有効成分以外の添加物なども元となったバイアグラとほとんど同じであるため、オリジナルとの違いは最も少ないといえます。

薬剤の特徴

バイアグラジェネリックの薬剤には、いくつか特徴があるものがあります。この特徴によって、薬の飲みやすさなどが異なる場合があります。たとえばOD錠という剤形。OD錠は口に入ったときにラムネのようにすぐに溶けるタイプの薬で、水を使わなくても飲むことができます。なかには、レモン風味やコーヒー風味など味がついているものもあります。また、錠剤を半分に割りやすくするように割線が入っているものもあります。こうした特徴は、バイアグラジェネリックを選ぶ際のひとつのポイントとなります。

販売・開発元の製薬会社

バイアグラジェネリックを選ぶ場合、その販売・開発元となっている製薬会社がどこであるかも気になるポイントです。大きな範囲で見た場合、まず気になるのは国産であるかどうか。海外製のバイアグラで偽造薬が出回っていることもあり、日本製のほうが安心できるといえます。なお、たとえ国産であったとしても、知名度や認知度が低い会社やあまり耳にしない会社が作ったジェネリックでは不安になることもあるかもしれません。認可が下りている時点でその効果や安全性は保証されているのですが、ジェネリックというよくわからないものだからこそ知名度や認知度の高さは重要なポイントだといえます。

そもそもジェネリック医薬品とは?

そもそもジェネリック医薬品とは?

ジェネリックとは英語で「generic」と書き、「一般的な」「総称」という意味を持つ言葉です。つまりジェネリック医薬品とは、一般的に広く使用されており、効果や安全性がきちんと確立されている医薬品のことを指します。

新薬とジェネリック

新しい薬は、まず特定のメーカーが最初に開発を行い、承認を受けることで販売が開始されます。このとき、その薬が従来なかった薬効成分を持つ場合、先発医薬品、いわゆる新薬とされます。新薬を開発すると、その構造や製造方法、用途などの特許を取得し、20年間は独占して製造・販売することができます。薬の開発には莫大なコストがかかるため、開発者の権利や利益を守るために特許が認められています。なお、医薬品の製造・販売の独占が認められているのは特許期間だけであり、特許が切れたあとはどのメーカーも自由に開発や製造を行うことができます。そうして完成した、新薬と効果・効能・成分を同じくした別の薬のことを、後発医薬品、ジェネリック医薬品と呼びます

ジェネリックで変更できる部分とできない部分

新薬とジェネリックでは、同じでなければならない部分と同じでなくともよい部分とがあります。たとえば有効成分や治療効果については、新薬とジェネリックで異なってはなりません。成分や含量、有効性、安全性、効果効能、用法用量など、薬の中身そのものについては新薬から変更してはならないのです。これとは別に、薬の中身そのものに関係がない部分、たとえば添加物や薬の色、味、臭い、形、大きさ、剤形については、変更しても構いません。新薬が錠剤であった場合でも、ジェネリックでカプセルにすることは可能です。
また、新薬に付けられていた名前は、ジェネリック医薬品につけることはできません。たとえばバイアグラは開発元であるファイザー社の商標登録であるため、他の製薬メーカーは使うことができません。そのため、各社で独自の名前をつけることになるのですが、名前が乱立することで薬剤師も把握できないという事態が生じてしまいます。そこで薬の一般名、バイアグラの場合は有効成分であるシルデナフィルを薬品名にすることを義務付けられています

新薬に比べてジェネリックは何故安い?

ジェネリック医薬品の大きな特徴は、新薬に比べて薬の価格を大幅に抑えることができるという点です。新薬を開発する場合には数百億円ともいわれる開発費と10年15年という開発期間が必要となります。そのため、販売する際にはそういった費用・期間を考慮した価格設定にしなければなりません。この点、ジェネリックは成分や品質が新薬と同等であることが証明できればよいため、開発にかかる費用や期間は新薬に比べて大幅に少なくて済みます。だからこそ、薬の価格自体も新薬に比べて40%~80%程度安価にすることができるのです。

バイアグラジェネリックの入手方法

バイアグラジェネリックの入手方法

バイアグラジェネリックを購入する主な方法としては、クリニックでの購入と個人輸入代行の利用という2種類が考えられます。推奨されているのは、クリニックでの処方です。特別な理由がない限りは、極力クリニックで処方してもらうのがいいとされています。

個人輸入代行は危険

クリニックで処方してもらう場合、必ずクリニックに赴く必要があります。時間が取れないという人もいれば、単純にクリニックに行くのが恥ずかしいという人もいます。EDというのは男性にとってデリケートな問題であるため、たとえ必要なことであってもなかなか決心が付かないこともあります。そういう人にとって、クリニックに赴かなくてもバイアグラジェネリックを手に入れることができる個人輸入代行は非常に便利な方法であるといえるかもしれません。
また、海外製のバイアグラジェネリックのなかには日本よりも安価なものがあるため、少しでも費用を抑えたい人にとっては手を伸ばしたくなる場面もあるでしょう。
しかし個人輸入で購入するバイアグラジェネリックには危険が多数潜んでいます。そのひとつが、偽造薬です。バイアグラやバイアグラジェネリックなどのED治療薬は、偽造薬が非常に多いことでも知られています。ある調査では、インターネットで流通しているED治療薬のうち、55%が偽造薬であったという結果も出ています。こうした偽造薬は正しい効果が出ないだけでなく、重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。また、医師の説明を受けないままにバイアグラジェネリックを購入すると、服用の際の注意点や飲むべき量など、薬に関する知識が疎かになってしまいます。これも、重篤な副作用を引き起こす原因のひとつです。

安心・安全に購入するならクリニックでの処方

前述したように、個人輸入代行では偽造薬や薬の知識不足による危険が考えられます。いくら信用できる個人輸入代行業者であったとしても、こうした危険性はゼロにはできません。そのため、安心・安全にバイアグラジェネリックを利用するには、クリニックで処方してもらうのが一番なのです。

バイアグラジェネリック販売の経緯と動向

バイアグラジェネリック販売の経緯と動向

バイアグラが認可を得るまで

日本で認可されている3種類のED治療薬のなかで、最初に認可されたのがバイアグラです。バイアグラはもともと狭心症の薬として開発されていたものですが、副作用として男性器の勃起作用が認められたことでED治療薬として販売が開始されました。
そんなバイアグラは当初、日本では個人輸入品が出回っていました。アメリカで販売が開始された当時は日本で認可されておらず、個人輸入品しか手に入れることができなかったためです。しかし、医師を介さない個人輸入では薬について注意点を詳しく知ることができず、それが原因で複数の死亡事故が発生しました。これを受け、日本では異例となる臨床試験なしでの認可が行われ、処方箋を必要とする薬として正式に販売が開始されました。

金銭的負担を軽減するバイアグラジェネリック

バイアグラを始めとしたED治療薬は、EDに悩む男性にとって非常に有用な薬でした。しかし、その価格は決して安価ではなく、また薬価が定まっていない薬であることから各クリニックによっても価格差がありました。こうしたことから、ED治療薬を定期的に購入し続けることは大きな負担となっていたのです。
2014年になるとバイアグラの特許が切れたため、バイアグラのジェネリックが開発されました。ジェネリックは新薬に比べて開発費や開発期間が少なくて済むため、薬の価格も抑えられています。このバイアグラジェネリックの登場により、ED治療薬にかける費用を安く抑えることができるようになりました。とはいえ、バイアグラジェネリックもバイアグラ同様薬価が定まっていない薬であるため、価格は各クリニックによって変わります。場合によってはあまり安くなっていないこともあるため、クリニックで処方してもらう際には価格に注意しなければなりません。

国産と海外産

日本国内で販売されているバイアグラジェネリックのほかに、海外でもバイアグラジェネリックが販売されています。これらの海外産バイアグラジェネリックは日本では購入することができませんが、個人輸入代行を利用することでこれらの薬を購入することができます。海外産のバイアグラジェネリックのなかには日本のバイアグラジェネリックと比べて安価なものもあるため、安さを求めて個人輸入代行を利用するケースも少なくありません。
ただし、個人輸入代行を利用するには大きなリスクがあることも忘れてはなりません。そのリスクは、偽造薬です。バイアグラジェネリックの偽造薬はほかのED治療薬同様非常に多く出回っています。日本で正式にバイアグラジェネリックが販売されている今でも個人輸入代行を利用する人はいるため、そういった偽物の被害にあうケースが報告されています。また、個人輸入代行でバイアグラジェネリックを購入すると、医師の指示を仰がないままに服用することになります。これは非常に危険な行為であり、併用禁忌薬などを使用していた場合には命に関わる重篤な副作用を引き起こす可能性があります。バイアグラジェネリックを購入する際には、必ず医師を通じて購入するようにしましょう