シアリス

シアリスの主な副作用

薬には副作用がつきもので、それはED治療薬も例外ではありません。世界中で高い人気を誇るシアリスには、どのような副作用があるのでしょうか。ここでは、シアリスの副作用についてご紹介します。

シアリスは副作用が発症しにくい?

シアリスは副作用が発症しにくい?バイアグラやレビトラと同じく、シアリスでも副作用が生じる場合があります。 しかし、バイアグラ、レビトラの服用による「顔のほてり」、「目の充血」、「頭痛」、「動悸」、「鼻づまり」などの副作用の症状の発症が、 バイアグラで41.4%(※1)、レビトラで28.15%(※2)の方に表れてたのに対し、 シアリス服用による「顔のほてり」や「頭痛」「鼻づまり」などの副作用の発症は27.2%(※3)という結果となっております。

シアリスの服用でみられる副作用

シアリスでは副作用の発現が緩やかとはいえ、まったく出ないというわけではありません。シアリスの臨床試験においても、いくつかの副作用が確認されています。

比較的出やすい副作用には、頭痛やほてり、消化不良などがあります。稀に起こる副作用としては、視覚への影響があげられます。(※3)

副作用を感じた場合は、病院やクリニックで診てもらうようにしましょう。当然、異常を感じた時点で服用も中止してください。

重篤な副作用を起こす可能性があるため服用を禁止されることも

重篤な副作用を起こす可能性があるため服用を禁止されることもシアリスでの副作用はそれほど強いものではありませんが、健康状態によっては深刻な問題を引き起こす可能性もあり、場合によっては服用を禁止されます。そのため、まずは病院やクリニックで医師の診断を受ける必要があります。
シアリスを服用することができない人としては、まず心血管系の病気を持っている人があげられます。心血管系の病気を持っている人がシアリスを服用すると、心筋梗塞や心臓突然死といった非常に重篤な副作用が発生する可能性があります。これ以外にも、脳梗塞・心筋梗塞・心不全などの既往歴がある場合、肝臓障害や腎不全を患っている場合、不整脈・低血圧・高血圧の場合なども、重篤な副作用が発生する可能性があることから服用の禁止あるいは制限がされます。

こういった副作用が発生するかどうかは、その人との相性や健康状態によって決まります。しかし、たとえ万全な状態であっても、飲み方を間違えてしまうと深刻な副作用が発生してしまうこともあります。(※4) 服用の際には医師の診断をよく聞き、用法用量を守って服用しましょう。

■関連情報はこちらから
■シアリスの基本的な情報を知りたい方
→ 最も新しいED治療薬、「シアリス」とは
■バイアグラやレビトラの副作用はこちら
→頭痛やほてり、レビトラの主な副作用
→ バイアグラの主な副作用とは

 

▼各薬剤の価格は下記医院ページからご覧いただけます。

 

病院に行く時間が無い、近くにクリニックが無い方へ

 

クリニックに来院することなくスマートフォンやパソコンのビデオ通話を利用して、専門の医師による診察、お薬の処方を行えるスマホ診察という遠隔での診療方法が広まってきています。 時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方にはとっても便利なサービスです。 スマホ診察後は、宅配便にてお薬をご指定の場所にお届けさせて頂きます。 AGA治療薬(ED治療薬)は医療用医薬品の為、国内で承認されている治療薬は医療機関でしか手に入れることが出来ません。 WEBサイトの通販などで購入できる治療薬は国内で承認がされていないもので、偽造薬が含まれている可能性があり、重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。 安全に治療をするためには、医師の診断のもと治療を行うことが大切です。

▶スマホ診察のご予約はこちら

 

 

参考記事

※1)PMDA、バイアグラ添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/259000AF1024_2_13/

※2)PMDA、レビトラ添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/259000BF1029_1_25/

※3)PMDA、シアリス添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/259000CF1023_1_13/

※4)日本イーライリリー株式会社 シアリス(タダラフィル)インタビューフォーム
https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Cialis/PDF/CLS_IF.pdf