シアリス

【ED治療薬シアリスの副作用】他のED治療薬との比較や脱毛との関係性

最終更新日:

シアリスは効き目が穏やかであるため、他のタイプのED治療薬よりも副作用が現れにくいとされています。今回は、シアリスと他のED治療薬の副作用について詳しく比較検討。また、巷で噂されるシアリスと脱毛の関係性についても検証してみましょう。

目次※知りたい情報をクリック

シアリスの副作用

シアリスは副作用として、「顔のほてり」、「頭痛」、「消化不良」を引き起こすことがあります。

これらの副作用は、シアリスの持つ血管拡張作用によるものです。時間が経つにしたがって自然に改善していくことがほとんどですが、副作用が現れたときは薬の減量、使用中止を検討してみましょう。

シアリスの主な副作用一覧

主な原因
1%以上 0.2~1%未満 0.2%未満 不明
循環器 潮紅 動悸、ほてり 血管拡張、心拍数増加、胸痛、狭心症、頻脈、高血圧、低血圧脈 失神、心臓突然死
感覚器 霧視、眼充血、眼異常感 耳鳴、視覚障害、眼痛、流涙増加などの症状 眼瞼腫脹、色覚変化、回転性眩暈、網膜静脈閉塞などの症状
消化器 下痢や嘔吐、腹痛などの症状 便秘、腹部膨満、軟便などの症状 食道炎
肝臓 肝機能異常増加 ALP上昇
腎臓 腎機能障害、尿酸値上昇
骨格系 背部痛、筋痛、四肢痛 関節痛、筋痙攣、筋骨格痛 筋骨格硬直、頚部痛、殿部痛
精神、神経系 頭痛 めまい、睡眠障害 錯感覚、傾眠、不安 脳卒中、感覚鈍麻、片頭痛
泌尿・生殖器 排尿困難、勃起増強、意図しない勃起 勃起の延長、持続勃起
呼吸器 鼻閉 鼻炎、副鼻腔うっ血 呼吸困難、喀血 鼻出血、咽頭炎
皮膚 紅斑、多汗、爪囲炎 そう痒症
その他 疲労、無力症、疼痛、体重増加、倦怠感 熱感、末梢性浮腫、粘膜浮腫、口渇 熱感、末梢性浮腫、粘膜浮腫、口渇

(※1)

他のED治療薬とシアリスの副作用比較

ED治療薬比較表
主な副作用
シアリス ・ほてり
・頭痛
レビトラ ・ほてり
・頭痛
・鼻炎
・動悸
バイアグラ ・ほてり
・頭痛
・視覚障害

シアリスはレビトラやバイアグラと比較して、副作用が現れにくいのが大きな特徴です。ほてりや頭痛が現れることもありますが、症状は軽く一時的なもの。性行為の妨げとなるような副作用が生じることはほとんどありません。他のED治療薬よりも安心して服用することができると言ってよいでしょう。

シアリスには脱毛の副作用はあるの?

シアリスの製造販売元である日本イーライリリー株式会社の公表では、副作用として脱毛は挙げられていませんので安心してください。

シアリスは長期間飲み続けると、精巣が小さくなり、精子数も減少することがわかっています。そのため、「シアリスの服用を続けると、男性ホルモンの分泌量が低下し、脱毛症になるのではないか?」と噂されることがあります。

しかし、シアリスの服用を続けても男性ホルモンの数値に影響が出ることはありません。当然、副作用として脱毛症が現れることもないのです。 (※1)

シアリスの併用禁忌薬

硝酸剤及びNO供与剤 ・ニトログリセリン
・亜硝酸アミル
・硝酸イソソルビド
sGC 刺激剤 ・リオシグアト(アデムパス)

シアリスには、一緒に服用するのが危険な2タイプの薬があります。

シアリスを服用したことでの死亡例は今のところありません。しかし、シアリスと同じメカニズムでEDを改善するバイアグラは、硝酸剤と併用したことで死亡したケースも報告されています。

シアリスの場合も血圧の急降下による意識消失を引き起こすことがあるため、併用する薬には注意しなければなりません。

硝酸剤及びNO供与剤について

主に狭心症などの治療に用いられる硝酸剤とNO供与剤には「NO(一酸化窒素)」という物質が含まれています。「NO」はcGMPの産生を促して血管を広げる作用を持つ物質。そのため、シアリスと一緒に服用すると、シアリスの血管拡張作用と相まって血管が広がり過ぎることに。

結果として血圧の急降下を引き起こし、意識消失など重篤な副作用を生じることがあります。

sGC 刺激剤について

肺高血圧症などの治療薬として使用されるsGC刺激剤もシアリスとの併用が禁忌とされている薬剤です。「NO」に対する可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)の感受性を高めてcGMPの産生を促し、血管を広げる作用があります。
そのため、シアリスを同時に服用すると相乗効果で血管が広がり過ぎ、急激な低血圧を引き起こす可能性があるとされているのです。

併用禁忌薬についてさらに詳しく見る

(※1、2)

シアリスを飲んではいけない人

シアリスを飲んではいけない人の主な条件
・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
・不安定狭心症のある患者又は性交中に狭心症を発現したことのある患者
・コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧<90/50mmHg)又はコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)のある患者
・心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある患者
・脳梗塞・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者
・重度の肝障害のある患者

シアリスはED治療薬の中では副作用のリスクが少なく、比較的安心して服用することができます。しかし、狭心症や不整脈、重度な高血圧のある人や脳卒中や心筋梗塞になったばかりの人は性行為自体に危険を伴うため、服用は原則的に禁忌です。

また、シアリスは肝臓で分解される薬です。そのため、肝臓の機能が著しく低下している方は、シアリスが分解され体内に残る時間が長くなります。残存時間が長くなることで、効果が高くなりすぎるなどの弊害が生じますので、禁忌の一つとなっています。 (※1)

副作用のリスクを下げる方法

副作用のリスクを下げる方法

性行為中のほてりや頭痛はできれば避けたいもの。また、シアリスは効果が長く続くため、副作用に長く悩まされることになるかもしれません。少しでも副作用のリスクを減らすよう、次の点に注意して服用していきましょう。

・使用期限切れの薬は飲まない
・24時間間隔を空ける
・偽物のシアリスは絶対に服用しない

使用期限切れの薬は飲まない

シアリスに限らず、様々な薬に対して言えることですが、使用期限はきちんと守りましょう。使用期限が切れた薬は含まれる有効成分が変性していることがあり、思わぬ副作用を引き起こす可能性があります。
一般的な薬は未開封の状態であれば3~5年間は効き目が変わらないよう製造されています。そのため、普段意識する人は少ないかもしれませんが、薬にも飲食物と同じく使用期限が定められています。

また、薬を保管するときは保管場所にも注意が必要。シアリスは15~30度ほどで直射日光が当たらない場所に保管することが推奨されています。車の中や閉め切った室内などの極端に暑かったり寒かったりする場所に保管すると、有効成分が変性してしまう恐れがあります。 (※3)

24時間間隔を空ける

シアリスは24時間の間隔を空けて服用するよう推奨されていますが、これは血中濃度の変化から決められたもの。24時間の間隔を空けないで服用してしまうと、有効成分の血中濃度が過剰に高まって副作用が生じやすくなります。

シアリスの効果持続時間は、約36時間。非常に長いのが大きな特徴です。その分、服用の間隔を空けることは副作用を避ける上ではとても重要なことなのです。

シアリスは服用を開始してから30分~4時間ほどで血中濃度が急激に高まり、高い勃起補助効果を発揮します。そして、約半日かけて徐々に血中濃度は半分ほどまで落ち込み、時間をかけて体外へ排出されていきます。 (※1)

偽物のシアリスは絶対に服用しない

本物か偽物かよくわからないシアリスとシアリスジェネリックの使用は絶対にお止めください。シアリスは比較的新しい薬です。そのため、国内でシアリスのジェネリックは販売されていません。しかし、いち早く新薬のジェネリックを製造販売するインドなどから、安価なシアリスジェネリックが個人輸入できるようになっています。

安価な上に病院に行くことなく手軽に購入できるため、個人輸入を利用している人も少なくないでしょう。しかし、これらの海外製のシアリスジェネリックは偽物が多く出回っています。有効成分がごく少量しか含まれていないもの、身体に悪影響を及ぼす成分が含まれているものなど様々です。中には思わぬ副作用が引き起こされるものもありますので、服用は絶対にしないでください。 (※4)

シアリスの副作用を要確認!もし不安な場合は気軽に医師へ相談しましょう

シアリスは他のED治療薬よりも副作用が現れにくいとされています。しかし、約30%の人は軽度で一過性のものであるとはいえ、ほてりや頭痛などの副作用を感じています。
副作用を少しでも減らすには、今回ご紹介した対策を徹底しましょう。また、副作用を予防するためにも、用量用法はしっかり守り、「禁忌」とされている人は絶対に服用しないよう注意してください。

参考URL

参考URL ※1)日本イーライリリー株式会社、シアリス錠添付文書
(https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00053585.pdf)
※2)日本医師会、「健康ぷらざ」4月20日号
(https://www.med.or.jp/people/plaza/backnumber/no050/index.html)
※3)製薬協、くすりの上手な使い方
(http://www.jpma.or.jp/medicine/med_qa/info_qa55/q29.html)
※4)厚生労働省、偽造医薬品問題の現状と対策について
(https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002w4wd-att/2r9852000002w570_1.pdf)

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。