シアリス

シリアスの正しい購入方法とは?個人輸入の危険性やジェネリックについて

最終更新日:

EDの治療薬として人気の高いシアリス。しかし、シアリスの購入方法を誤ったことによりリスクにさらされる可能性があります。今回はそんなシリアスの正しい入手方法について解説。個人輸入による危険性や、気になるジェネリックについてもご紹介します。

目次※知りたい情報をクリック

シアリスの正しい購入方法

シアリスを購入するときは、基本的には病院で処方してもらい入手してもらうようにしましょう。シアリスを個人輸入で購入すると、偽物を手に入れてしまう危険性があります。病院で購入すれば偽物にあたる心配はもちろんありませんので、安心して利用できます。

また、シアリスを病院で購入すれば、「シアリスを本当に服用しても良いのかどうか」が分かります。他のお薬を飲んでいる方の中には、シアリスを併用して飲んではいけない場合もあります。飲み合わせや体調にもあわせた確認ができるため。安全にシアリスを服用することができるでしょう。

購入時の注意点

シアリスを病院で購入するにあたって注意点に、保険適用外であることが挙げられます。シアリスは薬価基準未収載の薬に分類されます。薬価基準とは、保険医療に使用できる医薬品の品目も厚生労働大臣が定めたものです。薬価基準に含まれていない薬は、どこの医療機関で処方されても、保険適用外です。つまりシアリスを購入するときは、保険証が使用できません。

これはシアリスに限った話ではなく、ED薬は購入する際全て保険証が使用できず、自費扱いです。病院へ行く際は、自費負担であることを念頭に入れて置く必要があります。

シアリスの個人輸入の危険性・注意点

シアリスを購入するときは、保険証が使用できないということをご説明しました。シアリスを購入するときはお金が結構かかってしまうため、コストを下げようとネット通販を利用する方がいます。いわゆる、個人輸入で薬を手に入れるやり方です。確かにネット通販で購入すれば安く手に入れることはできます。診察をする手間も省くことができるでしょう。

しかしシアリスの個人輸入は危険性が高く、おすすめできません。インターネットでの購入は基本的にはやめておいた方が良いでしょう。

偽物がある可能性がある

ネット通販で売られているシアリスには、偽物も混ざっていることか多いです。シアリスの偽物には、正規品と全く同じ見た目をしているものもあります。本物と偽物を見分けるのは医療関係者でも難しいです。

また本物のシアリスには5mg、10mg、20mgの3種類しかないものの、偽物のシアリスにはそれ以外の容量が表記されているものがあります。表記を50mgや100mgにして、あたかも効果の強い薬であると謳って、販売するケースも報告されています。このような間違った表記の薬を見かけたら、絶対に利用しないでください。

(※1)

偽物のシアリスの危険性

シアリスの偽物は、危険性が強いものも多く、予測できない健康被害が懸念されます。偽物のシアリスを服用した結果、気持ち悪くなったり、嘔吐や下痢を引込したりする方もいらっしゃいます。さらには、副作用が強く出てしまったりする可能性もあります。

またシアリスの偽物は、不衛生な工場で製造され、異物が混入している可能性もあります。過去には偽物を製造している工場の中に、覚醒剤の製造などを行っていたと見られる場所もあります。覚醒剤の危険な成分がシアリスに混入していた場合、大きな健康被害が出ることが予測されるでしょう。偽物のシアリスを服用してしまった場合に考えられるリスクは多大ですので、利用はおすすめできません。

(※1)

シアリスの個人輸入の責任

シアリスの偽物を服用して健康被害が出ても、全て消費者個人の責任になります。通常、医薬品を適正に使用して副作用が発生した場合、「医薬品副作用被害救済制度」というものが適用されます。これによって、医療費等が給付されるようになります。しかし個人輸入で購入した場合、適正に使用したとは言えないため、医薬品副作用被害救済制度が適用されません。シアリスの個人輸入によって副作用が発生した場合、給付金が出ないことを念頭に置きましょう。

日本国内におけるシアリスのジェネリック購入

日本で承認されているシアリスのジェネリックはない

ジェネリックとは、厚生労働省の承認を得て販売される、新薬と有効成分が同じ薬のことです。ジェネリックは新薬よりも価格が安く、飲みやすさ等が改善されている場合もあります。

ですが残念ながら、日本ではまだシアリスのジェネリックは販売されておりません。どの病院でも正規品のジェネリックを購入することはできない状況てす。日本でジェネリックを販売するには、シアリス関連の特許が期間満了を迎えるか、何らかの理由で特許が無効にならなければいけません。

海外のジェネリック事情

シアリスのジェネリックが販売されている国があります。実はインドでは、数多くの種類のジェネリックが販売されているのです。

インドでは2005年まで、シアリス関連の特許が認められておりませんでした。このため、ジェネリック医薬品を製造することか可能に。今では特許法が改善され製造が不可能になりましたが、過去に製造したジェネリックが現在も販売されているため、インドではまだ購入ができるのです。

ただし、インドのシアリスジェネリックを日本で購入するためには、個人輸入以外の方法はありません。前述した通り、個人輸入は危険性が高くおすすめできませんので、購入は控えた方が良いでしょう。

日本でシアリスのジェネリックが販売される時期

日本でシアリスのジェネリックが販売されるには、特許が期間満了を迎えなくてはいけません。期間満了を迎えるのはいつなのか、正確には分かっておりません。

シアリスジェネリックは、近年中に発売されるという噂もあります。ただしあくまで噂の範疇であり、正しい情報かどうかは定かではありません。

危険性を防ぐためシアリスは正しく購入をしましょう!

本記事では、シアリスの正しい購入方法について解説しました。シアリスを購入するにあたって大事なことは、必ず医師の元で処方してもらうことです。ネット通販を利用しての個人輸入はおすすめできません。価格が高くても、正規の方法を取ることが肝心です。

ED治療のためにクリニックに行くことは、決して恥ずかしいことではありません。しっかり病院で診察を受けて、安全にシアリスを購入できるようにしましょう。


※1)厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001agwf-att/2r9852000001ah0e.pdf