シアリス

タダリスとは?ジェネリックED(勃起不全)治療薬の効果や効能、副作用や購入方法などを解説

最終更新日:

タダリスとはED治療薬シアリスのジェネリック医薬品です。ただし、日本では薬剤特許の関係で製造されておらず、厚生労働省からも承認されていません。そんなタダリスの気になる効果・効能や入手方法、服用における注意点などをご紹介します。

目次※知りたい情報をクリック

タダリスとは?

タダリスとは、日本イーライリリー社が開発した第3のED治療薬「シアリス」の、インド製ジェネリック医薬品です。しかし薬剤特許の関係でシアリスのジェネリックは、まだ日本においては厚生労働省の承認がおりていません。そのため、タダリスを入手するには、個人輸入代行業社を経由するのが一般的です。

タダリスの主成分はシアリスと同じ「タダラフィル」です。タダラフィルの内容成分が10mgと20mgのタイプがあるのですが、需要があるのはほとんど20mgで、10mgを取り扱っている個人輸入代行業社は限られています。タダラフィルの特性として、ED治療薬の中では最も遅効性でマイルドに効果が出始め、それが長時間継続します。作用時間は最大で約36時間(20mg服用時)です。(※1)

タダリスの効果・効能

ここでは、具体的にタダリスの効果について説明します。

最大の特徴は作用時間の長さ

タダリスの主成分タダラフィルは、他のED治療薬に比べ作用時間が長いというのが最大の特徴です。タダリスには、錠剤のタイプによって、タダラフィル配合量が10mgと20mgとありますが、作用時間は配合量に比例すると言われています。目安として、20mgの最大作用時間はおよそ36時間です。個人差はありますが、24時間以上作用しているので、食事の影響を受けにくいとされています。(※1)

血流を促進し、勃起の持続を助ける

通常、射精後に血液を全身に戻すために、サイクリックGMPという物質を分解するPDE酵素が作用し勃起が終了します。しかしEDの場合、加齢やストレスが原因で、基礎代謝と血流量が落ち、PDE酵素が作用しやすくなります。

サイクリックGMPは血流が低下すると働きが不十分になってしまいます。一方でPDE酵素は不活性化しづらく、相対的にPDEの方が強く作用するようになり、勃起そのものが起こりにくくなるのです。これがEDの基本的な仕組みです。タダリスは、血流を促進させて、PDE酵素の働きを阻害することでEDの諸症状を改善してくれます。

タダリスの入手方法

タダリスは厚生労働省に認可されていないED薬です。そのため、薬局やドラッグストアで購入することはできず、個人輸入代行業者を経由して、ネット通販で購入するのが一般的です。

個人輸入代行を使うことの最大のメリットは、日本製に比べて安価な海外製や日本では承認されていない薬が入手できるという点です。しかしながら、認可を受けていないからこそ、大きなデメリットもあります。

・100%自己責任での購入:万が一の場合も、海外のブローカーやメーカーを相手に日本で訴訟を起こすことはできません。
・為替の影響を受けるため、価格が安定していない
・医薬品情報が外国語表記:日本語の添付書類がないので、購入時に個人輸入代行業社のサイトで日本語の医薬品情報や副作用情報を確認する必要があります。
・日本語のエビデンスが少ない
・医薬品副作用救済制度の対象外になる:副作用に関する治療も自由診療
・個人名でないと購入できない

ED治療は自由診療のため、治療費に悩まれる方もいらっしゃいますが、金額ばかりを意識して根本的な健康を見失うことのないようにしましょう。

タダリスの副作用と注意点

タダリスの副作用

バイアグラやレビトラなど他のED治療薬に比べ、タダリスは体にじっくりなじむことから、副作用がマイルドだと言われています。しかし、医薬品である以上、副作用はついて回ります。主な副作用は以下の通りです。

・ほてり
・頭痛
・動悸
・消化不良

タダリスを服用できない人

以下に挙げるような身体状態の場合、タダリスの服用は控えてください。

・タダラフィルアレルギーを有する患者
・硝酸剤あるいはNO(一酸化窒素)供与剤を服用している患者
・sGC 刺激剤を服用している患者
・心血管系障害などがあり、性行為が不適当と考えられる患者
・不安定狭心症がある患者、または性交中に狭心症を発現したことのある患者
・コントロール不良の不整脈、低血圧あるいはコントロール不良の高血圧患者
・心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある患者
・網膜色素変性症患者
・最近6ヶ月以内に心筋梗塞、脳梗塞、脳出血の既往歴がある者
・重度の肝障害が認められている者
・血液透析が必要な腎障害を有する患者
・CYP3A4阻害剤、リオシグアトを投与中の患者
・網膜色素変性症患者
・女性
・未成年

慎重投与が必要なケース

以下のケースの場合、医師の判断の上で、慎重に投与しなければなりません。

・陰茎の構造上の欠陥があるED患者(屈曲、重度の嵌頓包茎、陰茎の線維化など)
・糖尿病やうつなどEDを起こす可能性が高い基礎疾患がある患者
・出血性疾患または出血性胃潰瘍を有する患者
・チトクロームP450 3A4(CYP3A4)を強く阻害する薬剤を服用している患者
・65歳以上の高齢者
・中等度の肝機能障害が認められた場合(肝機能障害の原因がタダラフィルの場合は服用を中止する)

上のような身体状態にある場合は、タダリスではなく国内承認されているシアリスの服用をおすすめします。前にも述べた通り、シアリスは医師からの処方が可能であり、副作用発生時に適切な対処ができます。

もし、 タダリスを服用して上記以外の健康異常を感じた場合は、すぐに服用を中止し、泌尿器科もしくはEDクリニックを受診してください。その際、パッケージや添付書類を一緒に持って行くと、診察がスムーズです。(※1、2)

遅効性のタダリスの効果を実感するためには正しく服用してください

タダリスは遅効性で作用時間が長く、魅力のあるED治療薬です。アルコールとの併用禁忌もないので、お酒と併用しても問題ないと言えます。ただし、アルコールもタダリスもオーバードーズ(過剰服用)は危険なので適正量を守る必要があります。

また、タダリスも薬品になるため、服用には細心の注意が必要です。持病があったり、ご紹介した慎重投与が必要なケースに該当したりする方は、タダリスの服用を検討し直すのがおすすめです。その際はぜひ、医療機関の受診を検討ください。安全にかつ、充実した性生活をおくれるよう、お手伝いいたします。

参考URL

※1)日本新薬株式会社「医薬品インタビューフォーム/シアリス(タダラフィル)」
(https://www.lillymedical.jp//jp/JA/_Assets/non_public/Cialis/PDF/CLS_IF.pdf)
※2)KEGG「シアリス添付文書」
(https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00053585)

バイアグラ

食事の影響を受けやすいという欠点もありますが、バイアグラは1999年に発売開始されてからED治療薬として長い間多くの患者様に服用されています。

バイアグラジェネリック

2014年にバイアグラ(ファイザー製薬)の特許が切れ、日本のジェネリック医薬品メーカーがバイアグラの後発薬を発売しています。

バイアグラジェネリックについて詳しくはこちら

レビトラ

体内への吸収が速いため即効性があるといわれています。また作用時間も長いED治療薬です

シアリス

シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、プレッシャーや焦りを感じる必要がありません。