シアリス

シアリスはクリニックや病院で処方してもらおう!

最終更新日:

ED治療薬のひとつであるシアリスは、病院やクリニックで処方してもらうというのが基本です。このほかにも通販で手に入れることができますが、推奨されているのは病院やクリニックでの処方です。なぜ、シアリスは病院やクリニックでの処方が推奨されているのでしょうか。ここでは、シアリスの処方についてご紹介します。

安全に手に入れるためには病院やクリニックでの処方が一番
※ 国内承認されているED治療薬は医療機関で処方を受ける必要あります。

シアリスを病院やクリニックで処方してもらう理由として、最も大きいのが安全性です。

シアリスは、ED治療薬というれっきとした薬のひとつです。当然ながらただ飲めばいいというわけではなく、正しい飲み方や飲む量が定められています。一緒に飲んではいけない薬やシアリスを服用できない健康状態などもあるため、服用に関しては慎重にならなければなりません。こういったものを判断するのが医師であるため、シアリスは病院やクリニックで処方してもらうべきなのです。後々は通販にしたいという人でも、初回は必ず病院やクリニックを受診するようにしましょう。

偽造品を掴まされないためにも

前述のとおり、シアリスを服用しても大丈夫なのか、どの含有量のものを選べばいいのかなど、病院やクリニックでしかわからないことはいくつかあります。そのため、シアリスを服用するには病院やクリニックで処方してもらうのが大切です。それともうひとつ、シアリスを病院やクリニックで処方してもらったほうがいい理由があります。それが、偽造品の存在です。

シアリスは2013年に全世界シェアは42%となるほどの治療薬ですので(※1) 、近年はシアリスの偽造品の数も増えています。偽造品のシアリスは有効成分の含有量が少ない、ほかのED治療薬の成分が使用されている、劣悪な環境製造されているなど、さまざまな問題が報告されています。これではまともな効果が実感できないばかりか、重篤な副作用が発生することも。(※2) 国内で承認されているシアリスは医療機関で処方を受ける必要があります。国内で承認された正規品を服用したい場合は医療機関で治療を行ってください。

ジェネリック医薬品の取り扱いは?

近年、バイアグラの国内産ジェネリック医薬品が登場しました。これまでバイアグラはアメリカのファイザー社が特許を持っていたので他社が作ることはできませんでしたが、2013年にその特許が切れたことでジェネリック医薬品が作れるようになったのです。しかし、2015年10月現在でジェネリックが認められているED治療薬はバイアグラのみであり、シアリスには国内で正式に認可されているジェネリックはありません。そのため、バイアグラ以外のED治療薬のジェネリックは、日本の病院・クリニックでは取り扱われていません。

海外通販などではバイアグラ以外のジェネリックも販売されていますが、これらは日本では未承認のもの。利用には危険が伴うことを認識しましょう。(※3)

自身の身体のことや偽造品のことを考えると、シアリスは病院やクリニックで処方してもらうのが大切です。併用禁忌薬や既往症の判断を誤ると最悪命に関わる事態に発展するため、少なくとも初回は必ず病院やクリニックで処方してもらうようにしましょう。

参考記事

※1)日本新薬株式会社 シアリス®錠が勃起障害治療薬の世界市場においてシェア第1位になりました
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/company_profile/news.php?id=264

※2)日本新薬株式会社EDケアサポート ED治療薬の偽物にご注意
https://www.ed-care-support.jp/fake/

※3)日本新薬株式会社 インターネットで入手したED治療薬の約4割が偽造品
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/official/company/news/20161124_news.pdf

■イースト駅前クリニック医師のご紹介
イースト駅前クリニック各医院の医師はこちらからご覧いただけます。