メニューを閉じる

 > 
 > 
シアリス

シアリスについて

シアリスがバイアグラやレビトラと大きく異なるのはその作用時間です。バイアグラやレビトラの作用時間が4~8時間に対して、シアリスは36時間と長い時間効果が持続します。服用のタイミングを考えたり、効果時間内に行為を終えなければならないといったプレッシャーや焦りを感じる必要がありません。

シアリスは有効成分としてタダラフィル(Tadalafil)を含有しています。タダラフィルは体内で分解されにくい構造をしています。また、吸収されてから血液中の有効成分の濃度が半分になるまでの時間が約14~15時間とかなり長いため、薬の作用時間も36時間という持続性を発揮します。
金曜の夜に服用すれば日曜まで効果が持続するため、海外では「ウィークエンド・ピル」と呼ばれて親しまれています。
2002年11月に欧州で承認され、2003年2月より欧州、オーストラリア、ニュージーランドで発売が開始されました。2003年11月にはアメリカでも承認がおり、日本では2007年7月に承認され、同年9月より日本イーライリリー株式会社より医療機関向けに販売が開始されました。

シアリスの特徴

シアリスは服用して1時間で効き始め、約36時間の圧倒的な効果持続時間が特徴です。
陰茎を無理やり勃起させるものではなく、性的刺激に反応して起きる勃起機能自体を補助する薬ですので、性的興奮を起こしていない時は勃起することはありません。
日本国内で認可されているED薬としては新しい薬剤ですが、効果時間の長さと服用のしやすさで現在では世界で1番人気のあるED薬となっております。

シアリスの副作用

主に「顔のほてり」「鼻づまり」「頭痛」が見られますが、これは血管拡張作用によるものであり、効果の現れた証拠でもあります。その他に「目の充血」「動悸」「色覚変化」などありますがどれも一時的なものです。気になる症状があればお気軽にご相談ください。

シアリス服用の注意点

性行為の1時間以上前に服用してください。早めに服用しても作用時間が長いため細かい服用のタイミングは気にせずに服用してください。シアリスは食事の影響をほとんど受けませんが食後に服用して効果を感じにくい場合は、空腹時の服用をお勧めします。
適度な飲酒はリラックス効果をもたらし性欲を増加させますが、過度な飲酒は勃起不全の原因となります。

シアリスには「依存性」「催淫作用」「性欲増進作用」「性病予防」といったものはありません。性的欲求・性的刺激を受けた時に勃起作用を補助するものとお考えください。性的欲求・性的刺激がなくなれば、作用時間内でも勃起はおさまります。

「糖尿病」「肥満」「高血圧」「うつ病の治療薬の副作用」によるEDの方はシアリスでは満足な効果が得られない場合があります。そのような場合も医師にご相談ください。シアリスでは効果がなくても他のED治療薬であれば効果がある方もいらっしゃいます。

シアリスを処方できない方

以下に該当される方はシアリスを処方することが出来ません。

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方
  • 不安定狭心症のある方、または性行為中に狭心症を発現したことのある方
  • コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧<90/50mmHg)またはコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)のある方
  • 心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある方
  • 脳梗塞、脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある方
  • 重度の肝障害の方
  • 網膜色素変性症の方

※服用中のお薬がシアリスと併用禁忌薬かご不明な場合、お問い合わせで薬剤名の一覧を教えていただければクリニックで確認いたします。

服用中の薬がある場合

服用している薬がある場合、来院時にその薬名を控えてくるか、薬を持参してください。
シアリスとの併用の安全性を調べて使用量等のアドバイスをします。

高血圧の治療中の方

シアリスは血圧を下げる作用がありますので降圧剤との併用により、立ちくらみなどの症状が一時的にでることがあります。
上記を理解していればシアリスは高血圧でも使用できますが、併用禁忌の血圧の薬がありますので注意が必要です。

心筋梗塞や狭心症の既往のある場合

ニトログリセリンを使用している、発作時のために所持している方にはシアリスの処方はできません。ニトログリセリンをまったく使っていなくても所持している方は大変なリスクがあります。
心筋梗塞や狭心症の既往がある方はシアリスの使用について主治医と必ず相談してください。

シアリスの偽造薬(厚生労働省 未承認薬)に注意

ファイザー株式会社、バイエル薬品株式会社、日本イーライリリー株式会社、日本新薬株式会社が合同で調査したところ、インターネットで流通しているシアリスの約60%が偽造薬(厚生労働省 未承認薬)であることがわかりました。
偽造薬(厚生労働省 未承認薬)は有効成分が含まれないだけでなく、重篤な健康被害を引き起こす可能性があります。

シアリスの偽造薬(厚生労働省 未承認薬)に注意

初診優待予約はこちらから

シアリスをもっと知る

一覧へ

シアリスの使用方法

一覧へ

シアリスの特徴

一覧へ

シアリスの体験談