ED 治療外来

シアリス

メインビジュアル

シアリス

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

クリニック一覧

シアリス

病気の方は要注意、シアリスを処方できない人や併用(飲み合わせ)禁忌

最終更新日:

ED治療薬であるシアリスは、誰でも利用できるというわけではありません。身体の状態や過去の既往症、現在服用している薬など、さまざまな要因で服用できないことがあります。現在何らかの病気を抱えている人は、シアリスを服用できるかどうか気になるところです。そこで今回は、シアリスと病気の関係についてご紹介します。

この記事の監修者

西澤 康平

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

現在病気をしていてもシアリスは服用できる?

今現在病気をしている人は、シアリスを服用できるのかどうか気になるかもしれません。シアリスを服用できるかどうかは、かかっている病気にもよります。

風邪などの軽度の病気の場合は、特にシアリスの使用に制限はありません。医師の言うことをよく聞いて、適切に服用しましょう。肝臓や腎臓が悪い人、血液の病気、陰茎の病気などがある場合には、シアリスの服用は医師とよく相談する必要があります。現在の自分の状態などをきちんと話し、服用できるかどうかを確認しましょう。

なお、絶対に服用してはいけないのが、現在狭心症など心臓の病気でニトログリセリンなどの硝酸剤を使用している場合です。この場合は、どれだけ元気であろうとシアリスを服用してはいけません。もし服用した場合は、重篤な副作用が現れる場合もあります。(※1) 心臓関連の病気は性行為自体がNGなこともあるので、十分に注意が必要です。また、高血圧や低血圧といった病気を抱えている人も、シアリスを服用することはできません。

全国対応

オンライン診療のご案内

お電話一つで診察・処方

診診察から処方までお電話やオンラインアプリで完結出来るため、通院の必要が無く、待ち時間が解消されます。
移動時間や移動コストが掛からなくなります。

※当日の診察状況によりお待たせすることがあります。何卒ご了承ください。

一緒に飲んではいけない薬、併用禁忌薬

前項でも少し触れましたが、狭心症などの治療で使われている硝酸剤を使用している人は、絶対にシアリスを服用してはいけません。なお、このように一緒に使用することが禁止されている薬のことを、併用禁忌薬といいます。

さきほどご紹介した硝酸剤は、血圧を低下させる効果があります。実はシアリスにも血圧を低下させる効果があるため、これらをかけ合わせると通常の効能以上に急激に血圧が低下することになり、最悪の場合ショック状態に陥って命を落とすことも。硝酸剤は飲み薬のほかにスプレーや貼り薬などもありますが、どの場合であってもシアリスの服用はNGです。

シアリスの併用禁忌薬のほとんどが硝酸剤ですが、それ以外では、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬であるアデムパム錠が併用禁忌薬に含まれています。これを併用すると、症候性低血圧を引き起こす恐れがあるとされています。ほとんどが硝酸剤ですが、併用禁忌薬の種類自体は多いので、医師に自分が服用している薬を正確に告げるようにしましょう。

既往症によってシアリスが服用できないことも

既往症とは、過去にかかっていた病気のことです。この既往症によっても、シアリスが服用できない場合があります。処方できないケースとして、3ヶ月以内に心筋梗塞の既往症がある場合、6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血の既往症がある場合があげられます。心筋梗塞や脳梗塞、脳出血といったものはEDとも大きな関係があるため、これらのケースはよく取り上げられます。これに該当する人は、決してシアリスを服用しないよう気をつけましょう。

今回ご紹介したように、病気によってシアリスを服用できないケースはあります。また、現在は完治していたとしても、既往症によっては服用できないことも。服用できないケースは命に関わる危険性があるため、自分で判断するのではなく、医師に現在の健康状態、服用している薬、既往症をきちんと説明して判断してもらいましょう。

参考記事

※1)日本イーライリリー株式会社 シアリス(タダラフィル)インタビューフォーム
https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Cialis/PDF/CLS_IF.pdf

■イースト駅前クリニック医師のご紹介
イースト駅前クリニック各医院の医師はこちらからご覧いただけます。

シアリス

バイアグラ

バイアグラジェネリック

シアリスジェネリック

レビトラ

レビトラジェネリック

クリニック一覧

この記事の監修者

西澤 康平

プロフィール

2006年北海道大学医学部を卒業。札幌医科大学付属病院での研修医や、釧路優心病院精神科での勤務医を経て、2017年10月よりイースト駅前クリニック京都四条烏丸院の院長を務め、2020年10月より池袋院の院長となる。趣味はスポーツ全般、特に野球が好き。

イースト駅前クリニック所属医師

イースト駅前クリニックの医師一覧

当サイトの運営者情報はこちら

運営者情報

POINT

EDについてのよくあるお問合せ

ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態なのですか?

ED治療薬の効果発現は、刺激があると勃起して刺激がなければ普通の状態のままでいることです。ずっと勃起したままの状態にはなりませんのでご安心ください。
ED治療薬の特徴は自然な勃起状態になることです。

いろいろ薬を飲んでいますがED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。
ED治療薬を服用希望であれば、先ずは服用中の薬を持参して医師にご相談ください。また、併用禁忌の薬に関してはこちらをご参照ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いってなんですか?

持続時間、有効成分、食事によって効果の出現が左右されるかなどの違いがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

CONSULTATION

初診WEB予約

初診WEB予約

  • 当日予約も可能
  • 診察代0円
  • 事前問診票でさらに早くご案内
  • 最寄駅から徒歩1〜3分
オンライン診療

オンライン診療

  • 全国どこでも診察可能
  • 診察代0円
  • 通院時間・待ち時間0分
  • 自宅で薬が受け取れる
お問合せ

お問合せ

気になること、治療内容など
クリニックに関する
お問い合わせはこちらから

PAGE TOP

サイト監修について

当サイト(イースト駅前クリニック)は、イースト駅前クリニックグループの各クリニック院長の監修のもと運営しています。

< 監修 >
札幌院院長:伊部 博行 医師仙台院院長:高橋 良和 医師新宿西口院院長:畔上 卓昭 医師新宿東口院院長:松沼 寛 医師池袋院院長:西澤 康平 医師渋谷院院長:足立 和典 医師上野院院長:千葉 岳 医師秋葉原院院長:宮路 貴晶 医師新橋院院長:加藤 淳 医師町田院院長:永井 哲志 医師横浜院院長:松本 貴博 医師川崎院院長:岡田 和樹 医師大宮院院長:半田 譲 医師柏院院長:管野 隆治 医師静岡院院長:高柳 健二 医師名古屋院院長:平田 勝俊 医師名古屋栄院院長:犬塚 善博 医師金沢院院長:栗林 正人 医師京都院院長:稲垣 昌泰 医師大阪院院長:藤田 良治 医師なんば院院長:薗 雅宏 医師天王寺院院長:東城 博雅 医師神戸三宮院院長:篁 隆雄 医師岡山院院長:橋詰 顕正 医師広島院院長:久保田 守 医師博多院院長:田中 修二 医師小倉院院長:倉員 忠弘 医師熊本院院長:師岡 公彦 医師
※イースト駅前クリニック医師一覧はこちら

イースト駅前クリニック総合

Copyright ©2008-2022 イースト駅前クリニック
All Rights Reserved.