ザガーロ

ザガーロの入手方法

最終更新日:

AGA(男性型脱毛症)の改善効果が認められている治療薬にはいくつかの種類があります。その中でも、国内で正式に承認されているデュタステリド含有のAGA治療薬が「ザガーロ」です。今回は、ザガーロの入手方法やそれに伴うリスクについてご紹介しましょう。

ザガーロって?

AGA・男性型脱毛症の治療方法として、日本では治療薬が広く利用されています。AGA治療薬には頭皮に直接塗る外用薬と服用する内服薬があり、外用薬としてはミノキシジル、内服薬としてはプロペシアが一般的といえます。

そんななか、2015年9月に新たなAGA治療薬として厚生労働省によって承認され、2016年6月から販売が開始されたのが「ザガーロ」です。

ザガーロはデュタステリドという成分を有効成分として配合しており、こちらはAGAの原因となる酵素の5αリダクターゼを阻害する効果があります。(※1)

ザガーロはクリニック以外でも手に入るの?

基本的にザガーロは医療用医薬品となるため、クリニックや皮膚科といった医療機関で処方してもらう必要があります。医療機関に足を運ぶことを面倒に感じる人もいるかもしれません。

しかし、ザガーロは副作用が発現する場合があったり、重度の肝機能障害を持つ方は服用が禁忌になっている薬でもあるため、必ず専門の医師に判断を仰ぐ必要があるといえます。

しかしながら、現在ではネットを介して海外からデュタステリドを含む海外製のAGA治療薬を処方箋なしに購入できるからと、インターネットの個人輸入サイトで購入してしまう人もいるようです。

個人輸入のリスクは?

前述のとおり、安さや処方箋がいらないという手軽さから手を伸ばしてしまう人も多少なりといるかもしれませんが、個人輸入は非常にリスクが高く危険です。海外からの個人輸入した薬剤には偽造薬が数多く存在しています。

有効成分にデュタステリドを含んでいるだけでザガーロと同じ薬ザガーロのジェネリックと謳っているものなど。また、有効成分がザガーロと一緒だからといってザガーロと同等の効果が期待できるとは限りません。有効成分が一緒でも、含有量に違いがあったり他の成分が大きく異なっていたりすることから、ザガーロと同等の効果を期待することは難しい場合もあるでしょう。

こうした偽造薬を服用した場合、健康被害を引き起こす恐れがある上、日本国内で承認された薬ではないため、保障を受けることも出来ません。いずれにせよ、ザガーロ含むAGA治療薬の個人輸入はリスクが高いといえるでしょう。ザガーロをAGA治療に使用したいと考えるのであれば、医師の指示に従って処方を受けつつ服用することが必要です。(※2)

参考URL

※1 ザガーロカプセル

http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900AM1023_1_05/

※2 医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html