ザガーロ

輸入できる? 保険は適用される? ザガーロの購入方法

AGA・男性型脱毛症の治療方法として、日本では治療薬が広く利用されています。AGA治療薬には頭皮に直接塗る外用薬と服用する内服薬があり、外用薬としてはミノキシジル、内服薬としてはプロペシアが一般的といえます。
そんななか、2015年9月に新たなAGA治療薬である「ザガーロ」が厚生労働省によって認可され、2016年6月から販売が開始されています。
ここで気になるのが、ザガーロの購入方法について。ザガーロは国内で販売されていますが、含有成分であるデュタステリドを有効成分とした海外製の薬もあります。保険適用の有無に関しても、治療費に直結することから気になるところです。
そこで今回は、輸入や保険適用の有無など、ザガーロの購入方法に関する概要をご紹介します。

そもそもザガーロとは?

s_2_cure-1006827_1920

日本で最初に承認されたAGA治療用の内服薬であるプロペシアは、フィナステリドを有効成分とした薬です。フィナステリドには5αリダクターゼというAGAの原因となる酵素を阻害する効果があり、この効果によってAGAの進行を食い止めます。一方のザガーロはデュタステリドという成分を有効成分として配合しており、こちらもフィナステリド同様5αリダクターゼを阻害する効果があります。フィナステリドとの大きな違いは、作用する範囲です。

実は5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型というふたつの種類があり、フィナステリドはⅡ型にのみ作用します。一方でデュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に作用することから、より広い範囲をカバーすることができるのです。この作用範囲の広さから、ザガーロは注目されています。

購入方法

s_3_shipping-containers-1150062_1920

クリニックや病院へ自ら足を運び、医師の診断を受けて処方してもらい入手できます。

診療については、皮膚科や専門のクリニックなど幅広く診断/処方してもらえますが、より多くの症例を目にしている専門のクリニックで診断してもらい処方を受けたほうがより具体的なアドバイスなども期待できるため望ましいでしょう。

ザガーロは2016年6月から販売が開始された薬であるため、新しい薬だという印象が強く持たれていますが、デュタステリドを有効成分とするAGA治療薬は海外にもいくつかあり、それらは日本よりも早くから販売されていました。

そのため、海外製の薬は、基本的に日本国内で正規に販売されるものに比べて安価な傾向にあります。例えばザガーロは30カプセル入りのものが1箱9,000円~10,000円程度となっていますが、その海外版ともいえるアボダートは同じく30カプセル入りのものが1箱6,000円前後となっています。また、海外にはデュタステリド製剤のジェネリック医薬品もあり、こちらは1カプセルの単価が50円~100円程度とかなり割安です。この安さから、海外製のものを購入したいと考える人も少なくありません。

インターネット上には個人輸入の代行サービスも数多くあることから、個人輸入自体は不可能ではありません。しかし、個人輸入はクリニックでの処方もなく、安全が保証されていません。そのため、AGA治療薬を行いたい場合は、専門のクリニックで正規品の処方を受けることが望ましいといえます。

ザガーロは保険が適用される?

残念ながら、ザガーロは保険適用されません。

なぜ、ザガーロをはじめとするAGA治療薬に、保険が適用されないかというと、一般的な風薬などは「保険診療」とされるため保険が適用され自己負担3割のみとなるのですが、AGA治療薬については、「自由診療」とされるため、保険が適用されず全額自己負担となります。

ザガーロの場合、同じくデュタステリドを有効成分としたアボルブが保険適用となっているため、もしかしたらと期待していた人もいるかもしれません。(アボルブは前立腺肥大症を適用とした治療薬であり、平成21年から保険適用されています。)しかし、これはあくまでも前立腺肥大症の治療を目的として処方した場合であり、AGAの治療目的で処方した場合には保険給付の対象外となることが厚生労働省によって示されました。このことからもわかるように、ザガーロはやはり保険適用にはなりません。

AGA・男性型脱毛症の新しい治療方法として注目を集めているザガーロ。AGAを効果的に予防・改善していくために、適切な場所・適切な価格で購入しましょう。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■薬局でも買える?フィナステリドの入手場所
■プロペシアって高いの?プロペシアの購入方法と価格相場
■処方は病院で!プロペシアの通販購入の裏に潜む落とし穴
■病院?通販?ザガーロを購入するには