薄毛

薄毛になってしまったら。改善するにはどうすればいい?

「気がついたら頭頂部が薄くなってきている」普段あまり見ることがない頭頂部を見て、薄毛の進行に驚いたという経験がある人もいるのではないのでしょうか。AGAなどの場合は、時間とともに進行していく場合があるためので放っておくと少しずつ薄くなっていってしまいます。(※1)しかし、あきらめることはありません。育毛剤や、専門のクリニックで処方される内服薬など、薄毛対策は日々進化しています。

薄毛に気になり出したら、1日でも早く薄毛対策を行いましょう。そこで今回は、自分で簡単にできる薄毛の改善方法をご紹介します。

自分に合った薄毛への対処法を選ぶ

男性ホルモンが影響して起こる脱毛症は、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。「髪の毛が生える→成長する→抜ける」というサイクルを「ヘアサイクル」と呼び、AGAではヘアサイクルが乱れることで髪の毛が細くなり、成長しないまま抜けてしまい薄毛になっていきます。(※2)

AGAを発症する原因としては、遺伝などが影響していると考えられます。ただ、薄毛の原因が必ずしもAGAのみであるとは限りません。その場合などは症状によりますが頭皮環境を良くするために、生活習慣の改善などで一部対処することも可能といえるでしょう。

薄毛やAGAの対策は、進行状態や症状に合わせて、クリニックでの治療などを組み合わせるのが理想的です。AGAかどうか気になるという方は、クリニックや病院へ行ってAGA遺伝子検査や無料カウンセリングを受けてみましょう。クリニックでの髪の毛や口の中の粘膜検査によって、AGAを発症しやすい遺伝子を持っているか否かを調べることができます。AGAを発症しやすい遺伝子を持っていれば、外用薬や内服薬を使った治療も可能です。

薄毛は男性の場合AGAである場合もありますが、症状によってはそうでない場合もあります。正しい対処法を選択するためにも、まずは専門の医師になどに症状を説明し、アドバイスをいただいても良いといえるでしょう。

生活習慣も見直しを!

生活習慣の改善も場合によっては良いかもしれません。もちろん、原因や症状にもよりますが、クリニックで受けるような薄毛治療などとは異なり、必ずしも劇的な改善が見込めるというわけではありません。しかし、日々の生活の中で改善していくことで、髪の毛の育成や頭皮環境の改善をサポートすることができます。

睡眠不足とストレスは、薄毛に大きな影響を与えます。寝不足には気をつけ、22時から2時の間には入眠できるようにしましょう。また、ストレスをためないよう、適度にリフレッシュを心掛けることも大切です。

さらに、お酒やタバコを控えたり、頭皮ケアのために正しいシャンプーやストレッチ、頭皮マッサージをしたりするのも効果的です。

この他、髪の毛の発育は食事によって取り入れられた栄養素で成り立っているので、食生活の改善は非常に重要です。髪の毛や頭皮の健康のために積極的に摂取していたい栄養素は、タンパク質やビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛などです。

薄毛は、年齢とともに悪化することがほとんどです。そのため、早期の発見と対策が重要です。クリニックで薄毛治療を受けたり、育毛剤や発毛剤を使用したり、生活習慣を改善したりといった対策をとることが大切です。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■薄毛は治るか?治るなら薄毛を改善するためにはどうしたらよい?
■AGAの予防・改善は、QOLの向上につながる!

参考記事

※1)AGA-News、AGAとは
http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml

※2)AGA-News、髪の毛って何
http://www.aga-news.jp/secure/about_hair/index.xhtml