薄毛

薄毛におすすめのシャンプーはある?正しい洗い方は?

ドラッグストアなどのお店に行くといろいろな種類のシャンプーが売ってあるので、どれを買えばよいのか迷ってしまう人も少なくありません。薄毛を改善するためには、シャンプーの選び方も大切です。また、せっかく薄毛に効果のあるシャンプーを使っていたとしても、髪の毛の洗い方が間違っていれば抜け毛が増える原因となります。
今回は、薄毛を改善できるおすすめのシャンプーと正しい髪の毛の洗い方についてご紹介します。

アミノ酸系のシャンプーを使って、マッサージするように洗うことが大切

シャンプーには石油系シャンプーや石けん系シャンプーなどがありますが、薄毛の予防のためには、自身に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。アミノ酸系シャンプーであれば洗浄力は適度であり、必要な皮脂を残しながら汚れをしっかりと落とすことができます。また、頭皮や髪の毛に低刺激なのもポイントです。アミノ酸系シャンプ―が合わない方もおりますので、様々なシャンプーを使ってみることも大切です。

髪の毛を洗う際には、爪を立てずに指の腹を使ってマッサージするように洗いましょう。また、シャンプー後に泡を頭皮に残さないように、しっかりとお湯で洗い落とすことが大切です。

シャンプーの種類の特徴

シャンプーの種類には主に、石油系シャンプー、石けんシャンプー、アミノ酸系シャンプーの3つがあります。以下では、それぞれの特徴についてご説明します。

・石油系シャンプー
石油系シャンプーは安価であり、市販されているシャンプーのほとんどが石油系シャンプーに該当します。非常に高い洗浄力を持っていて、頭皮の乾燥を防ぐために必要な皮脂まで洗い落としてしまう可能性もあります。頭皮は皮脂を失うと、補うために皮脂を過剰に分泌します。そして、頭皮にあふれた皮脂は毛穴に詰まって抜け毛を誘発してしまう可能性があります。。

・石けん系シャンプー
石けん系シャンプーは天然成分で作られており、石油系シャンプーのような添加物に心配する必要はありません。しかし、洗浄力が強いため必要な皮脂まで洗い落とし、頭皮環境を悪化させます。また、アルカリ性であるため、乾燥肌の人が使用するには適しません。なお、シャンプーだけだとキューティクルが開いたままになるため、弱酸性のリンスを使って必ず中和する必要があります。

・アミノ酸系シャンプー
アミノ酸系シャンプーは適度な洗浄力を持ち、頭皮をしっかりと洗うことができるシャンプーです。頭皮や髪の毛はどちらもタンパク質でできているため、低刺激であることも特徴です。皮脂の過剰な分泌も引き起こしにくいといわれていあるシャンプーです。

正しい髪の毛の洗い方

まずは、お湯で十分に予洗いすることが大切です。1分ほどお湯で髪の毛をぬらすことで、余分な汚れを流すことができます。なお、お湯で髪の毛をぬらす前にブラシで髪の毛についているほこりやフケを浮かすことで、汚れを流しやすくなるのでおすすめです。

シャンプーは10円玉大ほどの大きさを取り、手のひらでまんべんなく伸ばします。伸ばさずに髪の毛に直接つけると、シャンプーが頭皮に残りやすくなり、抜け毛を誘発するため絶対に避けましょう。まんべんなく伸ばしたシャンプーを髪の毛全体に行き渡らせて、適度な力でマッサージするように指の腹で髪の毛を洗います。かゆいからと爪を立てて洗うと頭皮が傷つき、できた傷を治すために過剰に皮脂が分泌されるため、必ず指の腹を使うことが大切です。

シャンプーをした後は、泡が残らないようにお湯でしっかりと洗い流しましょう。シャンプーが頭皮に残っていると、頭皮が刺激されて抜け毛の原因になります。また、入浴後はぬれた髪の毛を必ずドライヤーで乾かすことが大切です。髪の毛をぬらしたままにすると、髪の毛を保護するキューティクルが開いたままになるため、髪の毛が傷みやすくなります。

まとめ

薄毛を改善するためには、シャンプーの選び方は重要です。頭皮や髪の毛に低刺激で、皮脂を洗い落としすぎない適度な洗浄力を持つアミノ酸系シャンプーを使用してみることも一つの方法です。また、髪の毛を洗うときは指の腹を使って、マッサージするように洗うことが大切です。