薄毛

育毛剤と発毛剤の違いは?「発毛促進」が期待できるのはどっち?

抜け毛・薄毛の悩みから、育毛剤や発毛剤の使用を検討している人も多いことでしょう。今日では、ドラッグストアなどでも育毛剤や発毛剤は市販されています。一方で、この2つの違いを理解しておらず、混合している人も少なくありません。今回は、育毛剤と発毛剤の違いをはじめ、「発毛促進が期待できる」のはどちらなのか、という点についてもご紹介しましょう。

育毛剤と発毛剤の違いは?

「育毛剤と発毛剤は同じようなもの」。そう思われてしまいがちですが、それぞれ目的や効果が異なります。育毛剤は毛髪の成長を促すためのものです。現存している毛髪に作用して抜け毛を予防し、その上で髪の成長を促進させます。つまり、まだ薄毛が進行していない段階に使用するものです。

対する発毛剤は、頭皮の毛母細胞の働きを活発にすることで、新たな髪の発毛を促すものです。すでに進行している薄毛を解消する上で効果的といえます。育毛剤と発毛剤には明確な違いがありますので、薄毛の進行状況や目的に合わせて選ぶことが大切です。今日では、高い効果を期待できる育毛剤や発毛剤が登場していますが、症状や目的に合わないものを使用しても十分な効果は期待できません。専門クリニックなどで薄毛の原因分析を行い、適切な育毛剤および発毛剤を使用しましょう。

「発毛促進」が期待できるのは?

結論からいって、発毛促進が期待できるのは発毛剤です。一般に発毛剤と呼ばれているものの正式名称は「発毛促進剤」であり、文字通り発毛促進を目的とした医薬品となります。ただし、たとえ同じ発毛剤であっても、薄毛の原因に合ったものを選ばなければなりません。薄毛の原因と発毛剤の効果が合わなければ、発毛促進は期待できないのです。

たとえば、AGA(男性型脱毛症)による薄毛が進行している場合、フィナステリドやデュタステリドといった服用タイプの発毛剤を使用するのが一般的です。これらにはAGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する効果が認められています。単に発毛促進といっても、発毛剤によってさまざまなアプローチがありますので、その中で自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

発毛剤の種類は?

発毛剤といっても、いくつかの種類があります。ここでは、飲む発毛剤と塗る発毛剤の2つに分けてご紹介しましょう。

 

・飲む発毛剤

一般的に飲む発毛剤といわれているのが、フィナステリドやデュタステリドを有効成分とするAGA治療薬です。AGAの原因物質であるDHTは、体内のテストステロンと5αリダクターゼ(5α還元酵素)が結合することで生成されます。この5αリダクターゼの働きを阻害する効果がフィナステリドやデュタステリドには認められており、結果としてAGAを改善へと導くのです。また、5αリダクターゼは「I型」と「II型」の2種類が存在します。フィナステリドはII型のみに作用し、デュタステリドはI型とII型の両方に作用するため、後者の方が優れているといわれているのです。なお、2018年10月現在、これらの発毛剤は医師の処方箋がなければ購入できません。

 

・塗る発毛剤

飲む発毛剤に対して、塗る発毛剤と呼ばれているのが、ミノキシジルを有効成分とした外用薬です。毛母細胞に作用して細胞分裂を活発化させ、発毛を促す効果が認められています。加えて、ミノキシジルには血行促進効果もあり、頭皮環境の改善も期待できるのです。

なお、飲む発毛剤と塗る発毛剤は作用機序が異なるため、それぞれ併用可能です(飲む発毛剤同士の併用は非推奨)。多くの専門クリニックが併用治療を推奨していますので、より高い改善効果を得たい人は試してみましょう。ただし、効果が高い分だけ、副作用リスクも高まります。専門の医師の指導の下で併用するようにしてください。

(参照※1※2)

参考URL

※1)男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※2)男性型脱毛症治療の現状と今後の展望
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf