抜け毛

抜け毛には薬が有効なことも。原因を突き止めて対策しよう!

抜け毛の発生には、さまざまな脱毛症が原因として関わっている場合があります。ほとんどの脱毛症には、薬による治療が効果的な場合があります。ただし、脱毛症ごとに最適な治療薬は異なるため、抜け毛対策を始める前に自分がどの脱毛症を発症しているのか突き止めることが大切です。自己判断では間違えることもあるため、医療機関を訪れたほうがよいでしょう。
今回は、脱毛症の中でも発症数の多い、AGA(男性型脱毛症)と円形脱毛症の治療薬をそれぞれご紹介します。

AGAの治療には、専用の治療薬がある

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼによって生成されたジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことで発生する脱毛症です。進行性の脱毛症であり、治療を行わないと薄毛が進行し続けます。(※1)

AGAの治療には、プロペシアやザガーロといったAGA治療薬が用いられる場合があります。どちらも5αリダクターゼの働きを阻害する効果があり、脱毛の進行を遅らせます。なお、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、プロペシアはこのうちⅡ型のみの働きを妨げますが、ザガーロは両方の型の働きを妨げることができます。プロペシアやザガーロを入手するためには、医療機関で医師から処方される必要があります。

どちらも薬剤の添付文書を見ると、臨床試験での効果が見られるのが3か月(12週)ほどからという観点(※2,3)から考えると、効果を実感するためには数か月間は服用することが望ましいといえるでしょう。服用を中止するとAGAが再び進行してしまうため、医師に相談することなく服用を中止することは控えましょう。

円形脱毛症の治療

円形脱毛症は、頭部に10円玉大の脱毛斑がひとつ、もしくは複数発現する脱毛症です。免疫細胞であるリンパ球がなんらかの原因により毛包を攻撃することで、毛包が炎症して円形脱毛症を発現させると考えられています。症状が深刻化すると脱毛斑が全身におよび、ひどい場合には全身の毛が抜け落ちることもあります。

円形脱毛症の治療は、毛包の炎症を抑えることが大切です。医療機関では、ステロイド軟膏を患部に塗ったり、局所注射を射ったりして炎症を鎮める治療法などが用いられています。(※4)

さまざまな脱毛症に効果のあるミノキシジル

ミノキシジルは、患部に直接塗布する外用薬です。血管を拡張させて血行を促進させる効果があり、育毛や発毛に必要な栄養を頭皮に届きやすくさせます。その効果からAGAだけでなく、軽度の円形脱毛症などさまざまな薄毛の改善に使用されます。(※4,5)

まとめ

抜け毛は、脱毛症によって引き起こされている場合もあります。例えばAGAや円形脱毛症の改善には、薬剤治療が効果的な場合があります。AGA対策には、プロペシアやザガーロといったAGAを引き起こす5αリダクターゼの働きを阻害する治療薬が用いられる場合などがあり、円形脱毛症には患部の炎症を抑えるステロイド軟膏や局所注射が用いられる場合があります。ミノキシジルはAGAだけではなく、さまざまな脱毛症に効果が見られる場合があります。

医師の診断のもと自分の脱毛症に効果のある治療法を用いて、抜け毛の改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■薄毛の原因はシャンプーかも?知っておきたい頭皮との関係
■AGAの原因にストレスは関係している?
■汗が薄毛の原因だった?詳しいメカニズムを知ろう
■フケは頭皮からのSOSかも……!原因を知って薄毛を予防
■なんだか髪が薄くなってきた……薄毛の原因とは?
■抜け毛から見える薄毛のサイン!原因と改善方法
■薄毛の原因と予防法は何か?
■どうして髪が抜けた?抜け毛の原因は毛根を見よう!
■後頭部の薄毛はAGAではない?後頭部の薄毛の原因と改善方法をご紹介
■原因をしっかり解消!薄毛の改善に効果的な漢方!

参考記事

※1)AGA-News、AGAとは
http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml

※2)プロペシア錠0.2mg/ プロペシア錠1mg
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_08/

※3)ザガーロ添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900AM1023_1_05/

※4)日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AA_GL2017.pdf

※5)男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf