プロペシア

フィナステリドの通販は危険?おすすめの購入方法とジェネリックの基本を解説

最終更新日:

フィナステリドの通販サイトがネット上で増えています。医療機関の処方薬より安い値段で購入できますが、危険性はないのでしょうか。今回は、通販、医療機関での処方それぞれの特徴を比較した上で、おすすめの購入方法をご紹介。また、フィナステリドのジェネリックの基礎知識も解説します。

目次※知りたい情報をクリック

フィナステリドの通販は安全か?危険か?

フィナステリドは、AGA治療効果を持つ有効成分です。フィナステリドを主成分とする「プロペシア」は、現在最も普及している内服薬と言えるでしょう。プロペシアは臨床試験を経て、厚生労働省によって認可されていますが、その先発薬であるプロペシアに次いで、現在では数種のジェネリック(後発医薬品)も存在します。日本で正規に認可されている治療薬は、市販されておらず、医師の処方がなければ購入できません。しかし、通販で購入可能な治療薬は、「個人輸入代行」という名目で海外から仕入れたもので、日本では認可の下りていない薬も含まれているのです。

ここで注意するべきは、クリニックなどの医療機関を通して、正規に購入できるものと違って、通販のものには偽物の可能性があるということです。例えば、偽物の場合、有効成分の配合量が少ない、効果が過剰である、不純物が混じっている、といった問題があり、効果が得られないか、強い副作用が生じるなどの危険が考えられます。そして、通販で非正規に購入した薬で、甚大な健康被害が生じた場合でも、「医薬品副作用被害救済制度」の対象とはなりません。 (※1、2)

「医薬品副作⽤被害救済制度」とは

「医薬品副作用被害救済制度」とは、医薬品を適正な方法で用いたにもかかわらず、重大な副作用が生じた場合に、請求によって救済給付を受けることができる制度を指します。給付対象となるのは、入院を要するような重い症状が生じた人、日常生活に支障があるような障害が残った人、死亡した人の遺族です。

また、救済されるのは厚生労働省によって認可された医薬品を、適正な用法・用量で用いた場合に限られます。したがって、通販で購入したフィナステリドで重大な副作用が生じても救済されることはありません。つまり完全な自己責任になるのです。 (※3)

通販で購入可能なフィナステリドのジェネリックとは

通販では何種類かのフェスティナリドのジェネリックが売られていますが、「ジェネリック」とはそもそもどんな薬を指すのでしょうか。また、医療機関で処方されるものと通販で購入可能なものにはどんな違いがあるでしょうか。

そもそもジェネリックとは

プロペシアをはじめ、フィナステリドを主成分とする治療薬は様々にあります。プロペシアはフィナステリドを開発した企業が商品化した治療薬、つまり新薬(先発薬)です。そして、フィナステリドの特許が切れた後に、同等の薬効を示す薬として作られたものがジェネリック(後発薬)と呼ばれます。 (※4)

ジェネリックを買う前に知っておくべき注意点

ジェネリックはすでに存在する有効成分をもとにしており、開発費が比較的低コストで済むため、先発薬に比べて安い価格で販売されます。これがジェネリックの第1の利点です。

ジェネリックの主成分はプロペシアと同等ですが、添加物にはばらつきがあります。飲みやすさや視認性などが向上しているジェネリックもあり、これも利点に数えられますが、日本で認可されていない外国製ジェネリックは、日本とは異なった安全基準で審査されている場合があり、安全性に不安が残ります。

フィナステリドの通販・処方それぞれのメリット&デメリット

フィナステリドのジェネリックを、通販・処方によって購入する際のメリットとデメリットを比較してみましょう。

通販で購入するメリット&デメリット

メリット デメリット
・薬代が安く、受診料や検査料も必要ない
・いつでも簡単に入手できる
・誰とも対面せずに購入できる
・偽物の可能性がある
・未認可薬は安全性が確かではない
・医薬品副作⽤被害救済制度が適用不可能

専門機関の処方で購入するメリット&デメリット

メリット デメリット
・薬の効果と安全性が確かである
・薬の種類や用法・用量について、医師に相談できる
・検査で治療薬の適性がチェックでき、医薬品副作⽤被害救済制度も適用可能
・薬代がやや高く、受診料や検査料も必要である
・通院が必要である

通販では、安く、手軽にフィナステリドを入手できる反面、金銭面だけでなく、健康面のリスクが高くなります。甚大な健康被害の可能性があり、制度では一切救済されないことも考えれば、割に合わないハイリスクな賭けとも言えるでしょう。

医師の処方によれば、費用はやや高くなりますが、その分安全性は確保されます。AGAは治療薬を少しの間服用すればすぐに治るというものではなく、基本的には治療を長期間継続していかなければなりません。医療機関を利用すれば薬の選択や副作用のチェックなどを通して、長期的な展望で治療に臨むことができます。一方、通販で治療薬を安く購入し、短期的な利益を得たとしても、確かな結果が得られる治療にはつながらないでしょう。

フィナステリドの通販はおすすめできません!医師処方の薬品をご利用ください

フィナステリドを有効成分とする治療薬には、数々のジェネリックがあり、通販でも簡単に入手できるようになっています。しかし、本記事でご紹介したように、通販での購入はリスクが大きく、おすすめできません。費用面を重視して、効果を得られないばかりか、体を壊してしまっては元も子もありません。頭髪を増やすという目的のためには、リスクを抑えながら、長期的な取り組みをしていくことが必要です。きちんとクリニックなどの医療機関を受診して、効果も確実で、安全な治療薬を処方してもらうようにしましょう。

参考URL

※1)ファイザー株式会社、フィナステリド錠 インタビューフォーム
http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/671450_249900XF1030_1_1F.pdf
※2)MSD株式会社、プロペシア錠0.2mg/1mg 医薬品インタビューフォーム
http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/2/170050_249900XF1021_2_015_1F
※3)医薬品医療機器総合機構、医薬品副作用被害救済制度
https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/
※4)第一三共エスファ株式会社、ジェネリック医薬品とは|「ジェネリック」って? ジェネリック医薬品について
https://www.daiichisankyo-ep.co.jp/whats_generic/