プロペシア

フィナステリドはどうやって飲めばよい?

最終更新日:

AGA(男性型脱毛症)の治療に有効な成分として知られる、フィナステリド。そんなフィナステリドを含む代表的な治療薬がプロペシアで、正しく服用することでAGAの進行を抑制して発毛を促すことができます。今回は、フィナステリドの正しい飲み方と飲む際の注意点をご紹介します。

フィナステリドは1日1回1錠、6ヶ月の継続的な服用が基本

フィナステリドは、1日1回1錠の服用が基本です。多く飲めば効果が増大するということはないため、定められた用量を超えて服用しないようにしましょう。フィナステリドは一般的な医薬品とは違い、飲む時間帯などに決まりがありません。飲み忘れが心配な人は「昼食後に飲む」「就寝前に飲む」というように、飲む時間帯を決めておくことをおすすめします。水またはお湯で服用する他、水なしでも服用できる小粒タイプなので、旅行の際も手軽に持ち歩くことができます。

フィナステリドは円形のフィルムコーティング錠で、正しい飲み方を心掛けていれば成分が肌に触れることはありません。錠剤を割って服用することで安全性・有効性が損なわれる恐れがあるため、割らずに服用してください。なお、風邪をひいたときや飲酒の前日・翌日に服用しても問題ありません。

原則として、フィナステリドは1日1回1錠を6ヶ月にわたって服用します。効果が現れるタイミングは人により差がありますが、早い人だと飲み始めて3ヶ月から効果が現れることもあり、6ヶ月~1年の間がピークとされています。なお、飲み始めに初期脱毛が起こることがありますが、一時的な症状なので問題ありません。加えて、副作用としてED(勃起不全)が起こる可能性があります。(※1)その際は医師との相談の上フィナステリドの服用を中止するか、バイアグラやレビトラなどのED治療薬と併用することをおすすめします。

フィナステリドの効果を確実に得るためにも、正しい飲み方を押さえておきましょう。

基本の飲み方を守ることが大切!フィナステリドを飲む際の注意点

フィナステリドを飲み忘れてしまった場合は、通常どおり翌日に1錠のみ服用してください。前日の分と合わせて1日2錠を飲んでも、得られる効果は変わりません。フィナステリドはAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を阻害してAGAの進行を抑制しますが、服用を中止すると徐々に効果が薄れていき、数ヶ月で元に戻ってしまいます。そのため、効果が現れたからといって飲むのを中止するのではなく、継続して飲み続けることが大切です。さらに、飲み忘れが多いと本来の力が発揮されにくくなるため注意してください。

フィナステリドはAGA治療にのみ効果を発揮する成分で、円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの他の脱毛症に対する有効性は確立されていません。さらに、女性に対する適応はなく、妊娠中の女性が服用すると男性胎児の生殖器官の発育に悪影響を及ぼす恐れがあります。接触することによる男性胎児への悪影響も心配されるため、服用する際は錠剤が割れないよう十分に注意しましょう。なお、配偶者が妊娠中の場合でも服用することは可能です。

まとめ

フィナステリドをAGA治療に用いるのであれば、正しい飲み方を意識することが大切です。1日1回1錠という用量を守って服用を続けることで、人により差はありますが6ヶ月ごろから効果が現れ始めます。飲む量を増やしても効果が増大することはなく、途中で飲むのをやめると徐々に効果が薄れてしまうため、定められた用量を継続的に服用するようにしましょう。飲み忘れを防ぐためには、飲む時間帯を決めておくことも重要です。AGA治療としてフィナステリドを飲むのであれば、上記をしっかり押さえておきましょう。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■プロペシアの正しい飲み方。いつ服用するのが効果的?

参考記事

1)PMDA プロペシア錠
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_08/