プロペシア

プロペシアの正しい飲み方を理解しよう

最終更新日:

例え効果が認められている薬であっても、飲み方や飲む量を誤れば十分な効果が得られなかったり、副作用リスクを高めてしまうでしょう。それはAGA(男性型脱毛症)治療薬の一つであるプロペシアも例外ではありません。今回は、プロペシアの飲み方についてご紹介していきます。(※1)

正しい服用タイミングは?

プロペシアの服用タイミングに関して、「飲むタイミングはいつがいいのか?」・「もしも飲み忘れたときにはどうすればいいのか?」という疑問がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。結論からいってしまうと、プロペシアは1日のうちどの時間帯に服用しても問題ありません。一般的な服用薬の場合、食前・食間・食後など服用のタイミングが決まっていますが、プロペシアは特に決まっていません。

実のところプロペシアは、タイミングよりも“継続して服用”することが大切といえます。なぜなら、プロペシアは、AGAの進行を止める薬であるため、服用をしていない場合はAGAが進行していくからです。

また十分な効果が得られるまでにはある程度の時間がかかることもあり、継続的な服用にが必要といえます。AGAなどの薄毛は成長期・退行期・休止期といった一定周期のヘアサイクルが乱れ、短くなってしまうことで起こります。プロペシアは、このAGAにおける原因物質の働きを抑制し、ヘアサイクルを正常化させることで、薄毛を改善に導くわけです。

ヘアサイクルが正常化されるまでには、一通りの毛周期を経る必要がありますので、一般的に6ヶ月程度の期間が必要といわれています。つまり、前述のように最低でも6ヶ月間くらいはプロペシアを継続服用しなければ、治療効果を実感しにくいといえます。プロペシアの基本的な服用量はAGAの進行具合や医師との相談にもよりますが、1日あたり1錠となります。服用を忘れることがないように、自身の生活スタイルに合わせて飲む時間を決めておくといいでしょう。(※1)

こんな時は服用しても大丈夫?

プロペシアは毎日継続して飲み続けることが大切です。しかし、万が一飲み忘れてしまう日もあるかもしれません。人によっては、辻褄を合わせるために、「倍の量を飲んでしまおう……」と思うかもれませんが、翌日に持ち越すことはやめましょう。仮に風邪などを引いて服用できず、翌日を迎えてしまったら、前日分は飲まなくても大きくAGAが進行するということは考えにくいです。プロペシアの1日あたりの服用量は多くても1mgなので、その量を超えてしまったり、唐突に服用量を増やしたりするのは避けましょう。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、服用を中止すると徐々に効果が薄れていきます。飲み忘れる回数が多かったり、服用しない期間が長期にわたって続いたりすると、治療効果を実感するのが難しくなるでしょう。なお、プロペシアは他の医薬品と同時服用することも可能ですが、既に服用している薬がある場合は、予め専門の医師に伝えておきましょう。

プロペシアは、臨床試験に基づき効果が認められているAGA治療薬です。正しい用法・容量を守って服用していれば、重篤な副作用が発現する可能性は低いといえます。とはいえ、体調などによっては、一時的に副作用リスクが高まるケースはあります。基本的には、専門のクリニックで処方を受け、医師の指導のもとで使用することを推奨します。現在の体調や既往歴などを医師に伝えると、より安全にプロペシアを使用できるでしょう。(※1)

参考URL