プロペシア

ミノキシジルとプロペシアの併用って可能なの?

最終更新日:

AGA治療に用いられるプロペシアですが、他の薬剤、特にミノキシジルとの併用などは可能なのでしょうか。
気になる詳細についてお話していきたいと思います。

ミノキシジルとプロペシアって?

一般的に薄毛は、ヘアサイクルの乱れが原因で引き起こされることがわかっています。AGAの場合、男性ホルモンのテストステロンが酵素の一種である5αリダクターゼ(5α還元酵素)と結びつくことにより、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンが生成されます。このDHTがヘアサイクルにおける成長期が阻害され、薄毛を引き起こすわけです。

プロペシアは、有効成分であるフィナステリドに、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。それに伴い、AGAの原因物質であるDHTの生成も抑制します。これにより、AGAの進行を抑えるという効果が期待できます。

一方で、ミノキシジル外用薬には毛根に直接作用し、毛母細胞の分裂を促す効果が認められています。これによってヘアサイクルにおける成長期を延長させ、発毛や髪の成長を促進。同時に血管拡張作用もあるため、頭皮の血行をよくし、髪の成長に必要な栄養素が頭皮まで送り届きやすくなるのです。

双方は、アプローチの方法が違いますが、AGAに対して有効な点はそれぞれ共通しています。「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」においても、この2つの治療薬の使用が記載されています。(※1)

併用した方が効果的?

プロペシアには、添付文書に併用禁忌の記載がないことから、ミノキシジルとプロペシアは併用することが出来ます。ミノキシジルは頭皮に働きかけ、プロペシアはAGAの原因に直接働きかけることから、それぞれ違うアプローチからの効果を期待することもできます。どちらか一方のみを使用して十分な効果が得られなかった場合は医師と相談の上、併用してみることも良いかもしれません。(※2)

併用による副作用ってあるの?

それぞれで併用が可能な薬となっているため、添付文書などを見ても併用による副作用は時に見られていません。

とはいえ、副作用が絶対に起こらないというわけではありません。そもそもこの2つは、作用機序が異なるため、起こり得る副作用にも違いがあります。併用する場合、それぞれの薬剤の副作用について注意する必要はあるといえるでしょう。

また、併用によって、それぞれの副作用リスクが高まるかは定かではありませんが、予め併用の旨を専門の医師に必ず相談した方がよいでしょう。プロペシア、ミノキシジルともにクリニックで処方を受け、医師の指導のもとで使用する方が安全です。いずれにしても、自己判断での併用治療は適切な使用が出来ない可能性もあるため推奨できないため、病院やクリニックを受診してから治療に取り組むとよいでしょう。

参考URL

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※2PMDA プロペシア錠

http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_08/